出版案内
福祉事業団

「まちの人間国宝さん」対談、町おこし考える 京都・亀岡

「まちの人間国宝さん」の(右から)水谷さんと若林さんの対談を通じて、町おこしを考える参加者たち+=京都亀岡市安町
「まちの人間国宝さん」の(右から)水谷さんと若林さんの対談を通じて、町おこしを考える参加者たち+=京都亀岡市安町

 京都府亀岡市を拠点に活動する市民団体が20日、町おこしの在り方を考えるイベントを安町の交流拠点「安町ホーム 和の家」で開いた。府内各地で地域活性化に携わる「まちの人間国宝さん」による対談などがあった。

 同団体は、同志社大大学院の公開講座の参加者でつくる「70’S PROJECT」。2015年1月から「まちの人間国宝さん」を発掘する取り組みを始め、これまでに4人を認定した。イベントは昨年に続き2回目で、町おこしの実例を学んでいる。

 「伏見城研究会」に所属する若林正博さん(48)=京都市伏見区=と、南丹市日吉町でコミュニティースペース「わっかっか!」を運営する水谷千里さん(50)=南丹市日吉町=が対談した。

 若林さんは研究会の中心メンバーとして、城下町散策や写真展、冊子の発行などを手掛けており、「研究成果を地域の人に伝えることが大切。住民同士の会話を生み、絆が深まる」と強調した。

 大阪府吹田市出身の水谷さんは移住者目線で町おこしの難しさを指摘し、「やりたいことを発信し続けることが大事で、地域には協力してくれる人が必ずいる」と語った。

 亀岡市内外の12人が参加し、飲食や意見交換しながら交流した。

【 2017年03月21日 12時32分 】

ニュース写真

  • 「まちの人間国宝さん」の(右から)水谷さんと若林さんの対談を通じて、町おこしを考える参加者たち+=京都亀岡市安町
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      最南端スキー場、存続へ
      宮崎、入場者最低でも経営改善

      20170329000074

       宮崎県五ケ瀬町は29日、入場者の減少を理由に閉鎖を検討していた日本最南端のスキー場「五..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      サッカーW杯、ブラジルが出場権
      南米予選、世界最速で突破

      20170329000032

       サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会南米予選は28日、各地で行われ、首位のブラジ..... [ 記事へ ]

      経済

      東証もみ合い、終値は14円高
      1万9217円

      20170329000077

       29日の東京株式市場は利益確定の売りと円高一服を好感した買いが交錯し、日経平均株価(2..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      「あられグラノーラ」高校生が商品化 京都、牛乳かけて食べて

      20170327000048

       京都すばる高(京都市伏見区)の3年生たちが、京都産の黒米やドライフルーツを使って、あら..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      叡電に環境ラッピング列車 京都

      20170329000054

       米国で地球温暖化対策の規制を見直す方針が示され、パリ協定の行く末が懸念される中、地球温..... [ 記事へ ]

      国際

      トランプ氏、支持率36%
      就任後最低、法案撤回響く

      20170329000063

       【ワシントン共同】トランプ米大統領の支持率が就任後最低の36%に落ち込んだとする最新世..... [ 記事へ ]