出版案内
福祉事業団

震災テーマ、福島の祈りアートに 地元美術家ら京都で展覧会

古層から現れ、開花したミズアオイを象徴的に使う吉田さんの展示(京都市東山区三条通神宮道東入ル・KUNST ARZT)
古層から現れ、開花したミズアオイを象徴的に使う吉田さんの展示(京都市東山区三条通神宮道東入ル・KUNST ARZT)

 東日本大震災をテーマに現代美術家たちが表現した展覧会「フクシマ美術」が、京都市東山区三条通神宮道東入ルのギャラリー「KUNST ARZT(クンスト・アルツト)」で開かれている。地下の古層に眠っていた種が津波によって地表に現れ、発芽、開花したミズアオイを使った地元美術家の秀作など、鎮魂や未来への思いを込めた展示を行っている。

 福島県いわき市の美術家吉田重信さんや京都の作家ら6人(組)が出展した。

 ミズアオイは人間が湿地を干拓地へ変える中、姿を消した準絶滅危惧種。震災後、相馬市の海岸沿いなどに群生しているという。吉田さんはその花の写真を撮影し、種子を鉛の板でくるんで次世代に託す作品などを展示。慰霊の思いを広げるため、ギャラリーでも種をカプセルに入れて配っている。

 京都市立芸術大教授の井上明彦さんは、汚染土を覆う遮水シートの起伏で会津磐梯山や猪苗代湖など福島の地形を再現、窒息しそうな山河を印象づけた。美術集団「Chim↑Pom(チンポム)」は、震災直後のがれきの町で円陣を組み、気合を入れる地元の若者たちの映像を出品。若手の作家は、道路にチョークの線を引くパフォーマンス映像を通して社会の境界のありようを問い、アートコレクターの主婦も、手作りの大雑巾に憤りと切実なメッセージを放っている。

 出品作家で画廊を主宰する岡本光博さんは「大きな視点で5年前のできごとと向き合い、未来を考えてほしい」と話している。25日まで。月曜休。無料。

【 2016年12月14日 13時50分 】

ニュース写真

  • 古層から現れ、開花したミズアオイを象徴的に使う吉田さんの展示(京都市東山区三条通神宮道東入ル・KUNST ARZT)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      嵐の複製グッズ販売容疑で逮捕
      東京の製造会社社長、警視庁

      20170526000078

       東京・原宿で人気アイドルグループ「嵐」のメンバーの写真を複製したグッズを無断で販売した..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      山下泰裕氏が全柔連新会長へ
      東京五輪に向け新体制

      20170526000052

       6月に役員を改選する全日本柔道連盟(全柔連)の次期会長に1984年ロサンゼルス五輪無差..... [ 記事へ ]

      経済

      東証午前終値、1万9762円
      利益確定売りで反落

      20170526000070

       26日午前の東京株式市場は当面の利益を確定する売り注文が先行し、日経平均株価(225種..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      高齢化に悩む三和ブドウ栽培、地元高校生が引き継ぐ

      20170525000139

       福知山高三和分校(京都府福知山市三和町)の生徒が、同町特産の「三和ブドウ」の栽培に挑戦..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      海底に刺さる旧日本海軍の潜水艦
      長崎・五島沖で撮影

      20170525000118

       長崎県・五島列島沖で、旧日本海軍の潜水艦が深さ約200mの海底に突き刺さったように立つ..... [ 記事へ ]

      国際

      国防費公平負担へ行程表
      NATO首脳会議閉幕

      20170526000034

       【ブリュッセル共同】米欧など28カ国の軍事同盟、北大西洋条約機構(NATO)首脳会議は..... [ 記事へ ]