出版案内
福祉事業団

京都の玄関口、光の新名所に 建物や施設が季節感演出

LEDでライトアップされる京都タワー(右)とロームの京都駅前ビル=京都市下京区
LEDでライトアップされる京都タワー(右)とロームの京都駅前ビル=京都市下京区

 JR京都駅(京都市下京区)一帯で、発光ダイオード(LED)照明で夜間にライトアップする建物や施設が増えている。今夏に完成した下着メーカー、ワコール(南区)の新京都ビル(同区)や京都タワー(下京区)などが季節感のある色調や趣向を凝らした演出に彩られ、京都の玄関口の新たな名所になりつつある。

 ワコールの新ビルは駅南側で8月に開設された。7階建ての建物に市民講座を開く教室や営業拠点が入る。外観は「絹のような白色」をコンセプトにした照明で、毎正時や毎時30分に約5分間、赤やオレンジなどの多彩な色が波のように全体に広がる。電子部品大手、京セラ(伏見区)製のLEDが、繊細なグラデーションを生み出している。

 駅北側では京都タワーが3月にライトアップをLEDに換えた。通常は白色だが、イベントでは青やピンクなどに変わる。来年の元旦は午前0~7時まで御来光をイメージしたオレンジ色に染める予定だ。

 タワー西側の電子部品大手ローム(右京区)の駅前ビル(下京区)も2011年から「京の光暦」と題して、季節に合わせたデザインを自社製LEDで壁面に浮かび上がらせている。

 近年、外国人観光客の間でも口コミで評判なのが、京都駅ビル大階段のイルミネーションだ。12年から125段にLEDを設置し、季節に応じて自然やキャラクターを映し出す。来年1月からは音楽との連動も始める予定で、「もっと広めて駅ビルのにぎわいにつなげたい」(京都駅ビル開発)としている。

【 2016年12月29日 14時00分 】

ニュース写真

  • LEDでライトアップされる京都タワー(右)とロームの京都駅前ビル=京都市下京区
  • 多彩な映像のイルミネーションが行われている京都駅ビルの大階段(京都市下京区)
  • LED照明でライトアップされたワコールの新京都ビル。純白が基調だが、時間によって赤色などの別の色が広がる(京都市南区)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      蚊取り線香、製造ピーク
      緑の渦巻き、恋しい季節

      20170627000124

       蚊に悩まされる夏のシーズンを前に、「金鳥」の商標で知られる蚊取り線香の製造が「大日本除..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      五輪V4伊調選手がギネス授与式
      去就は明言せず

      20170627000128

       昨夏のリオデジャネイロ五輪レスリング女子で金メダルを獲得した伊調馨選手(33)=ALS..... [ 記事へ ]

      経済

      夏バテ牛に「着る端末」開発
      グンゼ、体温下げ乳量増

      20170627000111

       グンゼは乳牛向けのウエアラブル端末を開発した。夏の暑さによるストレスで乳量が落ちるのを..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      不当要求に対する基本方針策定 京都府立医大で調査委会合

      20170626000131

       京都府立医科大付属病院の虚偽診断疑惑などを検証する府公立大学法人の調査委員会の第3回会..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      H2Aロケット胴体を公開
      日本版GPSの衛星搭載

      20170627000131

       三菱重工業は27日、H2Aロケット35号機の胴体部分を飛島工場(愛知県飛島村)で報道陣..... [ 記事へ ]

      国際

      劉暁波氏の即時釈放要求しデモ
      香港民主派

      20170627000112

       【香港共同】香港民主派は27日、末期の肝臓がんで中国の病院に入院したノーベル平和賞受賞..... [ 記事へ ]