出版案内
福祉事業団

柴犬「部長」に全国からファン 京都の和紙小物会社

シバイヌの柴田部長と田中社長。店頭に立つと全国から愛犬家のファンが訪れる(京都市中京区油小路通二条上ル・和詩倶楽部)
シバイヌの柴田部長と田中社長。店頭に立つと全国から愛犬家のファンが訪れる(京都市中京区油小路通二条上ル・和詩倶楽部)

 「柴田部長」と呼ばれる雄のシバイヌが、京都市中京区の和紙小物会社で広報担当兼商品モデルとして働いている。デザインに起用したポチ袋がヒット商品となり、店に立つと全国からファンが訪れる。今秋には写真集も出版された。「招き犬」の活躍が、社業をけん引している。

 本名は柴田スバル(推定11歳)。ポチ袋や便箋などの和紙小物を企画販売する「和詩倶楽部(くらぶ)」の広報部長という肩書だ。2代目社長の田中秀典さん(44)の友人の飼い犬でもある。

 もともと保健所で処分される寸前で民間団体が引き取った「保護犬」だった。飼育放棄され、野良犬になったとみられるという。当初はやつれた風貌だったというが、2007年に現在の飼い主が京都市内の自宅に迎え入れ、生来の愛らしさを取り戻した。

 モデルデビューは09年。新商品を練っていた田中社長が「ポチ袋だけに犬のデザインを使いたい」と発案し、スバルに白羽の矢を立てた。ポチ袋は当初、ほそぼそと売る程度だったが、法被を着せて売り場に立つスバルの写真をブログなどで発信したところ、インターネットで人気が拡散。本社や出張販売先に愛犬家らが次々と訪れ、飛ぶように売れるようになった。

 現在の関連商品はレターセットやトレードマークのちょうネクタイなど約20種類に上り、累計の販売個数は20万点を超えた。同社の業容も拡大し、従業員を4年前の5人から約20人に増員。11月にはフォトブック「はたらく柴田部長」(小学館刊)も出版された。

 犬を起用するアイデアが当たった格好だが、田中さんの真意は別のところにある。「スバルをきっかけに保護犬の存在を多くの人に知ってもらい、里親として世話を引き受ける人を1人でも増やしたい」

 スバルは人間でいうと60歳前後のシニア社員。そのため常勤ではなく、店頭に立つ機会はわずかだ。それでも「出勤日」を告知すると、東京や海外からも会いに訪れるファンがいるという。「モテモテの部長に心中は複雑だが、功績は認めざるを得ない。社長のいすを狙われないようにします」。田中さんは笑顔でスバルの頭をなでた。

【 2016年12月11日 19時19分 】

ニュース写真

  • シバイヌの柴田部長と田中社長。店頭に立つと全国から愛犬家のファンが訪れる(京都市中京区油小路通二条上ル・和詩倶楽部)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      障害ある子の親に「親心の記録」 京都、不安緩和へノート

      20170820000116

       相続税対策などを支援する一般社団法人日本相続知財センター京都支部(京都市中京区)が、障..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      サンガ、連敗ストップ 大分とドロー、サッカーJ2

      20170820000124

       サッカーJ2の第29節は20日、西京極陸上競技場ほかで11試合を行い、京都サンガFCは..... [ 記事へ ]

      経済

      「さくら筆」のメーク術を指導 京都で22日

      20170820000067

       化粧筆専門店「京都六角館さくら堂」(京都市中京区)を運営するMURAGISHI(大阪府..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      高校の発達障害支援手探り 京都、教員スキルや財政課題

      20170820000101

       京都府と京都市の両教育委員会が、発達障害に対する高校での支援の充実を図ろうとしている。..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      光合成遺伝子スイッチ先祖返りも 京都府立大教授ら解明

      20170819000129

       京都府立大と京都府立植物園が、同園内で育てられているシダやマツなどの植物を使って光合成..... [ 記事へ ]

      国際

      香港、雨傘主導者の実刑判決抗議
      5万人がデモ

      20170820000102

       【香港共同】香港民主派は20日、2014年の大規模民主化デモ「雨傘運動」の主導者、黄之..... [ 記事へ ]