出版案内
福祉事業団

太閤堤、護岸強化か 京都・宇治市が遺構出土発表

石積みの「石出し」(奥)の下流部に、木の柱の列が並んだ「杭出し」(手前)も見つかった=宇治市莵道・宇治川太閤堤跡
石積みの「石出し」(奥)の下流部に、木の柱の列が並んだ「杭出し」(手前)も見つかった=宇治市莵道・宇治川太閤堤跡

 豊臣秀吉が16世紀末に築造した京都府宇治市の宇治川太閤堤跡(国史跡、同市宇治-莵道)を調査している市は7日、水流を調節する「石出し」と護岸のための「杭(くい)出し」の遺構が出土したと発表した。史跡内の別の場所でも両遺構が一緒に見つかっており、護岸強化で一帯にセットで築かれた可能性が高いという。

 石出しは、岸辺から川へ舌状に張り出した構造物。石積みで、川底から上面まで高さ3・5メートルある。岸近くの幅は約10メートル。先端は失われているが、長さ約10メートルと推定され、水流を川の中心に導く機能があった。

 石出しのすぐ下流で、直径13センチ前後の木の柱が2列計10本見つかった。岸に平行して杭が並ぶ杭出しの遺構とみられる。川の流れを杭が受け止めて緩やかにし、岸辺を守っていたという。

 史跡内で石出しは計4カ所で確認されており、今回は上流から2カ所目の遺構を詳細に調べるため発掘した。最下流の石出しも、すぐ下流に杭出しがあり、市歴史まちづくり推進課は「宇治川の流れが強かったため、両方を交互に造って岸辺を守ろうとしたのではないか」という。

 現場は京阪宇治駅から北東約200メートル。現地説明会は11日午後1時から。同課TEL0774(21)1602。

【 2017年02月08日 11時13分 】

ニュース写真

  • 石積みの「石出し」(奥)の下流部に、木の柱の列が並んだ「杭出し」(手前)も見つかった=宇治市莵道・宇治川太閤堤跡
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      「共謀罪」法案に賛否
      衆院法務委で参考人質疑

      20170425000043

       「共謀罪」の趣旨を盛り込んだ「テロ等準備罪」を新設する組織犯罪処罰法改正案を審議する衆..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      カーリング、日本圧勝で2勝目
      混合ダブルス世界選手権

      20170425000054

       【レスブリッジ(カナダ)共同】平昌冬季五輪の出場枠を懸けたカーリング混合ダブルスの世界..... [ 記事へ ]

      経済

      TPP首席交渉官に片上氏
      外務審議官と兼務

      20170425000029

       政府は25日、米国が離脱した後の11カ国での環太平洋連携協定(TPP)交渉で事務方トッ..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      企業、地元学生の心つかめ 大津で採用のフォーラム

      20170424000166

       2018年春に卒業予定の大学生採用に向けた会社説明会が本格化する中、滋賀県内の企業を対..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      探査機、土星衛星に最後の接近
      カッシーニ13年の活動に幕

      20170425000022

       【ワシントン共同】米航空宇宙局(NASA)は24日、無人探査機カッシーニが土星最大の衛..... [ 記事へ ]

      国際

      北朝鮮で人民軍創建記念日
      行事予告なし、核実験警戒

      20170425000042

       【平壌共同】北朝鮮は25日、朝鮮人民軍創建85年の記念日を迎えた。北朝鮮では5年ごとの..... [ 記事へ ]