出版案内
福祉事業団

地震古文書、みんなで解読 京都大研究者らアプリ開発

「みんなで翻刻」の編集画面。資料を見ながら崩し字を活字に直していく
「みんなで翻刻」の編集画面。資料を見ながら崩し字を活字に直していく

 地震関係の古文書に記された崩し字を活字に起こすプロジェクトを、京都大の研究者グループが始めた。過去の記録を地震の研究に活用しやすくするのが狙い。活字化した内容を記録するためのアプリケーションをインターネット上に公開して市民の協力を求める方法で、「地震や古文書に興味のある人は是非参加してほしい」と呼び掛けている。

 プロジェクトを立ち上げたのは、地震学が専門の中西一郎理学研究科教授や加納靖之防災研究所付属地震予知研究センター助教、文学研究科の大学院生で文献のデジタル化などを研究する橋本雄太さんら京大古地震研究会のメンバー。

 過去の地震の発生日時や場所、規模などのデータは、今後起こる地震の長期的な予測などに用いられる。ただし、日本の古文書に記された記録は崩し字がほとんどで、地震学の研究者がそのままでは利用しにくいために活字化を考えた。

 開発したアプリケーションは「みんなで翻刻(ほんこく)」と名付け、ネット上で公開している。東京大地震研究所が所蔵する江戸時代を中心とした地震関係の古文書114冊を閲覧しながら、市民が活字化して保存する。クイズ形式で崩し字を解読する機能も付いており、古文書になじみのない人でも学びながら作業ができる。南海トラフの巨大地震である安政東海地震(1854年)の際の山崩れの様子などについて書かれた冊子もあり、作業を通じて地震に関する知識も得られる。

 加納助教は「過去の地震に関して新たな発見やデータの間違いが見つかるかもしれない。古地震研究の新しいかたちにしたい」と話している。「みんなで翻刻」のホームページはhttps://honkoku.org/

【 2017年02月26日 21時00分 】

ニュース写真

  • 「みんなで翻刻」の編集画面。資料を見ながら崩し字を活字に直していく
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      自衛隊が豪雨被災地を撤収
      福岡・朝倉、生活支援終え

      20170820000040

       九州北部の豪雨災害で自衛隊は20日、生活支援の必要性が解消されたとの福岡県の意向を受け..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      京都外大西・又木が2位 高校総体、競泳女子200背

      20170820000052

       全国高校総体第23日は19日、宮城県利府町のセントラルスポーツ宮城G21プールなどで水..... [ 記事へ ]

      経済

      京阪電鉄、初の座席指定特急
      プレミアムカーの運行開始

      20170820000036

       京阪電気鉄道が初めて導入した座席指定の特急車両「プレミアムカー」が20日、運行を始めた..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      山城の魅力、同女大生が動画発信 京都、12市町で撮影

      20170820000043

       同志社女子大(京都府京田辺市興戸)の学生たちが山城地域の魅力を伝える動画の制作を進めて..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      光合成遺伝子スイッチ先祖返りも 京都府立大教授ら解明

      20170819000129

       京都府立大と京都府立植物園が、同園内で育てられているシダやマツなどの植物を使って光合成..... [ 記事へ ]

      国際

      受賞者反発でトランプ氏欠席へ
      米、恒例の祝賀イベント

      20170820000024

       【ワシントン共同】米ホワイトハウスは19日、トランプ大統領夫妻が今年12月に行われるケ..... [ 記事へ ]