出版案内
福祉事業団

京都・宇治の茶商庭園が府文化財に 当主継承へ決意新た

(上)蹲踞と灯籠(右手前)が見どころの中村藤吉家庭園を眺める中村さんと、(下)茶室「松好庵」(左)に向かって飛び石が置かれた上林春松家庭園と上林さん=いずれも宇治市宇治
(上)蹲踞と灯籠(右手前)が見どころの中村藤吉家庭園を眺める中村さんと、(下)茶室「松好庵」(左)に向かって飛び石が置かれた上林春松家庭園と上林さん=いずれも宇治市宇治

 京都府宇治市宇治の上林春松家庭園と中村藤吉家庭園が、府教育委員会が9日に指定した新たな文化財に含まれた。茶商の庭園が府の文化財指定を受けるのは初めてで、両家の当主は喜ぶとともに、継承への決意を新たにした。

 上林春松家庭園は、少なくとも1799年以前に建立された茶室「松好庵」と前庭などで構成され、門から茶室のにじり口に飛び石が配されている。庭園が現在の形に完成したのは、住居を直した大正時代とされる。

 14代目上林春松さん(84)は「認めていただいて大変光栄。責任も重くなるのでしっかり手入れをしていきたい」と話す。

 中村藤吉家庭園は蹲踞(つくばい)(ちょうず鉢)や灯籠を備えた座敷庭と茶室などが指定された。現在は石臼で碾茶(てんちゃ)を引いて抹茶にする体験に参加すると座敷から見ることができ、指定を機に新たな公開の機会を検討するという。

 6代目中村藤吉さん(65)は「文化財指定に気恥ずかしい面もあるが、より思いを込めて守り伝えていきたい」と話している。

 両庭園について府教委文化財保護課は「ともに茶室や庭がよく残り、当時の茶商の文化的成熟を示している」と説明。文化財的な価値が高く、4月に府南部で開幕する「お茶の京都博」のタイミングも踏まえて指定したとしている。

【 2017年03月10日 12時17分 】

ニュース写真

  • (上)蹲踞と灯籠(右手前)が見どころの中村藤吉家庭園を眺める中村さんと、(下)茶室「松好庵」(左)に向かって飛び石が置かれた上林春松家庭園と上林さん=いずれも宇治市宇治

2017衆院選 開票速報

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      小池氏、代表辞任を否定
      「組織固める中、無責任」

      20171024000003

       【パリ共同】希望の党代表の小池百合子東京都知事は23日、出張先のパリで報道陣の取材に応..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      京産大、開幕3連勝 ラグビー関西大学リーグ

      20171023000201

       ラグビーの関西大学リーグ22日、皇子山陸上競技場で2試合が行われた。京産大は17-7で..... [ 記事へ ]

      経済

      百貨店の売上高7.3%増 京都の4店、秋物が好調

      20171023000193

       京都百貨店協会が23日発表した京都市内4百貨店の9月売上高は、前年同月比7・3%増の1..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      「日本とフランスの懸け橋に」 京都、学校移転で式典

      20171021000074

       京都市上京区の元待賢小にあったフランス人学校「京都国際フランス学園」が下京区の元有隣小..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      口の中の細菌、腸難病の原因か
      予防や治療に期待

      20171020000004

       普段、口の中にいる細菌が腸の中で増えると、腸に慢性の炎症が起きる潰瘍性大腸炎やクローン..... [ 記事へ ]

      国際

      ASEAN、北朝鮮に懸念
      伝統友好国も、国防相会議

      20171023000167

       【クラーク共同】東南アジア諸国連合(ASEAN)国防相会議が23日、フィリピン北部クラ..... [ 記事へ ]