出版案内
福祉事業団

京都・宇治の茶商庭園が府文化財に 当主継承へ決意新た

(上)蹲踞と灯籠(右手前)が見どころの中村藤吉家庭園を眺める中村さんと、(下)茶室「松好庵」(左)に向かって飛び石が置かれた上林春松家庭園と上林さん=いずれも宇治市宇治
(上)蹲踞と灯籠(右手前)が見どころの中村藤吉家庭園を眺める中村さんと、(下)茶室「松好庵」(左)に向かって飛び石が置かれた上林春松家庭園と上林さん=いずれも宇治市宇治

 京都府宇治市宇治の上林春松家庭園と中村藤吉家庭園が、府教育委員会が9日に指定した新たな文化財に含まれた。茶商の庭園が府の文化財指定を受けるのは初めてで、両家の当主は喜ぶとともに、継承への決意を新たにした。

 上林春松家庭園は、少なくとも1799年以前に建立された茶室「松好庵」と前庭などで構成され、門から茶室のにじり口に飛び石が配されている。庭園が現在の形に完成したのは、住居を直した大正時代とされる。

 14代目上林春松さん(84)は「認めていただいて大変光栄。責任も重くなるのでしっかり手入れをしていきたい」と話す。

 中村藤吉家庭園は蹲踞(つくばい)(ちょうず鉢)や灯籠を備えた座敷庭と茶室などが指定された。現在は石臼で碾茶(てんちゃ)を引いて抹茶にする体験に参加すると座敷から見ることができ、指定を機に新たな公開の機会を検討するという。

 6代目中村藤吉さん(65)は「文化財指定に気恥ずかしい面もあるが、より思いを込めて守り伝えていきたい」と話している。

 両庭園について府教委文化財保護課は「ともに茶室や庭がよく残り、当時の茶商の文化的成熟を示している」と説明。文化財的な価値が高く、4月に府南部で開幕する「お茶の京都博」のタイミングも踏まえて指定したとしている。

【 2017年03月10日 12時17分 】

ニュース写真

  • (上)蹲踞と灯籠(右手前)が見どころの中村藤吉家庭園を眺める中村さんと、(下)茶室「松好庵」(左)に向かって飛び石が置かれた上林春松家庭園と上林さん=いずれも宇治市宇治
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      液体被害防げ、清水寺など27社寺を点検 京都・東山署

      20170428000189

       世界遺産の下鴨神社(京都市左京区)など全国の寺社で油のような液体がまかれる被害が相次い..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      西2―2ロ(28日)
      救援陣踏ん張り引き分け

      20170428000184

       救援陣が踏ん張り、延長十二回で引き分けた。ロッテは0―1の六回に荻野の二塁打などで2点..... [ 記事へ ]

      経済

      村田製、純益1560億円 円高で減収減益に 

      20170428000167

       村田製作所が28日発表した2017年3月期連結決算(米国会計基準)は、純利益が前期比2..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      おなら、毛虫もするのかな… 子の素朴な疑問絵本に

      20170428000058

       毛虫もおならをするのだろうか? そんな素朴な問いが子どもたちの笑いにつながればと、建築..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      パリ協定への対処表明へ
      トランプ氏、脱退か否か

      20170428000091

       【ワシントン共同】トランプ米大統領は27日、ロイター通信とのインタビューで、地球温暖化..... [ 記事へ ]

      国際

      ナチス「ガス室」発言で混乱
      仏極右、党首代行を交代

      20170428000166

       【パリ共同】フランスの極右、国民戦線(FN)幹部は28日、大統領選で決選投票に進み、党..... [ 記事へ ]