出版案内
福祉事業団

滋賀・長浜の馬酔木展、今年限り 29年で幕

今年を最後に終了することになった「馬酔木展」(2016年3月、長浜市元浜町・大通寺)
今年を最後に終了することになった「馬酔木展」(2016年3月、長浜市元浜町・大通寺)

 滋賀県長浜市元浜町の大通寺で開かれ、地元で季節の呼び物になっている「馬酔木(あせび)展」が今年限りで開催を取りやめることになった。関係者の高齢化や後継者不足のためといい、11日開幕の今回をもって29年の歴史に幕を閉じる。

 同展は、同寺門前の「ながはま御坊表参道商店街振興組合」が発足し、門前を整備したのを機に1989年、にぎわいを創出しようと組合内部で組織した実行委が始めた。同時期に同市港町の慶雲館で開く長浜盆梅展の影響もあり、多い年には1万5千人が訪れたというが、一昨年は7500人、昨年は約8千人だった。

 展示する鉢は同寺境内で保管し、毎日水やりをして管理。現在、約30鉢あり、夏場は1日2回、水やりをしている。水やりは、多い時は組合加盟店約33軒が交代で行っていたが、現在は21軒に減った。組合員の高齢化も進んでいる。長年同展に携わってきた実行委の岡田辰男委員長(88)=同市大宮町=が体調を崩したことも響き、昨秋に終了を決めた。

 同組合の小倉勝彦理事長(73)=同市元浜町=は「ボランティアで30年近く開催してきたが、商売も厳しく、終えることになった。観光客に来てもらえ、一定の役割は果たせた」と話す。組合も近く解散して任意団体の商店街になるという。

 4月16日まで。午前9時~午後4時半。高校生以上500円、中学生100円、小学生以下無料。同寺TEL0749(62)0054。

【 2017年02月08日 11時22分 】

ニュース写真

  • 今年を最後に終了することになった「馬酔木展」(2016年3月、長浜市元浜町・大通寺)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      松井氏、証人喚問応じる意向
      大阪府議会は百条委協議

      20170324000081

       日本維新の会代表の松井一郎大阪府知事は24日、森友学園への国有地払い下げ問題を巡る国会..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      ドッジ全国大会、団結力で決勝Tを 滋賀・東近江の小5チーム

      20170324000083

       東近江市の湖東第二小5年生でつくるドッジボールチーム「レイクイーストファイヤーズSP」..... [ 記事へ ]

      経済

      東証続伸、終値177円高
      米政権の不透明感やや後退で

      20170324000091

       24日の東京株式市場は、米国の政局を巡る不透明感がやや後退して円安ドル高が進んだことか..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      京大卒業式「共存へ向き合って」 首相や朴前大統領に仮装も

      20170324000080

       京都大の卒業式が24日、京都市左京区のみやこめっせであった。式辞で山極寿一総長は、英国..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      鳥インフル宮城で22万羽殺処分
      千葉も6万羽、高病原性確認

      20170324000004

       宮城県は24日、同県栗原市の養鶏場で21日以降に死んだ鶏を遺伝子検査した結果、H5型の..... [ 記事へ ]

      国際

      セウォル号の一部切断成功
      韓国、運搬船積み込みへ

      20170324000072

       【珍島共同】2014年に韓国南西部、珍島沖で沈没した旅客船セウォル号の引き揚げで、韓国..... [ 記事へ ]