出版案内
福祉事業団

水害避難用、木製の舟いずこ 京都、このままでは消滅も

村田治夫さん宅に残る避難用木製ボート。倉庫のはりにつるして保管している(京都市南区)
村田治夫さん宅に残る避難用木製ボート。倉庫のはりにつるして保管している(京都市南区)

 水害時に明治から昭和の中ごろまで使われていた避難用木製ボートの保存・活用を求める声が、京都市内の農家などから出ている。河川沿いの集落で広く普及していたが、徐々に姿を消して今ではほとんど見掛けなくなった。当時の船大工の技術もちりばめられ、伝統技術を知る資料がこのままでは消えかねない。

 避難用ボートは長さが10メートル前後の木製で、当時の有力農家などが所有。自宅倉庫の軒下などに置き、水害時の住民避難や家財の運搬に使っていたという。

 京都市南区の上鳥羽奈須野で農業を営む村田治夫さん(77)宅にも、明治初期につくられたとみられる1隻が残っている。

 上鳥羽は鴨川、桂川、西高瀬川の3河川に囲まれ、昭和中ごろまで大雨や台風の度に浸水被害に悩まされていた。妻の冨久子さん(74)は「1959(昭和34)年の伊勢湾台風でボートに乗り母や姉と避難した。消防や警察も手が回らず、住民の避難のため朝から晩までボートは出っぱなしだった」と振り返る。

 村田さんによると、地域では近隣農家と上鳥羽小にそれぞれ1隻残るだけで、時々地域の子どもに見せて、水害の怖さを教えることはあるが、「このままではやがて消えてしまう」といい、保管・活用で何かいい方法がないか悩んでいる。

 また、木津川、宇治川周辺の京都府南部地域でも利用されていたが、戦後の治水整備で廃棄が進み、山城郷土資料館(木津川市)によると、2、3隻しか残っていないという。同館の横出洋二資料課長は「江戸時代から大正にかけて隆盛した伏見の船大工が制作したものが多い。95年に最後の船大工が亡くなって技術が途絶えた今、当時の技術を語る資料としても貴重」と話し、保存を呼び掛けている。

【 2017年03月20日 21時00分 】

ニュース写真

  • 村田治夫さん宅に残る避難用木製ボート。倉庫のはりにつるして保管している(京都市南区)
  • 上鳥羽小の郷土資料室に寄贈された避難用ボート。児童が地域の歴史や防災について学ぶ際に使われている(京都市南区・上鳥羽小)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      特養虐待疑い「1人介助で外傷」 京都、議会で概要報告

      20180220000183

       京都府宮津市由良の特別養護老人ホーム「安寿の里」で、入所者への虐待があったとされる問題..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      ACL1次リーグ、川崎は2連敗
      柏は引き分け

      20180220000179

       【蔚山(韓国)共同】サッカーのアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)は20日、各地で1..... [ 記事へ ]

      経済

      「深掘りした京都」提供 四条新町に新ホテル開業へ

      20180220000180

       3月1日に京都市中京区で開業するホテルインターゲート京都四条新町の内覧会が20日、現地..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      住民が開く「寺子屋」好評 滋賀「学校と違う面白さ」

      20180220000092

       滋賀県湖南市内の住民組織「石部南学区まちづくり協議会」が同まちづくりセンター(同市石部..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      大阪大、口内医療にAI活用構想
      がんや口内炎、虫歯の診療

      20180220000142

       大阪大とNECは20日、人工知能(AI)を用いたデータ解析を、口の中にできるがんや口内..... [ 記事へ ]

      国際

      英国でKFCが営業不能に
      鶏肉配送遅れで半数以上

      20180220000170

       【ロンドン共同】英国でファストフードのケンタッキーフライドチキン(KFC)が鶏肉の大規..... [ 記事へ ]