出版案内
福祉事業団

京都・宇治の茶商庭園が府文化財に 当主継承へ決意新た

(上)蹲踞と灯籠(右手前)が見どころの中村藤吉家庭園を眺める中村さんと、(下)茶室「松好庵」(左)に向かって飛び石が置かれた上林春松家庭園と上林さん=いずれも宇治市宇治
(上)蹲踞と灯籠(右手前)が見どころの中村藤吉家庭園を眺める中村さんと、(下)茶室「松好庵」(左)に向かって飛び石が置かれた上林春松家庭園と上林さん=いずれも宇治市宇治

 京都府宇治市宇治の上林春松家庭園と中村藤吉家庭園が、府教育委員会が9日に指定した新たな文化財に含まれた。茶商の庭園が府の文化財指定を受けるのは初めてで、両家の当主は喜ぶとともに、継承への決意を新たにした。

 上林春松家庭園は、少なくとも1799年以前に建立された茶室「松好庵」と前庭などで構成され、門から茶室のにじり口に飛び石が配されている。庭園が現在の形に完成したのは、住居を直した大正時代とされる。

 14代目上林春松さん(84)は「認めていただいて大変光栄。責任も重くなるのでしっかり手入れをしていきたい」と話す。

 中村藤吉家庭園は蹲踞(つくばい)(ちょうず鉢)や灯籠を備えた座敷庭と茶室などが指定された。現在は石臼で碾茶(てんちゃ)を引いて抹茶にする体験に参加すると座敷から見ることができ、指定を機に新たな公開の機会を検討するという。

 6代目中村藤吉さん(65)は「文化財指定に気恥ずかしい面もあるが、より思いを込めて守り伝えていきたい」と話している。

 両庭園について府教委文化財保護課は「ともに茶室や庭がよく残り、当時の茶商の文化的成熟を示している」と説明。文化財的な価値が高く、4月に府南部で開幕する「お茶の京都博」のタイミングも踏まえて指定したとしている。

【 2017年03月10日 12時17分 】

ニュース写真

  • (上)蹲踞と灯籠(右手前)が見どころの中村藤吉家庭園を眺める中村さんと、(下)茶室「松好庵」(左)に向かって飛び石が置かれた上林春松家庭園と上林さん=いずれも宇治市宇治
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      安倍首相が帰国の途
      欧州6カ国訪問終え

      20180117000009

       【ブカレスト共同】安倍晋三首相は16日夜(日本時間17日早朝)、バルト3国とブルガリア..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      二所ノ関親方が理事退任へ
      新たに芝田山親方を擁立

      20180116000186

       大相撲の二所ノ関一門は16日、東京都内で会合を開き、昨年10月に頭部の手術を受けて闘病..... [ 記事へ ]

      経済

      NY株、一時2万6千ドル台
      終値は3日ぶり反落

      20180117000012

       【ニューヨーク共同】連休明け16日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は取引時..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      米軍医は「提供してもらった」 <持ち去られた被爆者資料>

      20180116000114

       核エネルギーが原爆投下という人類史上に刻まれる悪夢になった1945年。多くの広島・長崎..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      iPS移植で初「有害事象」 網膜に合併症、新たに手術

      20180116000183

       理化学研究所などのチームは16日、他人のiPS細胞(人工多能性幹細胞)を使った移植手術..... [ 記事へ ]

      国際

      ビル崩壊で2人死亡
      ベルギー・アントワープ

      20180117000001

       【ブリュッセル共同】ベルギーのメディアによると、同国北部アントワープの中心部で15日夜..... [ 記事へ ]