出版案内
福祉事業団

「まちの人間国宝さん」対談、町おこし考える 京都・亀岡

「まちの人間国宝さん」の(右から)水谷さんと若林さんの対談を通じて、町おこしを考える参加者たち+=京都亀岡市安町
「まちの人間国宝さん」の(右から)水谷さんと若林さんの対談を通じて、町おこしを考える参加者たち+=京都亀岡市安町

 京都府亀岡市を拠点に活動する市民団体が20日、町おこしの在り方を考えるイベントを安町の交流拠点「安町ホーム 和の家」で開いた。府内各地で地域活性化に携わる「まちの人間国宝さん」による対談などがあった。

 同団体は、同志社大大学院の公開講座の参加者でつくる「70’S PROJECT」。2015年1月から「まちの人間国宝さん」を発掘する取り組みを始め、これまでに4人を認定した。イベントは昨年に続き2回目で、町おこしの実例を学んでいる。

 「伏見城研究会」に所属する若林正博さん(48)=京都市伏見区=と、南丹市日吉町でコミュニティースペース「わっかっか!」を運営する水谷千里さん(50)=南丹市日吉町=が対談した。

 若林さんは研究会の中心メンバーとして、城下町散策や写真展、冊子の発行などを手掛けており、「研究成果を地域の人に伝えることが大切。住民同士の会話を生み、絆が深まる」と強調した。

 大阪府吹田市出身の水谷さんは移住者目線で町おこしの難しさを指摘し、「やりたいことを発信し続けることが大事で、地域には協力してくれる人が必ずいる」と語った。

 亀岡市内外の12人が参加し、飲食や意見交換しながら交流した。

【 2017年03月21日 12時32分 】

ニュース写真

  • 「まちの人間国宝さん」の(右から)水谷さんと若林さんの対談を通じて、町おこしを考える参加者たち+=京都亀岡市安町
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      乳幼児の玩具のみ込みに注意
      2センチ以下、喉に詰まりやすい

      20171120000113

       消費者安全調査委員会(消費者事故調)は20日、乳幼児が小さなおもちゃを口に入れ、誤って..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      王者・拳四朗選手の一日追う 山道はって鍛錬

      20171120000088

       京都府城陽市出身で、年末に2度目の防衛戦が決まったボクシング世界WBCライトフライ級王..... [ 記事へ ]

      経済

      東証反落、終値135円安
      円高で業績期待が後退

      20171120000090

       週明け20日の東京株式市場は外国為替相場が円高に振れたことで企業業績拡大への期待が後退..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      博物学の変遷たどる70点 京都、学校歴博で教材展示

      20171120000082

       明治初期から昭和初期にかけて、学校における博物学教育の変遷を紹介した企画展「学校と博物..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      ビワマス遡上「今年こそ」 滋賀・野洲に魚道設置

      20171120000079

       滋賀県の野洲市中心部まで琵琶湖固有種のビワマスが遡上(そじょう)する光景を復活させよう..... [ 記事へ ]

      国際

      NY百貨店、サンタ面会は予約制
      懐疑的な声も

      20171120000101

       米老舗百貨店のメーシーズは19日までに、クリスマスを控えてサンタクロースと会い、記念撮..... [ 記事へ ]