出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

豊穣祈る大たいまつ、闇夜を照らす 京都・精華で「いごもり祭」

燃え盛る大たいまつを担いで練り歩く氏子ら(10日午後7時45分、精華町祝園・祝園神社)
燃え盛る大たいまつを担いで練り歩く氏子ら(10日午後7時45分、精華町祝園・祝園神社)

 京都府精華町祝園の祝園神社で9日から11日にかけて府無形民俗文化財の神事「いごもり祭」が営まれた。10日夜の「御田(おんだ)の儀」では燃え盛る大たいまつを氏子らが担いで神社周辺を練り歩き、無病息災と五穀豊穣(ほうじょう)を祈った。

 奈良時代から続くとされる伝統行事。紀元前の崇神天皇の代に朝廷に背き、この地で討伐された武埴安彦(たけはにやすひこ)の霊を鎮めるために始まったと伝わる。毎年1月の「申(さる)の日」から3日間営まれる。

 御田の儀では、神社拝殿で白装束の氏子が大豆の枝を芯にして竹で束ねた直径約80センチ、長さ3・5メートル、重さ80キロの大たいまつに点火。集まった住民の前に立てて炎を掲げた後に境内を出て、燃えさかる炎で闇夜を照らしながら、神事で五穀の種をまく田まで大たいまつを担ぎ歩いた。

 11日には病魔に見立てた竹製の「綱」を住民らが鳥居を中心に南北二手に分かれて引き合い、病魔退散を願った。

【 2017年01月12日 11時10分 】

ニュース写真

  • 燃え盛る大たいまつを担いで練り歩く氏子ら(10日午後7時45分、精華町祝園・祝園神社)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      五味太郎さん、ベトナムで講演
      子どもと絵本の関係語る

      20180421000134

       【ハノイ共同】「きんぎょがにげた」などの作品で知られる絵本作家の五味太郎さん(72)が..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      サッカー、長谷部は後半に退場
      ドイツ1部リーグ

      20180422000002

       【フランクフルト(ドイツ)共同】サッカーのドイツ1部リーグは21日、各地で行われ、アイ..... [ 記事へ ]

      経済

      京都の4百貨店、4カ月ぶり売上増 3月、春物が好調

      20180421000095

       日本百貨店協会が20日に発表した京都市内4百貨店の3月の売上高は、前年同月比1・7%増..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      国際日本研究、11機関が連携 日文研がデータ提供も

      20180418000118

       「国際日本研究」に関わる全国の大学や研究所など11機関による連携組織「国際日本研究コン..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      海底の岩塊「短期間で化石化」
      頑丈なトンネルに応用も

      20180420000170

       海底に沈んだ生物の死骸を覆って化石化させる球状の岩の塊が、従来考えられていたよりもはる..... [ 記事へ ]

      国際

      国連で「琉球独立」主張
      先住民会議、米基地問題も

      20180421000071

       【ニューヨーク共同】米ニューヨークの国連本部で開催中の先住民問題の会議に、沖縄独立を掲..... [ 記事へ ]