出版案内
福祉事業団

二条城、観光シフト加速 早朝実施や公開拡大へ

京都市が公開を始める未公開文化財の東南隅櫓(京都市中京区)
京都市が公開を始める未公開文化財の東南隅櫓(京都市中京区)

 京都市は2017年度、二条城(中京区)で早朝観光を始め、未公開文化財の公開にも取り組む。京都に移転する文化庁が、文化財を生かした地域活性化を強化する方針を受け、「文化財保存と観光振興の両立を図る全国のモデルケースを目指す」としている。

 昨年9月、有識者らでつくる「二条城の価値を活かし未来を創造する会」が観光での積極活用を市に提言したのを受け、新年度の取り組みに反映させる。11年度から20年間の計画で進めている全面的な修理で約100億円の費用を要するため、市は財源確保に向けて入城者数の増加策に力を入れている。

 早朝観光は通常より1時間半早めた午前7時ごろから、江戸時代の建物で、旧角倉了以邸から移築したとされる茶室「香雲亭」を開放し、入城者が庭園を眺めながら朝食を味わえるようにする。今後、実施日や委託業者、メニューを決め、夏以降に始める。

 城内にある文化財の建物計28棟のうち、一般公開は6棟に限っているが、今後は未公開の建物も順次、見学できるようにする。正門に当たる重要文化財「東大手門」と、見張り台や武器庫に使われた重文「東南隅櫓(やぐら)」の内部を、3月末から半年ほど公開する。

 文化財保存では、重文「本丸御殿」の修理を進める。

 市は17年度当初予算案に、二条城の魅力発信や修理で計2億2200万円を計上した。市の元離宮二条城事務所は「財政難の中で文化財を保護するには市民の理解や多額の財源が不可欠だ。文化を観光に生かすという国の方針も踏まえ、新たな観光振興策や収入面の拡充を図りたい」としている。

【 2017年02月26日 15時22分 】

ニュース写真

  • 京都市が公開を始める未公開文化財の東南隅櫓(京都市中京区)
  • 早朝観光で活用される香雲亭(京都市中京区・二条城)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      年末の祇園を巡回、警察官ら防犯活動

      20171218000184

       年末の犯罪や事故防止を訴える京都府警の年末警戒活動が18日、府内全域で行われた。警察官..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      京大アメフット部、西村監督退任へ 名門復活へ道筋

      20171218000192

       京大アメリカンフットボール部の西村大介監督(40)が今年限りで退任することが18日まで..... [ 記事へ ]

      経済

      経団連、副業推奨せず
      本業に影響、管理難しく

      20171218000200

       経団連の榊原定征会長は18日の記者会見で、政府が働き方改革の一環として副業や兼業の普及..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      同志社大と文化庁が包括協定 文化芸術都市の指標研究

      20171218000108

       文化庁地域文化創生本部と同志社大は17日、研究に関わる交流や情報交換を促進する包括協定..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      重水漏れ、がん療法臨床研究中断
      京大原子炉、運転再開直後1

      20171218000089

       8月末に運転を再開した京都大原子炉実験所の研究炉「KUR」(大阪府熊取町、出力5メガワ..... [ 記事へ ]

      国際

      「世界一忙しい空港」停電
      米アトランタ、千便超欠航

      20171218000013

       【ニューヨーク共同】年間利用者が1億人を超え「世界で最も忙しい空港」とされる米南部ジョ..... [ 記事へ ]