出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

春告げる火柱、夜空焦がす 京都・清凉寺

雨の降るなか高々と燃え上がる大松明(15日午後8時36分、京都市右京区・清凉寺)
雨の降るなか高々と燃え上がる大松明(15日午後8時36分、京都市右京区・清凉寺)

 京都市右京区の清凉寺(嵯峨釈迦(しゃか)堂)の伝統行事、「お松明(たいまつ)式」が15日夜、同寺境内で行われた。冷たい雨の中を3基の大松明が点火されると、大きな火柱が夜空を焦がした。

 釈迦が亡くなった日の「涅槃会(ねはんえ)」の行事の一環で、釈迦が荼毘(だび)に付される様子を表現するとの伝承がある。3基の松明は長さ約6.4メートル~約5.8メートル。早稲(わせ)、中稲(なかて)、晩稲(おくて)に見立てられ、燃え方でその年の稲作の吉凶を占うという。江戸時代には、この日に本堂に掲げられる13の高張(たかは)り提灯の高さで米の相場を占ったとされる。

 地元保存会は1月から準備を進めてきた。今月13日からは、山から切り出して乾燥させた松を3本一組にしてフジのつるなどで固定。燃えやすいように松の葉を取り付けて逆三角すいの形をした松明を完成させた。

 この日は法要の後、午後8時15分ごろに護摩が焚(た)かれ、僧侶の読経と拍子木の音が響いた。8時半ごろに護摩の火で松明が点火され、燃え盛る炎と飛び散る火の粉に参拝者たちが歓声を上げていた。

【 2017年03月15日 22時40分 】

ニュース写真

  • 雨の降るなか高々と燃え上がる大松明(15日午後8時36分、京都市右京区・清凉寺)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      名神高速で9台事故、1人死亡 滋賀、渋滞にトラック突っ込む

      20180721000021

       20日午後4時45分ごろ、滋賀県愛荘町斧磨の名神高速道路下り線で、大型トラックや乗用車..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      陸上、チェプコエチが世界新記録
      女子3000m障害

      20180721000035

       陸上のダイヤモンドリーグは20日、モナコで第10戦が行われ、女子3000メートル障害で..... [ 記事へ ]

      経済

      経産相、本田圭佑選手と会談
      ベンチャー支援で協力依頼

      20180721000020

       世耕弘成経済産業相は21日、サッカーW杯ロシア大会日本代表の本田圭佑選手と経産省で会談..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      猛暑警戒、終業式はエアコンある教室で 滋賀・大津の小中学校

      20180721000034

       滋賀県内のほとんどの小中学校で20日、終業式が行われた。連日の猛暑を受けて、大津市内の..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      酒米の吸水、杜氏の勘を可視化 伏見酒造組合と大ガス

      20180720000171

       京都・伏見の清酒メーカーでつくる伏見酒造組合と大阪ガスは20日、画像認識技術を使い、酒..... [ 記事へ ]

      国際

      米、北の制裁逃れ対策強化を要求
      非核化へ資金封じ

      20180721000031

       【ニューヨーク共同】北朝鮮との非核化交渉を率いる米国のポンペオ国務長官は20日、ニュー..... [ 記事へ ]