出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

30年ぶり大法要、稚児70人練り歩く 滋賀・守山、玉林寺

平安装束を着て練り歩く子どもたち(滋賀県守山市洲本町)
平安装束を着て練り歩く子どもたち(滋賀県守山市洲本町)

 滋賀県守山市洲本町の玉林寺の本尊・十一面観世音菩薩(ぼさつ)を30年ぶりに公開する大法要が19、20日に営まれた。好天に恵まれた20日は、約70人の稚児行列が厳かに練り歩いた。

 同寺は延暦年間(782~806年)の創建とされ、地域住民が守っている。本尊(高さ約21センチ)は15年に1度の「中開帳」と、30年に1度の「本開帳」で公開され、今年は本開帳にあたる。

 午前9時45分、平安装束に身を包んだ子どもたちが大曲自治会館を出発し、本堂で花を供えた。近隣の寺院の住職が花びらをかたどった紙をまく「散華」などの儀式を行い、参拝者たちが静かに見守った。

 大曲自治会長の堀江清さん(66)は「この寺は昔から『観音さん』と親しまれ、地蔵盆も開かれる安らぎの場。子どもたちの思い出となり、また30年後を迎えてほしい」と話していた。

【 2017年03月21日 11時50分 】

ニュース写真

  • 平安装束を着て練り歩く子どもたち(滋賀県守山市洲本町)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      大麻リキッド所持疑いで男追送検
      近畿地方で初、今年からまん

      20180625000064

       電子たばこで成分を蒸発させて吸引する「大麻リキッド」を所持していたとして、近畿厚生局麻..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      新大関栃ノ心、気持ち新た
      番付「字が大きくなった」

      20180625000063

       新大関の栃ノ心が25日、愛知県春日井市の春日野部屋の宿舎で記者会見し、番付表を見て「字..... [ 記事へ ]

      経済

      三村氏が相談役退任、新日鉄住金
      制度は継続

      20180625000075

       新日鉄住金は25日、三村明夫相談役が同日付で退任したと発表した。任期5年の社内規定に基..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      「一人でいる子、声をかけて」 夜回り先生、京都で講演

      20180623000053

       「夜回り先生」として知られる水谷修さんが22日、京都府綾部市岡町の綾部高で講演した。い..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      田んぼの水路、小ブナぴちぴち 滋賀で観察会、30センチ大物も

      20180625000032

       田んぼの水路で魚を捕まえたり観察したりする催しが24日、滋賀県彦根市田附町の水田で開か..... [ 記事へ ]

      国際

      インドネシア発便、成田で油漏れ
      滑走路が一時閉鎖

      20180625000071

       25日午前8時45分ごろ、インドネシア・エアアジアXのデンパサール発成田行き403便エ..... [ 記事へ ]