出版案内
福祉事業団

滋賀・長浜の馬酔木展、今年限り 29年で幕

今年を最後に終了することになった「馬酔木展」(2016年3月、長浜市元浜町・大通寺)
今年を最後に終了することになった「馬酔木展」(2016年3月、長浜市元浜町・大通寺)

 滋賀県長浜市元浜町の大通寺で開かれ、地元で季節の呼び物になっている「馬酔木(あせび)展」が今年限りで開催を取りやめることになった。関係者の高齢化や後継者不足のためといい、11日開幕の今回をもって29年の歴史に幕を閉じる。

 同展は、同寺門前の「ながはま御坊表参道商店街振興組合」が発足し、門前を整備したのを機に1989年、にぎわいを創出しようと組合内部で組織した実行委が始めた。同時期に同市港町の慶雲館で開く長浜盆梅展の影響もあり、多い年には1万5千人が訪れたというが、一昨年は7500人、昨年は約8千人だった。

 展示する鉢は同寺境内で保管し、毎日水やりをして管理。現在、約30鉢あり、夏場は1日2回、水やりをしている。水やりは、多い時は組合加盟店約33軒が交代で行っていたが、現在は21軒に減った。組合員の高齢化も進んでいる。長年同展に携わってきた実行委の岡田辰男委員長(88)=同市大宮町=が体調を崩したことも響き、昨秋に終了を決めた。

 同組合の小倉勝彦理事長(73)=同市元浜町=は「ボランティアで30年近く開催してきたが、商売も厳しく、終えることになった。観光客に来てもらえ、一定の役割は果たせた」と話す。組合も近く解散して任意団体の商店街になるという。

 4月16日まで。午前9時~午後4時半。高校生以上500円、中学生100円、小学生以下無料。同寺TEL0749(62)0054。

【 2017年02月08日 11時22分 】

ニュース写真

  • 今年を最後に終了することになった「馬酔木展」(2016年3月、長浜市元浜町・大通寺)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      無痛分娩ミス、院長を刑事告訴へ 京都、業過致傷容疑で

      20170818000110

       出産時の痛みを麻酔で和らげる無痛分娩(ぶんべん)による施術ミスでロシア人の元大学准教授..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      青木8試合ぶり先発出場、1安打
      イチローは試合なし

      20170818000115

       【トロント共同】米大リーグは17日、各地で行われ、ブルージェイズの青木はトロントでのレ..... [ 記事へ ]

      経済

      新名神とアウトレット直結 城陽スマートICに設置許可

      20170818000080

       国土交通省は17日、京都府城陽市富野の新名神高速道路に城陽スマートインターチェンジ(I..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      日韓友好継続へ交流を 京都・舞鶴、訪問の中学生が研修

      20170818000066

       京都府舞鶴市と交流を続ける韓国・浦項市を訪問する中学生が17日、舞鶴赤れんがパーク2号..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      iPSで不妊マウスに子 京大など成功、染色体正常に

      20170817000171

       通常は2本の性染色体が3本ある不妊マウスから正常なiPS細胞(人工多能性幹細胞)を作り..... [ 記事へ ]

      国際

      韓国、在日男性の再審無罪確定
      スパイ嫌疑捏造

      20170818000111

       【ソウル共同】韓国最高裁は18日、1983年に同国で「北朝鮮スパイ」の疑いで軍が連行し..... [ 記事へ ]