出版案内
福祉事業団

天王山VS関ケ原、天下分け目ウェブ決戦 投票で軍配

大山崎町と関ケ原町が開設したサイト。両町のPR動画を見比べる映像部門など計5部門があり、それぞれ閲覧者がどちらかに「軍配」をあげる
大山崎町と関ケ原町が開設したサイト。両町のPR動画を見比べる映像部門など計5部門があり、それぞれ閲覧者がどちらかに「軍配」をあげる

 真の天下分け目の地はどちら-。「天下取り」をかけた古戦場のある京都府大山崎町と岐阜県関ケ原町は1日、観光PR動画や戦国イベントなど5部門で「対決」するウェブサイトを開設した。閲覧者に軍配をあげてもらい、投票で決戦する形式。両町は「地元住民と一体になって相手を迎え撃ちたい」と意気込む。

 両町はかつて天王山(山崎の戦い)、関ケ原を舞台にそれぞれ天下を決する合戦が繰り広げられた。これを縁に昨年6月から観光面で連携し、共同イベントに取り組んでいる。

 サイト上の対決は五つある。最初に「天下分け目の合戦」は天王山か関ケ原かを尋ねる。両町のPR動画「敗軍のみつひでが、現代人に恋のアドバイスしてみた」(大山崎)と「このまちまるごと、古戦場」(関ケ原)を評価してもらうほか、昨年実施された戦国イベントや最新の観光アプリなどの対決部門がある。閲覧者は両町を見比べ、「軍配」マークをクリックして投票する。勝負は投票総数の多さで決める。サイトのトップには投票総数が表示されており、リアルタイムで確認できる。

 サイトの開設は3月17日まで。結果は両町のホームページなどで発表する予定。

 大山崎町は「天下分け目の代名詞は天王山。町民に地元の歴史の魅力を再確認してもらいたい」(政策総務課)。対する関ケ原町も「天下分け目の戦いの本家は関ケ原。負けるわけにはいかない」(地域振興課)としている。

【 2017年02月02日 15時10分 】

ニュース写真

  • 大山崎町と関ケ原町が開設したサイト。両町のPR動画を見比べる映像部門など計5部門があり、それぞれ閲覧者がどちらかに「軍配」をあげる
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      陸自、中部方面後方支援隊に新編2部隊 京都で完結式

      20170327000159

       陸上自衛隊は27日、中部方面後方支援隊で新編した部隊の編成完結式を京都市西京区の陸自桂..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      関西WMGへ滋賀県実行委を設立 事業計画など決定

      20170327000161

       2021年5月に関西一円で行われる生涯スポーツの国際総合競技大会「ワールドマスターズゲ..... [ 記事へ ]

      経済

      イオン甲子園店、5月末に閉店へ
      前ダイエー、苦戦脱せず

      20170327000130

       イオングループ傘下で、総合スーパーの運営を担うイオンリテールが、大型商業施設「イオン甲..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      「あられグラノーラ」高校生が商品化 京都、牛乳かけて食べて

      20170327000048

       京都すばる高(京都市伏見区)の3年生たちが、京都産の黒米やドライフルーツを使って、あら..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      飯舘「お帰りなさい」帰還を歓迎
      放射線量測定装置にメッセー

      20170327000136

       東京電力福島第1原発事故による避難指示が一部地域を除き今月末に解除される福島県飯舘村で..... [ 記事へ ]

      国際

      「同じ地獄再現ならない」
      被爆者藤森さんが演説

      20170328000001

       【ニューヨーク共同】米ニューヨークの国連本部で27日(日本時間同)始まった核兵器禁止条..... [ 記事へ ]