出版案内
福祉事業団

震災テーマ、福島の祈りアートに 地元美術家ら京都で展覧会

古層から現れ、開花したミズアオイを象徴的に使う吉田さんの展示(京都市東山区三条通神宮道東入ル・KUNST ARZT)
古層から現れ、開花したミズアオイを象徴的に使う吉田さんの展示(京都市東山区三条通神宮道東入ル・KUNST ARZT)

 東日本大震災をテーマに現代美術家たちが表現した展覧会「フクシマ美術」が、京都市東山区三条通神宮道東入ルのギャラリー「KUNST ARZT(クンスト・アルツト)」で開かれている。地下の古層に眠っていた種が津波によって地表に現れ、発芽、開花したミズアオイを使った地元美術家の秀作など、鎮魂や未来への思いを込めた展示を行っている。

 福島県いわき市の美術家吉田重信さんや京都の作家ら6人(組)が出展した。

 ミズアオイは人間が湿地を干拓地へ変える中、姿を消した準絶滅危惧種。震災後、相馬市の海岸沿いなどに群生しているという。吉田さんはその花の写真を撮影し、種子を鉛の板でくるんで次世代に託す作品などを展示。慰霊の思いを広げるため、ギャラリーでも種をカプセルに入れて配っている。

 京都市立芸術大教授の井上明彦さんは、汚染土を覆う遮水シートの起伏で会津磐梯山や猪苗代湖など福島の地形を再現、窒息しそうな山河を印象づけた。美術集団「Chim↑Pom(チンポム)」は、震災直後のがれきの町で円陣を組み、気合を入れる地元の若者たちの映像を出品。若手の作家は、道路にチョークの線を引くパフォーマンス映像を通して社会の境界のありようを問い、アートコレクターの主婦も、手作りの大雑巾に憤りと切実なメッセージを放っている。

 出品作家で画廊を主宰する岡本光博さんは「大きな視点で5年前のできごとと向き合い、未来を考えてほしい」と話している。25日まで。月曜休。無料。

【 2016年12月14日 13時50分 】

ニュース写真

  • 古層から現れ、開花したミズアオイを象徴的に使う吉田さんの展示(京都市東山区三条通神宮道東入ル・KUNST ARZT)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      元残留日本兵の子ら来日
      ベトナムから父の祖国に

      20171018000111

       第2次大戦後もベトナムにとどまり、その後帰国を余儀なくされた元残留日本兵の子どもらが1..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      五輪あと千日の記念商品
      組織委、28日に合わせて発売

      20171018000105

       2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は18日、東京・原宿の公式ライセンス商品シ..... [ 記事へ ]

      経済

      乳酸菌飲料ピルクル42万個回収
      日清ヨーク、味に違和感

      20171018000099

       日清食品ホールディングス傘下の日清ヨーク(東京)は18日、乳酸菌飲料「ピルクル」の味が..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      選挙の意義学ぶ授業、模擬投票も 京都の学校で取り組み

      20171018000051

       衆院選投開票日を前にした17日、京都市内の高校や大学で選挙の意義を学ぶ授業や模擬投票が..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      ドングリ少なくクマ出没多発か 滋賀県が注意予測

      20171017000172

       滋賀県は17日、今秋の湖北、湖西地域におけるツキノワグマの出没について「比較的多くなる..... [ 記事へ ]

      国際

      スペイン、州自治権停止を準備
      カタルーニャ独立問題

      20171018000101

       【パリ共同】スペイン北東部カタルーニャ自治州の独立問題で、一方的な「独立宣言」を撤回す..... [ 記事へ ]