出版案内
福祉事業団

二条城、観光シフト加速 早朝実施や公開拡大へ

京都市が公開を始める未公開文化財の東南隅櫓(京都市中京区)
京都市が公開を始める未公開文化財の東南隅櫓(京都市中京区)

 京都市は2017年度、二条城(中京区)で早朝観光を始め、未公開文化財の公開にも取り組む。京都に移転する文化庁が、文化財を生かした地域活性化を強化する方針を受け、「文化財保存と観光振興の両立を図る全国のモデルケースを目指す」としている。

 昨年9月、有識者らでつくる「二条城の価値を活かし未来を創造する会」が観光での積極活用を市に提言したのを受け、新年度の取り組みに反映させる。11年度から20年間の計画で進めている全面的な修理で約100億円の費用を要するため、市は財源確保に向けて入城者数の増加策に力を入れている。

 早朝観光は通常より1時間半早めた午前7時ごろから、江戸時代の建物で、旧角倉了以邸から移築したとされる茶室「香雲亭」を開放し、入城者が庭園を眺めながら朝食を味わえるようにする。今後、実施日や委託業者、メニューを決め、夏以降に始める。

 城内にある文化財の建物計28棟のうち、一般公開は6棟に限っているが、今後は未公開の建物も順次、見学できるようにする。正門に当たる重要文化財「東大手門」と、見張り台や武器庫に使われた重文「東南隅櫓(やぐら)」の内部を、3月末から半年ほど公開する。

 文化財保存では、重文「本丸御殿」の修理を進める。

 市は17年度当初予算案に、二条城の魅力発信や修理で計2億2200万円を計上した。市の元離宮二条城事務所は「財政難の中で文化財を保護するには市民の理解や多額の財源が不可欠だ。文化を観光に生かすという国の方針も踏まえ、新たな観光振興策や収入面の拡充を図りたい」としている。

【 2017年02月26日 15時22分 】

ニュース写真

  • 京都市が公開を始める未公開文化財の東南隅櫓(京都市中京区)
  • 早朝観光で活用される香雲亭(京都市中京区・二条城)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      日本郵便が新宅配ロッカー導入
      駅の手荷物預かりと併設

      20170525000121

       日本郵便は25日、駅で手荷物を預かるコインロッカーに併設する新型の宅配ロッカーを30日..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      男子ゴルフ、岩田ら3人首位並ぶ
      ミズノOP第1日

      20170525000128

       ミズノ・オープン第1日(25日・岡山県JFE瀬戸内海GC=7404ヤード、パー72)2..... [ 記事へ ]

      経済

      創業融資、好調続く 金融公庫大津支店、「プチ起業」背景に

      20170525000063

       起業したい人に向けた日本政策金融公庫の創業融資制度の利用件数が過去最高を更新し続けてい..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      「藍の抹茶」商品化へ 京都学園大生プロジェクト

      20170525000070

       京都府亀岡市曽我部町の京都学園大の学生たちが、市内で栽培した藍の葉をすりつぶして「藍の..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      海底に刺さる旧日本海軍の潜水艦
      長崎・五島沖で撮影

      20170525000118

       長崎県・五島列島沖で、旧日本海軍の潜水艦が深さ約200mの海底に突き刺さったように立つ..... [ 記事へ ]

      国際

      英当局、テロ組織網との関係捜査
      爆発物捜索も

      20170525000092

       【ロンドン共同】英中部マンチェスターの自爆テロで、英捜査当局は25日までに家宅捜索を次..... [ 記事へ ]