出版案内
福祉事業団

3本脚の猟犬、シカ追いに活躍 京都・福知山

後ろ脚1本を失った狩猟犬ゴン(右)と龍馬を連れ、猟に向かう下元さん=福知山市大門
後ろ脚1本を失った狩猟犬ゴン(右)と龍馬を連れ、猟に向かう下元さん=福知山市大門

 イノシシ猟で後ろ脚1本を失ったビーグル犬「ゴン」が、京都府福知山市で元気に活動している。山裾の集落がシカ害に頭を痛める中、「追い払い犬」として期待されている。後輩の狩猟犬「龍馬」の指導役も担い、飼い主の猟師下元照男さん(68)=同市大門=が、訓練に力を入れている。

 5歳の雄のゴンは3年前、兵庫県丹波市での猟の最中にイノシシにかまれ、右後ろ脚の付け根から先を失った。ビーグル犬で2歳の龍馬を一人前の猟犬にしようと育てる下元さんは昨年6月、シカ追いの指導役として丹波市の知人の猟師から譲り受けた。

 ゴンは人懐っこく、龍馬はおおらかな性格で、2匹は早速、兄弟のように仲良しに。ゴンは走るスピードが一般の猟犬より遅いため、龍馬がついていきやすく、「背中」で龍馬にシカ追いの方法を伝授しているように見えるという。

 昨年11月中旬の猟期以降、週2回ほど自宅周辺の山でシカ狩りに参加。ゴンが鋭い嗅覚でシカを見つけると、龍馬が勢いよく追い詰め、下元さんが猟銃で仕留める。「2匹のコンビネーションは抜群。山に入るたびにシカ追いの技術が上がっている」と目を細める。

 地元の集落は獣害防止の柵の整備が不十分で、頻繁にやって来るシカに、田畑や家庭の農作物が食べられてしまう状況。住民らは「シカから集落を守ってほしい」と、2匹に大きな期待をかける。

 下元さんは、毎日2匹を山に放つことを目指し、熱心に訓練を重ねる。「シカにとって犬は天敵で、ほえられると怖がる。シカを集落から遠ざける追い払い犬として活躍してほしい」と話す。

【 2017年01月11日 21時00分 】

ニュース写真

  • 後ろ脚1本を失った狩猟犬ゴン(右)と龍馬を連れ、猟に向かう下元さん=福知山市大門
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      醍醐駅だけ乗客減、人口減影響か 京都市地下鉄、烏丸線好調

      20170722000187

       2016年度までの8年間で1日当たりの乗客数が5万人増えた京都市営地下鉄の全31駅で、..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      神戸ポドルスキ、別格の存在感
      実戦デビューでアシスト

      20170722000183

       J1神戸に加入した元ドイツ代表FWポドルスキが22日、仙台市のユアテックスタジアム仙台..... [ 記事へ ]

      経済

      ロボットで基盤接続、対応コネクタ 京セラが新製品

      20170722000140

       京セラは、基板同士をつなぐ部品コネクタで、ロボットによる取り付けに対応した製品を発売し..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      京都の学生、知的国際交流 テーブル囲み3年目

      20170722000106

       観光や仕事で京都を訪れる外国人の中で、特定の分野に秀でたアーティストや研究者らを招き、..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      南半球海域にマンボウ新種
      日豪研究チームが確認

      20170722000018

       オーストラリアやニュージーランド近海など南半球の温帯海域に、新種のマンボウが生息すると..... [ 記事へ ]

      国際

      ダイアナ元妃の愛用品展示
      死後20年、ロンドンの宮殿

      20170722000127

       【ロンドン共同】今年で死後20年となる英国のダイアナ元皇太子妃をしのび、ロンドン中心部..... [ 記事へ ]