出版案内
福祉事業団

奈良時代の須恵器や木簡が出土 滋賀・竜王、ブタイ遺跡

ブタイ遺跡で見つかった人工水路(滋賀県竜王町山面)=滋賀県文化財保護協会提供
ブタイ遺跡で見つかった人工水路(滋賀県竜王町山面)=滋賀県文化財保護協会提供

 滋賀県竜王町教育委員会は6日、同町山面のブタイ遺跡(古墳時代~中世)の発掘調査で、奈良時代の建物跡や人工水路が見つかったと発表した。人工水路から大量の須恵器や人名が記された木簡が出土し、町教委は須恵器の大規模生産地だった近くの鏡山古窯趾(こようし)群に関連する公的施設だったとみている。

 調査は2002年度に続き、遺跡北側の2240平方メートルで行った。見つかったのは8世紀頃の掘立柱建物3棟と人工水路(幅5メートル、深さ1・7メートル、長さ56メートル以上)。須恵器は不良品が多く、水で磨かれた形跡がないことから近くで投棄されたとみられる。当時の役人が身につけた帯金具2点も出土した。

 木簡(長さ211ミリ、幅18ミリ、厚さ3ミリ)は下端部がとがった形状で、「桐原郷薏原史(いはらのふひと)」の記述があった。「史」は大和政権が与えた社会的地位を指す言葉で、町教委は「須恵器を管理、選別する物流拠点だった可能性が高い。木簡は現在の近江八幡市南西部の桐原郷に住んでいた人物が納めた物資に刺して使ったのだろう」としている。

 奈良文化財研究所の渡辺晃宏史料研究室長は「役所でなく生産遺跡からの木簡出土は全国的に珍しい。薏原史という氏族は隣接する野洲郡敷智郷にいたことが知られており、この地域の氏族分布の広がりを考える上でも大きな発見」と話す。

 発掘調査報告会は11日午前9時半から、大津市打出浜のコラボしが21で行われる。参加無料。

【 2017年03月06日 22時30分 】

ニュース写真

  • ブタイ遺跡で見つかった人工水路(滋賀県竜王町山面)=滋賀県文化財保護協会提供
  • ブタイ遺跡から出土した「桐原郷薏原史」と書かれた木簡
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      滋賀・長浜市長に藤井氏3選 新人中川氏を破る

      20180225000148

       任期満了に伴う滋賀県長浜市長選は25日投開票され、無所属の現職藤井勇治氏(67)=自民..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      都大路での力走誓う 全国車いす駅伝、京都チーム認証式

      20180225000123

       3月11日号砲の第29回全国車いす駅伝に出場する京都チームの認証式が25日、京都府京丹..... [ 記事へ ]

      経済

      京都・二条城の散策、手ぶらでOK 手荷物預かり所開設

      20180225000113

       外国人観光客らが手ぶらで二条城(京都市中京区)を散策できるように、城内の東大手門近くに..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      春目指し京都・滋賀で1万5千人 国公立大2次試験始まる

      20180225000121

       国公立大の2次試験前期日程が25日、全国の大学で始まった。165大学570学部に25万..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      宇宙飛行士の金井さんと交信
      小学生、福井の科学館

      20180223000205

       国際宇宙ステーションに滞在中の宇宙飛行士金井宣茂さん(41)と小学生らが交信するイベン..... [ 記事へ ]

      国際

      ロシア野党指導者追悼でデモ
      殺害3年、政権は警戒

      20180225000145

       【モスクワ共同】ロシアのプーチン大統領を批判していた野党指導者ネムツォフ元第1副首相が..... [ 記事へ ]