出版案内
福祉事業団

水害避難用、木製の舟いずこ 京都、このままでは消滅も

村田治夫さん宅に残る避難用木製ボート。倉庫のはりにつるして保管している(京都市南区)
村田治夫さん宅に残る避難用木製ボート。倉庫のはりにつるして保管している(京都市南区)

 水害時に明治から昭和の中ごろまで使われていた避難用木製ボートの保存・活用を求める声が、京都市内の農家などから出ている。河川沿いの集落で広く普及していたが、徐々に姿を消して今ではほとんど見掛けなくなった。当時の船大工の技術もちりばめられ、伝統技術を知る資料がこのままでは消えかねない。

 避難用ボートは長さが10メートル前後の木製で、当時の有力農家などが所有。自宅倉庫の軒下などに置き、水害時の住民避難や家財の運搬に使っていたという。

 京都市南区の上鳥羽奈須野で農業を営む村田治夫さん(77)宅にも、明治初期につくられたとみられる1隻が残っている。

 上鳥羽は鴨川、桂川、西高瀬川の3河川に囲まれ、昭和中ごろまで大雨や台風の度に浸水被害に悩まされていた。妻の冨久子さん(74)は「1959(昭和34)年の伊勢湾台風でボートに乗り母や姉と避難した。消防や警察も手が回らず、住民の避難のため朝から晩までボートは出っぱなしだった」と振り返る。

 村田さんによると、地域では近隣農家と上鳥羽小にそれぞれ1隻残るだけで、時々地域の子どもに見せて、水害の怖さを教えることはあるが、「このままではやがて消えてしまう」といい、保管・活用で何かいい方法がないか悩んでいる。

 また、木津川、宇治川周辺の京都府南部地域でも利用されていたが、戦後の治水整備で廃棄が進み、山城郷土資料館(木津川市)によると、2、3隻しか残っていないという。同館の横出洋二資料課長は「江戸時代から大正にかけて隆盛した伏見の船大工が制作したものが多い。95年に最後の船大工が亡くなって技術が途絶えた今、当時の技術を語る資料としても貴重」と話し、保存を呼び掛けている。

【 2017年03月20日 21時00分 】

ニュース写真

  • 村田治夫さん宅に残る避難用木製ボート。倉庫のはりにつるして保管している(京都市南区)
  • 上鳥羽小の郷土資料室に寄贈された避難用ボート。児童が地域の歴史や防災について学ぶ際に使われている(京都市南区・上鳥羽小)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      最新スポーツ用車いすを展示
      東京パラへ、名古屋にオープン

      20171214000147

       2020年東京パラリンピックで選手が使用することを目指し、開発が進む最新のスポーツ用車..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      男子ラグビーと女子ソフト、健闘誓う 京都成章が本社訪問

      20171214000150

       今冬や来春に行われる全国大会に出場を決めた京都成章高の男子ラグビー部と女子ソフトボール..... [ 記事へ ]

      経済

      解体予定、機関車いりませんか 近江鉄道、16日イベント

      20171214000135

       近江鉄道は、大正期に製造され昭和末まで活躍した電気機関車を順次解体する方針を決めた。老..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      LINEいじめ相談広がらず 大津市、登録少なく対象拡大

      20171213000155

       大津市は13日、11月から開設した無料通信アプリ「LINE(ライン)」を利用したいじめ..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      はやぶさ2、来年エンジン噴射
      1月から、6月には小惑星接近

      20171214000116

       宇宙航空研究開発機構(JAXA)は14日、小惑星探査機「はやぶさ2」が打ち上げから3年..... [ 記事へ ]

      国際

      韓国取材陣、暴行受け負傷
      北京、中国人警備員から

      20171214000156

       【北京、ソウル共同】北京で14日午前に開かれた中韓の貿易振興行事の会場で、文在寅大統領..... [ 記事へ ]