出版案内
福祉事業団

京都・宇治の茶商庭園が府文化財に 当主継承へ決意新た

(上)蹲踞と灯籠(右手前)が見どころの中村藤吉家庭園を眺める中村さんと、(下)茶室「松好庵」(左)に向かって飛び石が置かれた上林春松家庭園と上林さん=いずれも宇治市宇治
(上)蹲踞と灯籠(右手前)が見どころの中村藤吉家庭園を眺める中村さんと、(下)茶室「松好庵」(左)に向かって飛び石が置かれた上林春松家庭園と上林さん=いずれも宇治市宇治

 京都府宇治市宇治の上林春松家庭園と中村藤吉家庭園が、府教育委員会が9日に指定した新たな文化財に含まれた。茶商の庭園が府の文化財指定を受けるのは初めてで、両家の当主は喜ぶとともに、継承への決意を新たにした。

 上林春松家庭園は、少なくとも1799年以前に建立された茶室「松好庵」と前庭などで構成され、門から茶室のにじり口に飛び石が配されている。庭園が現在の形に完成したのは、住居を直した大正時代とされる。

 14代目上林春松さん(84)は「認めていただいて大変光栄。責任も重くなるのでしっかり手入れをしていきたい」と話す。

 中村藤吉家庭園は蹲踞(つくばい)(ちょうず鉢)や灯籠を備えた座敷庭と茶室などが指定された。現在は石臼で碾茶(てんちゃ)を引いて抹茶にする体験に参加すると座敷から見ることができ、指定を機に新たな公開の機会を検討するという。

 6代目中村藤吉さん(65)は「文化財指定に気恥ずかしい面もあるが、より思いを込めて守り伝えていきたい」と話している。

 両庭園について府教委文化財保護課は「ともに茶室や庭がよく残り、当時の茶商の文化的成熟を示している」と説明。文化財的な価値が高く、4月に府南部で開幕する「お茶の京都博」のタイミングも踏まえて指定したとしている。

【 2017年03月10日 12時17分 】

ニュース写真

  • (上)蹲踞と灯籠(右手前)が見どころの中村藤吉家庭園を眺める中村さんと、(下)茶室「松好庵」(左)に向かって飛び石が置かれた上林春松家庭園と上林さん=いずれも宇治市宇治
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      障害ある子の親に「親心の記録」 京都、不安緩和へノート

      20170820000116

       相続税対策などを支援する一般社団法人日本相続知財センター京都支部(京都市中京区)が、障..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      サンガ、連敗ストップ 大分とドロー、サッカーJ2

      20170820000124

       サッカーJ2の第29節は20日、西京極陸上競技場ほかで11試合を行い、京都サンガFCは..... [ 記事へ ]

      経済

      「さくら筆」のメーク術を指導 京都で22日

      20170820000067

       化粧筆専門店「京都六角館さくら堂」(京都市中京区)を運営するMURAGISHI(大阪府..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      高校の発達障害支援手探り 京都、教員スキルや財政課題

      20170820000101

       京都府と京都市の両教育委員会が、発達障害に対する高校での支援の充実を図ろうとしている。..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      光合成遺伝子スイッチ先祖返りも 京都府立大教授ら解明

      20170819000129

       京都府立大と京都府立植物園が、同園内で育てられているシダやマツなどの植物を使って光合成..... [ 記事へ ]

      国際

      香港、雨傘主導者の実刑判決抗議
      5万人がデモ

      20170820000102

       【香港共同】香港民主派は20日、2014年の大規模民主化デモ「雨傘運動」の主導者、黄之..... [ 記事へ ]