出版案内
福祉事業団

地震古文書、みんなで解読 京都大研究者らアプリ開発

「みんなで翻刻」の編集画面。資料を見ながら崩し字を活字に直していく
「みんなで翻刻」の編集画面。資料を見ながら崩し字を活字に直していく

 地震関係の古文書に記された崩し字を活字に起こすプロジェクトを、京都大の研究者グループが始めた。過去の記録を地震の研究に活用しやすくするのが狙い。活字化した内容を記録するためのアプリケーションをインターネット上に公開して市民の協力を求める方法で、「地震や古文書に興味のある人は是非参加してほしい」と呼び掛けている。

 プロジェクトを立ち上げたのは、地震学が専門の中西一郎理学研究科教授や加納靖之防災研究所付属地震予知研究センター助教、文学研究科の大学院生で文献のデジタル化などを研究する橋本雄太さんら京大古地震研究会のメンバー。

 過去の地震の発生日時や場所、規模などのデータは、今後起こる地震の長期的な予測などに用いられる。ただし、日本の古文書に記された記録は崩し字がほとんどで、地震学の研究者がそのままでは利用しにくいために活字化を考えた。

 開発したアプリケーションは「みんなで翻刻(ほんこく)」と名付け、ネット上で公開している。東京大地震研究所が所蔵する江戸時代を中心とした地震関係の古文書114冊を閲覧しながら、市民が活字化して保存する。クイズ形式で崩し字を解読する機能も付いており、古文書になじみのない人でも学びながら作業ができる。南海トラフの巨大地震である安政東海地震(1854年)の際の山崩れの様子などについて書かれた冊子もあり、作業を通じて地震に関する知識も得られる。

 加納助教は「過去の地震に関して新たな発見やデータの間違いが見つかるかもしれない。古地震研究の新しいかたちにしたい」と話している。「みんなで翻刻」のホームページはhttps://honkoku.org/

【 2017年02月26日 21時00分 】

ニュース写真

  • 「みんなで翻刻」の編集画面。資料を見ながら崩し字を活字に直していく
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      釧路で9年ぶり流氷初日
      気象台観測

      20170323000004

       北海道の釧路地方気象台は22日、この冬初めて釧路市沖に流氷が到来しているのを肉眼で確認..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      田中は5回1/3を無失点
      フィリーズ戦

      20170323000015

       ▽フィリーズ―ヤンキース(22日・クリアウオーター) ヤンキースの田中は先発で5回1/3..... [ 記事へ ]

      経済

      最小の地震検知部品開発 ローム、コンセントなどに組み込み

      20170323000024

       ロームは住宅の分電盤やコンセントに組み込み、地震を検知するセンサーモジュール(複合部品..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      人気バンドのOBも定演出演 京都・長岡第四中吹奏楽部

      20170322000055

       長岡第四中(京都府長岡京市下海印寺)の吹奏楽部は26日、第20回記念定期演奏会を、同中..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      原発廃炉へ安全協定改定 滋賀県などと関電・原電

      20170322000148

       滋賀県と高島、長浜両市は、関西電力と日本原子力発電との間でそれぞれ結んでいる原子力安全..... [ 記事へ ]

      国際

      ロシア代表歌手の入国禁止
      欧州音楽祭でウクライナ

      20170323000002

       【モスクワ共同】ウクライナ保安局は22日、同国で5月に開く欧州最大級の音楽祭「ユーロビ..... [ 記事へ ]