出版案内
福祉事業団

放置竹林、実態探り対策の資料に 京都・向日

竹林の状況をチェックする調査員。間伐が行き届いた手前のタケノコ畑に比べ、奥の竹林は植生の密度が高くなっている(向日市物集女町)
竹林の状況をチェックする調査員。間伐が行き届いた手前のタケノコ畑に比べ、奥の竹林は植生の密度が高くなっている(向日市物集女町)

 京都府向日市が、放置竹林の規模や所有関係を把握するため、市全域で竹林の実態調査を進めている。風光明媚(めいび)な景観やタケノコ栽培への悪影響が懸念されるためだ。地権者の意向も尋ねているが、今後の具体的な対策は手探りの状態。整備の重たい負担や後継者難を案じる声が地権者から漏れる。

 1月上旬、調査員が竹林を巡り、植生密度や整備状況など5項目を調べた。タケノコ畑は幹上部を折って日当たりを保つ「芯止め」や、収穫に向けて土をかぶせる「土入れ」などの整備が行き届く。一方、荒れ放題のエリアでは枯れて倒れた幹が折り重なっていた。

 市は2015年度から、市内の竹林約750筆を対象に調査を開始。面積は農地扱いと山林扱いの計約78ヘクタールとされてきたが、これまで山林域には確認が入っておらず、放置竹林の分布を把握できていない。16年度内に一筆ごとに管理状況や所有関係を記した台帳を作る。

 1月から全地権者に向け、管理する意思の有無や将来の売却意向を尋ねるアンケートを実施中で、今後の放置竹林対策を考える基礎資料にするという。

 ただ、具体的な内容について、市産業振興課は「タケノコ農家などの地権者の高齢化は深刻で、ノウハウのない後継者が簡単に整備できる訳でもない。放置竹林整備は、どの竹産地も頭を悩ましている」と模索中だ。

【 2017年02月13日 09時20分 】

ニュース写真

  • 竹林の状況をチェックする調査員。間伐が行き届いた手前のタケノコ畑に比べ、奥の竹林は植生の密度が高くなっている(向日市物集女町)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      山陽新幹線で信号トラブル
      岡山―博多一時見合わせ

      20170925000173

       25日午後9時20分ごろ、JR新下関駅(山口県下関市)で山陽新幹線の信号が正しく表示さ..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      野村敏京、一つ下げ25位
      女子ゴルフ世界ランキング

      20170926000006

       女子ゴルフの25日付世界ランキングが発表され、野村敏京は前週から一つ下げて25位だった..... [ 記事へ ]

      経済

      財政健全化の目標先送り
      人づくり2兆円、ばらまき批判も

      20170925000094

       衆院解散・総選挙を決断した安倍晋三首相は25日、「人づくり革命」に2兆円を投じる方針を..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      「世界に開かれた京都精華大に」 新学長にウスビ・サコ氏

      20170925000129

       京都精華大は25日、竹宮恵子学長(67)の任期満了に伴う次期学長に、西アフリカ・マリ出..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      大飯原発の再稼働に同意
      福井・おおい町長が表明

      20170925000064

       関西電力大飯原発が立地する福井県おおい町の中塚寛町長は、25日午後に開かれた町議会の全..... [ 記事へ ]

      国際

      大阪万博、正式に立候補
      25年誘致合戦が本格化

      20170926000001

       【パリ共同】「いのち輝く未来社会のデザイン」を基本テーマに、大阪への2025年国際博覧..... [ 記事へ ]