出版案内
福祉事業団

太閤堤、護岸強化か 京都・宇治市が遺構出土発表

石積みの「石出し」(奥)の下流部に、木の柱の列が並んだ「杭出し」(手前)も見つかった=宇治市莵道・宇治川太閤堤跡
石積みの「石出し」(奥)の下流部に、木の柱の列が並んだ「杭出し」(手前)も見つかった=宇治市莵道・宇治川太閤堤跡

 豊臣秀吉が16世紀末に築造した京都府宇治市の宇治川太閤堤跡(国史跡、同市宇治-莵道)を調査している市は7日、水流を調節する「石出し」と護岸のための「杭(くい)出し」の遺構が出土したと発表した。史跡内の別の場所でも両遺構が一緒に見つかっており、護岸強化で一帯にセットで築かれた可能性が高いという。

 石出しは、岸辺から川へ舌状に張り出した構造物。石積みで、川底から上面まで高さ3・5メートルある。岸近くの幅は約10メートル。先端は失われているが、長さ約10メートルと推定され、水流を川の中心に導く機能があった。

 石出しのすぐ下流で、直径13センチ前後の木の柱が2列計10本見つかった。岸に平行して杭が並ぶ杭出しの遺構とみられる。川の流れを杭が受け止めて緩やかにし、岸辺を守っていたという。

 史跡内で石出しは計4カ所で確認されており、今回は上流から2カ所目の遺構を詳細に調べるため発掘した。最下流の石出しも、すぐ下流に杭出しがあり、市歴史まちづくり推進課は「宇治川の流れが強かったため、両方を交互に造って岸辺を守ろうとしたのではないか」という。

 現場は京阪宇治駅から北東約200メートル。現地説明会は11日午後1時から。同課TEL0774(21)1602。

【 2017年02月08日 11時13分 】

ニュース写真

  • 石積みの「石出し」(奥)の下流部に、木の柱の列が並んだ「杭出し」(手前)も見つかった=宇治市莵道・宇治川太閤堤跡
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      温暖化に強いモモ開発、農研機構
      「さくひめ」、味や大きさ上

      20170628000067

       農業・食品産業技術総合研究機構(農研機構)は28日、地球温暖化に強い新品種のモモ「さく..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      大リーグ、イチローが勝ち越し打
      前田、7回無失点で6勝目

      20170628000040

       【マイアミ共同】米大リーグは27日、各地で行われ、マーリンズのイチローがマイアミでのメ..... [ 記事へ ]

      経済

      水島製作所、40万台へ倍増
      三菱自動車ゴーン会長が表明

      20170628000030

       三菱自動車のカルロス・ゴーン会長は28日、昨年4月に発覚した燃費不正問題で対象車種の一..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      不当要求に対する基本方針策定 京都府立医大で調査委会合

      20170626000131

       京都府立医科大付属病院の虚偽診断疑惑などを検証する府公立大学法人の調査委員会の第3回会..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      伊方1号機の廃炉計画認可
      原子力規制委、5原発目

      20170628000054

       原子力規制委員会は28日の定例会合で、運転開始から40年となる四国電力伊方原発1号機の..... [ 記事へ ]

      国際

      M・カーさん、9億円宝石当局に
      米の汚職捜査に協力

      20170628000069

       【ロサンゼルス共同】オーストラリアの人気モデル、ミランダ・カーさんの代理人は27日、マ..... [ 記事へ ]