出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

京都の玄関口、光の新名所に 建物や施設が季節感演出

LEDでライトアップされる京都タワー(右)とロームの京都駅前ビル=京都市下京区
LEDでライトアップされる京都タワー(右)とロームの京都駅前ビル=京都市下京区

 JR京都駅(京都市下京区)一帯で、発光ダイオード(LED)照明で夜間にライトアップする建物や施設が増えている。今夏に完成した下着メーカー、ワコール(南区)の新京都ビル(同区)や京都タワー(下京区)などが季節感のある色調や趣向を凝らした演出に彩られ、京都の玄関口の新たな名所になりつつある。

 ワコールの新ビルは駅南側で8月に開設された。7階建ての建物に市民講座を開く教室や営業拠点が入る。外観は「絹のような白色」をコンセプトにした照明で、毎正時や毎時30分に約5分間、赤やオレンジなどの多彩な色が波のように全体に広がる。電子部品大手、京セラ(伏見区)製のLEDが、繊細なグラデーションを生み出している。

 駅北側では京都タワーが3月にライトアップをLEDに換えた。通常は白色だが、イベントでは青やピンクなどに変わる。来年の元旦は午前0~7時まで御来光をイメージしたオレンジ色に染める予定だ。

 タワー西側の電子部品大手ローム(右京区)の駅前ビル(下京区)も2011年から「京の光暦」と題して、季節に合わせたデザインを自社製LEDで壁面に浮かび上がらせている。

 近年、外国人観光客の間でも口コミで評判なのが、京都駅ビル大階段のイルミネーションだ。12年から125段にLEDを設置し、季節に応じて自然やキャラクターを映し出す。来年1月からは音楽との連動も始める予定で、「もっと広めて駅ビルのにぎわいにつなげたい」(京都駅ビル開発)としている。

【 2016年12月29日 14時00分 】

ニュース写真

  • LEDでライトアップされる京都タワー(右)とロームの京都駅前ビル=京都市下京区
  • 多彩な映像のイルミネーションが行われている京都駅ビルの大階段(京都市下京区)
  • LED照明でライトアップされたワコールの新京都ビル。純白が基調だが、時間によって赤色などの別の色が広がる(京都市南区)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      住宅火災で高齢男女死亡
      東京・練馬

      20180524000224

       24日午後8時5分ごろ、東京都練馬区錦1丁目の2階建て住宅から出火し、1階約30平方メ..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      エンゼルス大谷は3打数2安打
      ブルージェイズ戦

      20180525000012

       ▽ブルージェイズ―エンゼルス(24日・トロント) エンゼルスの大谷は「5番・指名打者」で..... [ 記事へ ]

      経済

      スバル、初のEVはフォレスター
      主力車で環境対応

      20180524000102

       SUBARU(スバル)が、2021年に発売する初の電気自動車(EV)をスポーツタイプ多..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      iPS細胞から免疫機能高める細胞作製 京大グループ発表

      20180524000201

       ヒトiPS細胞(人工多能性幹細胞)から、免疫細胞を活性化させるリンパ球のような働きを持..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      原発再稼働、地元同意対象拡大を
      福井の市民団体が協定締結要

      20180524000145

       脱原発などを訴える福井県の市民団体が24日、原発再稼働時の「地元同意」の対象を、原発か..... [ 記事へ ]

      国際

      ナジブ前首相を再聴取
      マレーシア公金流用疑惑

      20180524000218

       【クアラルンプール共同】マレーシアの汚職対策委員会(MACC)は24日、首都クアラルン..... [ 記事へ ]