出版案内
福祉事業団

春告げる火柱、夜空焦がす 京都・清凉寺

雨の降るなか高々と燃え上がる大松明(15日午後8時36分、京都市右京区・清凉寺)
雨の降るなか高々と燃え上がる大松明(15日午後8時36分、京都市右京区・清凉寺)

 京都市右京区の清凉寺(嵯峨釈迦(しゃか)堂)の伝統行事、「お松明(たいまつ)式」が15日夜、同寺境内で行われた。冷たい雨の中を3基の大松明が点火されると、大きな火柱が夜空を焦がした。

 釈迦が亡くなった日の「涅槃会(ねはんえ)」の行事の一環で、釈迦が荼毘(だび)に付される様子を表現するとの伝承がある。3基の松明は長さ約6.4メートル~約5.8メートル。早稲(わせ)、中稲(なかて)、晩稲(おくて)に見立てられ、燃え方でその年の稲作の吉凶を占うという。江戸時代には、この日に本堂に掲げられる13の高張(たかは)り提灯の高さで米の相場を占ったとされる。

 地元保存会は1月から準備を進めてきた。今月13日からは、山から切り出して乾燥させた松を3本一組にしてフジのつるなどで固定。燃えやすいように松の葉を取り付けて逆三角すいの形をした松明を完成させた。

 この日は法要の後、午後8時15分ごろに護摩が焚(た)かれ、僧侶の読経と拍子木の音が響いた。8時半ごろに護摩の火で松明が点火され、燃え盛る炎と飛び散る火の粉に参拝者たちが歓声を上げていた。

【 2017年03月15日 22時40分 】

ニュース写真

  • 雨の降るなか高々と燃え上がる大松明(15日午後8時36分、京都市右京区・清凉寺)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      障害ある子の親に「親心の記録」 京都、不安緩和へノート

      20170820000116

       相続税対策などを支援する一般社団法人日本相続知財センター京都支部(京都市中京区)が、障..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      サンガ、連敗ストップ 大分とドロー、サッカーJ2

      20170820000124

       サッカーJ2の第29節は20日、西京極陸上競技場ほかで11試合を行い、京都サンガFCは..... [ 記事へ ]

      経済

      「さくら筆」のメーク術を指導 京都で22日

      20170820000067

       化粧筆専門店「京都六角館さくら堂」(京都市中京区)を運営するMURAGISHI(大阪府..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      高校の発達障害支援手探り 京都、教員スキルや財政課題

      20170820000101

       京都府と京都市の両教育委員会が、発達障害に対する高校での支援の充実を図ろうとしている。..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      光合成遺伝子スイッチ先祖返りも 京都府立大教授ら解明

      20170819000129

       京都府立大と京都府立植物園が、同園内で育てられているシダやマツなどの植物を使って光合成..... [ 記事へ ]

      国際

      香港、雨傘主導者の実刑判決抗議
      5万人がデモ

      20170820000102

       【香港共同】香港民主派は20日、2014年の大規模民主化デモ「雨傘運動」の主導者、黄之..... [ 記事へ ]