出版案内
福祉事業団

京都の玄関口、光の新名所に 建物や施設が季節感演出

LEDでライトアップされる京都タワー(右)とロームの京都駅前ビル=京都市下京区
LEDでライトアップされる京都タワー(右)とロームの京都駅前ビル=京都市下京区

 JR京都駅(京都市下京区)一帯で、発光ダイオード(LED)照明で夜間にライトアップする建物や施設が増えている。今夏に完成した下着メーカー、ワコール(南区)の新京都ビル(同区)や京都タワー(下京区)などが季節感のある色調や趣向を凝らした演出に彩られ、京都の玄関口の新たな名所になりつつある。

 ワコールの新ビルは駅南側で8月に開設された。7階建ての建物に市民講座を開く教室や営業拠点が入る。外観は「絹のような白色」をコンセプトにした照明で、毎正時や毎時30分に約5分間、赤やオレンジなどの多彩な色が波のように全体に広がる。電子部品大手、京セラ(伏見区)製のLEDが、繊細なグラデーションを生み出している。

 駅北側では京都タワーが3月にライトアップをLEDに換えた。通常は白色だが、イベントでは青やピンクなどに変わる。来年の元旦は午前0~7時まで御来光をイメージしたオレンジ色に染める予定だ。

 タワー西側の電子部品大手ローム(右京区)の駅前ビル(下京区)も2011年から「京の光暦」と題して、季節に合わせたデザインを自社製LEDで壁面に浮かび上がらせている。

 近年、外国人観光客の間でも口コミで評判なのが、京都駅ビル大階段のイルミネーションだ。12年から125段にLEDを設置し、季節に応じて自然やキャラクターを映し出す。来年1月からは音楽との連動も始める予定で、「もっと広めて駅ビルのにぎわいにつなげたい」(京都駅ビル開発)としている。

【 2016年12月29日 14時00分 】

ニュース写真

  • LEDでライトアップされる京都タワー(右)とロームの京都駅前ビル=京都市下京区
  • 多彩な映像のイルミネーションが行われている京都駅ビルの大階段(京都市下京区)
  • LED照明でライトアップされたワコールの新京都ビル。純白が基調だが、時間によって赤色などの別の色が広がる(京都市南区)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      岡田節人氏死去 京大名誉教授、発生生物学の第一人者

      20170117000137

       発生生物学の第一人者で、岡崎国立共同研究機構長、JT生命誌研究館長などを務めた京都大名..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      空手荒賀、シンクロ乾ら表彰 2団体と10人に関西スポーツ賞

      20170117000161

       関西運動記者クラブ選定の第60回関西スポーツ賞の表彰式がこのほど、大阪市内のホテルで行..... [ 記事へ ]

      経済

      VW、「ティグアン」を全面改良
      8年ぶり、先進機能も採用

      20170117000104

       フォルクスワーゲン(VW)グループジャパン(愛知県豊橋市)は17日、小型のスポーツタイ..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      通学域や統合、総意得た順に対応 大津市教委が学区説明会

      20170117000120

       将来の児童生徒数の減少が想定される中、大津市教育委員会は17日から、「小規模校」とされ..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      インフルで患者3人死亡、松山
      31人にも感染

      20170117000121

       松山市の野本記念病院は17日、入院患者と職員の計34人がインフルエンザに集団感染し、う..... [ 記事へ ]

      国際

      ロシア外相、米と戦略対話に意欲
      核兵器やミサイル防衛も

      20170117000152

       【モスクワ共同】ロシアのラブロフ外相は17日のモスクワでの年頭記者会見で、核兵器やミサ..... [ 記事へ ]