出版案内
福祉事業団

太閤堤、護岸強化か 京都・宇治市が遺構出土発表

石積みの「石出し」(奥)の下流部に、木の柱の列が並んだ「杭出し」(手前)も見つかった=宇治市莵道・宇治川太閤堤跡
石積みの「石出し」(奥)の下流部に、木の柱の列が並んだ「杭出し」(手前)も見つかった=宇治市莵道・宇治川太閤堤跡

 豊臣秀吉が16世紀末に築造した京都府宇治市の宇治川太閤堤跡(国史跡、同市宇治-莵道)を調査している市は7日、水流を調節する「石出し」と護岸のための「杭(くい)出し」の遺構が出土したと発表した。史跡内の別の場所でも両遺構が一緒に見つかっており、護岸強化で一帯にセットで築かれた可能性が高いという。

 石出しは、岸辺から川へ舌状に張り出した構造物。石積みで、川底から上面まで高さ3・5メートルある。岸近くの幅は約10メートル。先端は失われているが、長さ約10メートルと推定され、水流を川の中心に導く機能があった。

 石出しのすぐ下流で、直径13センチ前後の木の柱が2列計10本見つかった。岸に平行して杭が並ぶ杭出しの遺構とみられる。川の流れを杭が受け止めて緩やかにし、岸辺を守っていたという。

 史跡内で石出しは計4カ所で確認されており、今回は上流から2カ所目の遺構を詳細に調べるため発掘した。最下流の石出しも、すぐ下流に杭出しがあり、市歴史まちづくり推進課は「宇治川の流れが強かったため、両方を交互に造って岸辺を守ろうとしたのではないか」という。

 現場は京阪宇治駅から北東約200メートル。現地説明会は11日午後1時から。同課TEL0774(21)1602。

【 2017年02月08日 11時13分 】

ニュース写真

  • 石積みの「石出し」(奥)の下流部に、木の柱の列が並んだ「杭出し」(手前)も見つかった=宇治市莵道・宇治川太閤堤跡
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      大学授業料「出世払い」に
      20年度導入目指し自民提言

      20170522000179

       自民党教育再生実行本部(本部長・桜田義孝元文部科学副大臣)は22日、安倍晋三首相が憲法..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      サーフィン堀越と大音が2回戦へ
      WG第3日

      20170523000021

       【ビアリッツ(フランス)共同】2020年東京五輪の追加種目となったサーフィンの世界一を..... [ 記事へ ]

      経済

      NY株続伸、89ドル高
      防衛関連株が支え

      20170523000010

       【ニューヨーク共同】週明け22日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は続伸し、..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      私、店長の〇〇です…児童が名刺交換体験 京都の学習施設 

      20170522000046

       小学生が仮想の街で職業体験する、京都まなびの街生き方探究館(京都市上京区)の「スチュー..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      「宇宙マウス」に遺伝異常なし
      長期滞在で人に応用も

      20170523000006

       国際宇宙ステーションに凍結乾燥保存された状態で、9カ月間強い宇宙放射線を浴びたマウスの..... [ 記事へ ]

      国際

      フリン前補佐官が議会召喚拒否
      ロシア疑惑、免責要求

      20170523000012

       【ワシントン共同】トランプ米政権のフリン前大統領補佐官(国家安全保障問題担当)は22日..... [ 記事へ ]