出版案内
福祉事業団

地震古文書、みんなで解読 京都大研究者らアプリ開発

「みんなで翻刻」の編集画面。資料を見ながら崩し字を活字に直していく
「みんなで翻刻」の編集画面。資料を見ながら崩し字を活字に直していく

 地震関係の古文書に記された崩し字を活字に起こすプロジェクトを、京都大の研究者グループが始めた。過去の記録を地震の研究に活用しやすくするのが狙い。活字化した内容を記録するためのアプリケーションをインターネット上に公開して市民の協力を求める方法で、「地震や古文書に興味のある人は是非参加してほしい」と呼び掛けている。

 プロジェクトを立ち上げたのは、地震学が専門の中西一郎理学研究科教授や加納靖之防災研究所付属地震予知研究センター助教、文学研究科の大学院生で文献のデジタル化などを研究する橋本雄太さんら京大古地震研究会のメンバー。

 過去の地震の発生日時や場所、規模などのデータは、今後起こる地震の長期的な予測などに用いられる。ただし、日本の古文書に記された記録は崩し字がほとんどで、地震学の研究者がそのままでは利用しにくいために活字化を考えた。

 開発したアプリケーションは「みんなで翻刻(ほんこく)」と名付け、ネット上で公開している。東京大地震研究所が所蔵する江戸時代を中心とした地震関係の古文書114冊を閲覧しながら、市民が活字化して保存する。クイズ形式で崩し字を解読する機能も付いており、古文書になじみのない人でも学びながら作業ができる。南海トラフの巨大地震である安政東海地震(1854年)の際の山崩れの様子などについて書かれた冊子もあり、作業を通じて地震に関する知識も得られる。

 加納助教は「過去の地震に関して新たな発見やデータの間違いが見つかるかもしれない。古地震研究の新しいかたちにしたい」と話している。「みんなで翻刻」のホームページはhttps://honkoku.org/

【 2017年02月26日 21時00分 】

ニュース写真

  • 「みんなで翻刻」の編集画面。資料を見ながら崩し字を活字に直していく
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      料理は残さず持ち帰りを 大津市、「ドギーバッグ」推奨へ

      20170626000036

       大津市が、飲食店で食べ切れない料理を自宅に持ち帰る容器「ドギーバッグ」の推奨を始める。..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      テニス錦織は9位で変わらず
      世界ランキング

      20170626000053

       男子テニスの26日付世界ランキングが発表され、錦織圭(日清食品)は9位で変わらなかった..... [ 記事へ ]

      経済

      無人の自動運転車、初実験
      沖縄、遠隔でカート走行

      20170626000051

       ドライバーが乗らずに自動運転車を遠隔操作だけで走らせる実証実験が26日、沖縄県北谷町で..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      僕たち丹鉄駅長「出発進行」 京都、宮津駅で小中生が職業体験

      20170626000029

       京都府京丹後市の小中学生2人が25日、宮津市の京都丹後鉄道(丹鉄)宮津駅の駅長を体験し..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      石見銀山の江戸期鉱石、大量発見 京都で研究進む

      20170626000016

       世界文化遺産の石見銀山(島根県大田市)で江戸時代に採掘された鉱石の標本資料がまとまって..... [ 記事へ ]

      国際

      コロンビア、観光船沈没9人死亡
      30人不明

      20170626000034

       【コピアポ(チリ北部)共同】南米コロンビアからの報道によると、同国北西部アンティオキア..... [ 記事へ ]