出版案内
福祉事業団

うららか、紅白の点描に春の香り 京都・北野天満宮梅苑

今出川通に面した「一の鳥居」から伸びる参道の西側に梅苑が広がる。週末には散策路を埋めるほどの人が訪れる(4日、京都市上京区・北野天満宮)=小型無人機から
今出川通に面した「一の鳥居」から伸びる参道の西側に梅苑が広がる。週末には散策路を埋めるほどの人が訪れる(4日、京都市上京区・北野天満宮)=小型無人機から

 うららかな日和に街並みがかすみ、濃淡入り交じった紅白が枝先でほころぶ。北野天満宮(京都市上京区)は、梅を愛した菅原道真を祭神とする。境内の一角にある梅苑から小型無人機を飛ばすと、巻き起こす風が甘い香りを運んできた。

 本殿前の樹齢350年以上とされるご神木をはじめ、境内には約50種、1500本の梅が植わり、その半数以上が梅苑にある。

 花をめでる「梅花祭」に始まり、梅にちなんで歳時が移ろう。収穫した実を乾燥させた縁起物の「大福梅」づくりは、初夏から秋口の風物詩となっている。年末には枝を刈り込んだ「ずばい」を収穫し、飾り付けて年始の授与品としている。

 道真公は学問の神でもあり、初詣や受験シーズンには合格祈願の参拝者が多い。厳しい冬を越えた梅の花は、今まさに見頃。受験生たちのもとにも、開花の便りは届いているだろうか。

    ◇

 梅苑は3月下旬まで公開予定。入苑料は大人700円(小学生以下350円)。

【 2017年03月20日 20時30分 】

ニュース写真

  • 今出川通に面した「一の鳥居」から伸びる参道の西側に梅苑が広がる。週末には散策路を埋めるほどの人が訪れる(4日、京都市上京区・北野天満宮)=小型無人機から
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      三軒茶屋駅で停電、運転見合わせ
      東急・田園都市線など

      20171019000047

       19日午前9時5分ごろ、東京都世田谷区にある東急電鉄田園都市線の三軒茶屋駅で停電が発生..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      幼い頃からライバル、京都の2人活躍誓う 男子フィギュア

      20171019000061

       世界のトップ選手が集う日本男子フィギュアスケート界で、京都ゆかりの同級生2人が奮闘して..... [ 記事へ ]

      経済

      えとウイスキーの生産ピーク
      サントリー、いぬ年ボトル

      20171019000058

       サントリースピリッツ(東京)は19日、来年のえとのいぬをモチーフにした陶製ボトル入りウ..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      母へ贈り物、藍染めハンカチできた 京都・福知山で体験授業

      20171019000041

       地元伝統の藍染めを体験する授業を、京都府福知山市池部の庵我小が18日行った。3年生10..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      太陽フレア、海側に停電リスク 京大が数理モデル

      20171019000014

       太陽表面の爆発現象「太陽フレア」が起こった際に、日本国内の送電網へ流れ込む電流量を解析..... [ 記事へ ]

      国際

      共産党、規律違反153万人処分
      中国、過去5年に

      20171019000069

       【北京共同】中国の楊暁渡監察相は19日、北京で記者会見し、習近平指導部が発足して以降の..... [ 記事へ ]