出版案内
福祉事業団

放置竹林、実態探り対策の資料に 京都・向日

竹林の状況をチェックする調査員。間伐が行き届いた手前のタケノコ畑に比べ、奥の竹林は植生の密度が高くなっている(向日市物集女町)
竹林の状況をチェックする調査員。間伐が行き届いた手前のタケノコ畑に比べ、奥の竹林は植生の密度が高くなっている(向日市物集女町)

 京都府向日市が、放置竹林の規模や所有関係を把握するため、市全域で竹林の実態調査を進めている。風光明媚(めいび)な景観やタケノコ栽培への悪影響が懸念されるためだ。地権者の意向も尋ねているが、今後の具体的な対策は手探りの状態。整備の重たい負担や後継者難を案じる声が地権者から漏れる。

 1月上旬、調査員が竹林を巡り、植生密度や整備状況など5項目を調べた。タケノコ畑は幹上部を折って日当たりを保つ「芯止め」や、収穫に向けて土をかぶせる「土入れ」などの整備が行き届く。一方、荒れ放題のエリアでは枯れて倒れた幹が折り重なっていた。

 市は2015年度から、市内の竹林約750筆を対象に調査を開始。面積は農地扱いと山林扱いの計約78ヘクタールとされてきたが、これまで山林域には確認が入っておらず、放置竹林の分布を把握できていない。16年度内に一筆ごとに管理状況や所有関係を記した台帳を作る。

 1月から全地権者に向け、管理する意思の有無や将来の売却意向を尋ねるアンケートを実施中で、今後の放置竹林対策を考える基礎資料にするという。

 ただ、具体的な内容について、市産業振興課は「タケノコ農家などの地権者の高齢化は深刻で、ノウハウのない後継者が簡単に整備できる訳でもない。放置竹林整備は、どの竹産地も頭を悩ましている」と模索中だ。

【 2017年02月13日 09時20分 】

ニュース写真

  • 竹林の状況をチェックする調査員。間伐が行き届いた手前のタケノコ畑に比べ、奥の竹林は植生の密度が高くなっている(向日市物集女町)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      受動喫煙対策、日本はまだまだ 京都で防止訴え

      20170527000141

       世界保健機関が定める「世界禁煙デー」(31日)を前に、受動喫煙防止の重要性を訴える催し..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      ダルビッシュは3敗目
      ブルージェイズ戦、6回3失点

      20170528000013

       ▽ブルージェイズ―レンジャーズ(27日・トロント) レンジャーズのダルビッシュは先発で6..... [ 記事へ ]

      経済

      シャープ、東証1部復帰申請へ
      6月末に、戴社長

      20170527000127

       【台北共同】シャープの戴正呉社長は27日、現在の東京証券取引所2部から1部への復帰へ向..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      小中学生が裁判員裁判体験 滋賀、弁護や検察役に分かれ

      20170527000128

       小中学生が裁判員裁判を体験する憲法週間の記念行事が27日、大津市の大津地裁で催された。..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      独首相、米の温暖化議論「不満」
      G7サミット閉幕後の記者会

      20170527000150

       【タオルミナ共同】ドイツのメルケル首相は27日、イタリア・タオルミナでの先進7カ国(G..... [ 記事へ ]

      国際

      中国、G7首脳宣言に反発
      東・南シナ海問題巡り

      20170528000010

       【北京共同】中国外務省の陸慷報道局長は28日未明、イタリア・タオルミナの先進7カ国(G..... [ 記事へ ]