出版案内
福祉事業団

信長に抵抗、悲運の城主の位牌確認 京都・昌運寺

「天正三」「十月二日」「小笠原筑前守」の文字がある位牌。物集女宗入をまつったものと分かった(向日市物集女町・昌運寺)
「天正三」「十月二日」「小笠原筑前守」の文字がある位牌。物集女宗入をまつったものと分かった(向日市物集女町・昌運寺)

 戦国時代末期、織田信長に抵抗し殺されたとされる、物集女城(向日市)の最後の城主、物集女宗入(忠重)の名の入った位牌(いはい)が、このほど地元の昌運寺(同市物集女町)で確認された。宗入の足跡を調べる研究者は「没後も大切にまつられ、住民に慕われていたことがうかがえる」と話す。

 見つかった位牌は高さ41センチ、幅12センチ。「静室宗入居士」と記され、ほかに3人の戒名があった。裏面には「天正三乙亥十月二日」「小笠原筑前守」と書かれている。

 宗入の木像を、2014年に清浄華院(京都市上京区)で確認した同院史料編纂(へんさん)室の研究員松田道観さん(35)が、ゆかりの寺を調べていたところ、昌運寺で見つけた。戒名の「宗入」▽命日とされる天正3(1575)年10月2日の記載▽物集女氏が名乗ったと伝わる「小笠原」の名前がある-などから宗入をまつったものと判断した。

 物集女氏は、桂川西岸地域を治める「西岡衆(にしのおかしゅう)」の一族。宗入は、織田信長の家臣細川藤孝(幽斎)が同地域の支配に乗り出した際も独立の精神を貫いたことで知られる。

 地元では、天正3年10月2日、藤孝の家臣松井康之に招かれ、勝龍寺城(長岡京市)に出向いたところを謀殺された「悲運の城主」と伝わる。同時期、物集女城も攻略され、一族は離散したという。

 昌運寺の僧侶脇田修司さん(39)は「物集女城や物集女氏を身近に感じた。これからも大事にまつっていきたい」と語る。

 宗入の位牌や木像について松田さんが語る講演会が11日午前10時半から、物集女公民館(向日市物集女町中条)で開かれる。入場無料。

【 2017年03月09日 12時00分 】

ニュース写真

  • 「天正三」「十月二日」「小笠原筑前守」の文字がある位牌。物集女宗入をまつったものと分かった(向日市物集女町・昌運寺)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      料理は残さず持ち帰りを 大津市、「ドギーバッグ」推奨へ

      20170626000036

       大津市が、飲食店で食べ切れない料理を自宅に持ち帰る容器「ドギーバッグ」の推奨を始める。..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      テニス錦織は9位で変わらず
      世界ランキング

      20170626000053

       男子テニスの26日付世界ランキングが発表され、錦織圭(日清食品)は9位で変わらなかった..... [ 記事へ ]

      経済

      無人の自動運転車、初実験
      沖縄、遠隔でカート走行

      20170626000051

       ドライバーが乗らずに自動運転車を遠隔操作だけで走らせる実証実験が26日、沖縄県北谷町で..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      僕たち丹鉄駅長「出発進行」 京都、宮津駅で小中生が職業体験

      20170626000029

       京都府京丹後市の小中学生2人が25日、宮津市の京都丹後鉄道(丹鉄)宮津駅の駅長を体験し..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      石見銀山の江戸期鉱石、大量発見 京都で研究進む

      20170626000016

       世界文化遺産の石見銀山(島根県大田市)で江戸時代に採掘された鉱石の標本資料がまとまって..... [ 記事へ ]

      国際

      コロンビア、観光船沈没9人死亡
      30人不明

      20170626000034

       【コピアポ(チリ北部)共同】南米コロンビアからの報道によると、同国北西部アンティオキア..... [ 記事へ ]