出版案内
福祉事業団

太閤堤、護岸強化か 京都・宇治市が遺構出土発表

石積みの「石出し」(奥)の下流部に、木の柱の列が並んだ「杭出し」(手前)も見つかった=宇治市莵道・宇治川太閤堤跡
石積みの「石出し」(奥)の下流部に、木の柱の列が並んだ「杭出し」(手前)も見つかった=宇治市莵道・宇治川太閤堤跡

 豊臣秀吉が16世紀末に築造した京都府宇治市の宇治川太閤堤跡(国史跡、同市宇治-莵道)を調査している市は7日、水流を調節する「石出し」と護岸のための「杭(くい)出し」の遺構が出土したと発表した。史跡内の別の場所でも両遺構が一緒に見つかっており、護岸強化で一帯にセットで築かれた可能性が高いという。

 石出しは、岸辺から川へ舌状に張り出した構造物。石積みで、川底から上面まで高さ3・5メートルある。岸近くの幅は約10メートル。先端は失われているが、長さ約10メートルと推定され、水流を川の中心に導く機能があった。

 石出しのすぐ下流で、直径13センチ前後の木の柱が2列計10本見つかった。岸に平行して杭が並ぶ杭出しの遺構とみられる。川の流れを杭が受け止めて緩やかにし、岸辺を守っていたという。

 史跡内で石出しは計4カ所で確認されており、今回は上流から2カ所目の遺構を詳細に調べるため発掘した。最下流の石出しも、すぐ下流に杭出しがあり、市歴史まちづくり推進課は「宇治川の流れが強かったため、両方を交互に造って岸辺を守ろうとしたのではないか」という。

 現場は京阪宇治駅から北東約200メートル。現地説明会は11日午後1時から。同課TEL0774(21)1602。

【 2017年02月08日 11時13分 】

ニュース写真

  • 石積みの「石出し」(奥)の下流部に、木の柱の列が並んだ「杭出し」(手前)も見つかった=宇治市莵道・宇治川太閤堤跡
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      陸自、中部方面後方支援隊に新編2部隊 京都で完結式

      20170327000159

       陸上自衛隊は27日、中部方面後方支援隊で新編した部隊の編成完結式を京都市西京区の陸自桂..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      関西WMGへ滋賀県実行委を設立 事業計画など決定

      20170327000161

       2021年5月に関西一円で行われる生涯スポーツの国際総合競技大会「ワールドマスターズゲ..... [ 記事へ ]

      経済

      イオン甲子園店、5月末に閉店へ
      前ダイエー、苦戦脱せず

      20170327000130

       イオングループ傘下で、総合スーパーの運営を担うイオンリテールが、大型商業施設「イオン甲..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      「あられグラノーラ」高校生が商品化 京都、牛乳かけて食べて

      20170327000048

       京都すばる高(京都市伏見区)の3年生たちが、京都産の黒米やドライフルーツを使って、あら..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      飯舘「お帰りなさい」帰還を歓迎
      放射線量測定装置にメッセー

      20170327000136

       東京電力福島第1原発事故による避難指示が一部地域を除き今月末に解除される福島県飯舘村で..... [ 記事へ ]

      国際

      「同じ地獄再現ならない」
      被爆者藤森さんが演説

      20170328000001

       【ニューヨーク共同】米ニューヨークの国連本部で27日(日本時間同)始まった核兵器禁止条..... [ 記事へ ]