出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

「中品中生図」の模写初公開 宇治・平等院ミュージアム

初公開された「中品中生図」の想定復元模写(左)と制作者の荒木さん=宇治市宇治・平等院ミュージアム鳳翔館
初公開された「中品中生図」の想定復元模写(左)と制作者の荒木さん=宇治市宇治・平等院ミュージアム鳳翔館

 京都府宇治市宇治の平等院内にあるミュージアム鳳翔館で18日、春季特別展「春のお迎え-舞い降りる花と仏の荘厳美-」が始まった。国宝鳳凰堂の壁扉画の一つ「中品中生図(ちゅうほんちゅうしょうず)」の想定復元模写が初公開された。

 「中品中生図」の原物は、鎌倉初期の作で傷みが著しく、絵画の全体像が分かりにくかった。日本画家で金沢美術工芸大の荒木恵信准教授(45)が、蛍光X線分析の科学調査などを元に顔料や図柄などを特定し、2014年に4分の1サイズ(縦205センチ、横177センチ)で全図模写を制作した。

 模写は、阿弥陀如来と菩薩(ぼさつ)の一行が山奥から往生者を迎えにやって来る様子や春を連想させるサクラが、当初の華やかな色彩で和紙に再現されている。そのほか春季展には、5月8日まで展示する「上品中生図(じょうほんちゅうしょうず)」の押縁に残された落書きの現状模写など計約20点が並ぶ。

 荒木准教授は「原物は巨大な板の壁画だが、非常に細かく繊細に描写されている。当時の往生への思いを感じ取ることができる」と話している。

 6月23日まで(一部展示替えがある)。入場には平等院の拝観料(大人600円)が必要。

【 2017年03月19日 10時40分 】

ニュース写真

  • 初公開された「中品中生図」の想定復元模写(左)と制作者の荒木さん=宇治市宇治・平等院ミュージアム鳳翔館
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      五味太郎さん、ベトナムで講演
      子どもと絵本の関係語る

      20180421000134

       【ハノイ共同】「きんぎょがにげた」などの作品で知られる絵本作家の五味太郎さん(72)が..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      サッカー、長谷部は後半に退場
      ドイツ1部リーグ

      20180422000002

       【フランクフルト(ドイツ)共同】サッカーのドイツ1部リーグは21日、各地で行われ、アイ..... [ 記事へ ]

      経済

      京都の4百貨店、4カ月ぶり売上増 3月、春物が好調

      20180421000095

       日本百貨店協会が20日に発表した京都市内4百貨店の3月の売上高は、前年同月比1・7%増..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      国際日本研究、11機関が連携 日文研がデータ提供も

      20180418000118

       「国際日本研究」に関わる全国の大学や研究所など11機関による連携組織「国際日本研究コン..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      海底の岩塊「短期間で化石化」
      頑丈なトンネルに応用も

      20180420000170

       海底に沈んだ生物の死骸を覆って化石化させる球状の岩の塊が、従来考えられていたよりもはる..... [ 記事へ ]

      国際

      国連で「琉球独立」主張
      先住民会議、米基地問題も

      20180421000071

       【ニューヨーク共同】米ニューヨークの国連本部で開催中の先住民問題の会議に、沖縄独立を掲..... [ 記事へ ]