出版案内
福祉事業団

「おんな城主 直虎」男説補強 京都で江戸後期の新史料発表

井伊美術館が発表した「河手家系譜」の一部。「井ノ直虎幼弱」と読める(京都市東山区)
井伊美術館が発表した「河手家系譜」の一部。「井ノ直虎幼弱」と読める(京都市東山区)

 NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」の主人公・井伊直虎は井伊家の女性でなく、戦国大名の今川家から送り込まれた別人の男性だったことを示す2例目の文書を見つけた、と井伊美術館(京都市東山区)が10日、発表した。

 現在有力な説では、井伊直盛の娘次郎法師が直虎を名乗り、戦国時代に遠江(とおとうみ)国(静岡県西部)の井伊谷(いいのや)を支配したとされる。同館は昨年12月にも、所蔵する彦根藩家老木俣(きまた)家の文書を基に、直虎は別人の男性と発表した。

 今回の文書は、同館所蔵の「河手家系譜」。河手家は彦根藩の重臣だったが、本家筋は江戸前期に断絶し、1853(嘉永6)年に再興された。系譜は、分家筋の子孫良旭が1830(文政13)年までに記し、その子良寛が他の文書を引用して追記したという。

 同館によると、直虎に関する記述は全て追記で、2カ所に「直虎」の名が読める。「次郎」や「井伊次郎」とも記され、前後の内容から、この「直虎」と同一人物とする。また河手家の先祖景隆(かげたか)について「景隆、井伊次郎に属す。この次郎は御家(井伊)の者ではない。今川のものなり」との記述があった。景隆は、女性の次郎法師を後見したとされるが、その次郎法師は直盛の娘だと朱で追記されていた。系譜の筆跡は、比較する史料がなく鑑定はできないという。

 井伊達夫館長(74)が昭和40年代に入手。いったん手放したが、20年ほど前に美術商から購入した。今回、「正しい歴史を残したい」と発表したという。会見に同席した京都女子大の母利美和教授(58)は「前回の別の家の史料と内容が一致し信頼性が高い。二次史料だが、積み重ねることで事実に近づく。直虎は別人の男性だ」と話した。

【 2017年04月11日 08時38分 】

ニュース写真

  • 井伊美術館が発表した「河手家系譜」の一部。「井ノ直虎幼弱」と読める(京都市東山区)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      1型糖尿病患者が集団提訴、大阪
      障害年金の支給求め

      20171120000123

       血糖を下げるインスリンが体内でつくれなくなる1型糖尿病の患者9人が20日、病状が改善し..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      王者・拳四朗選手の一日追う 山道はって鍛錬

      20171120000088

       京都府城陽市出身で、年末に2度目の防衛戦が決まったボクシング世界WBCライトフライ級王..... [ 記事へ ]

      経済

      東証反落、終値135円安
      円高で業績期待が後退

      20171120000090

       週明け20日の東京株式市場は外国為替相場が円高に振れたことで企業業績拡大への期待が後退..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      博物学の変遷たどる70点 京都、学校歴博で教材展示

      20171120000082

       明治初期から昭和初期にかけて、学校における博物学教育の変遷を紹介した企画展「学校と博物..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      ビワマス遡上「今年こそ」 滋賀・野洲に魚道設置

      20171120000079

       滋賀県の野洲市中心部まで琵琶湖固有種のビワマスが遡上(そじょう)する光景を復活させよう..... [ 記事へ ]

      国際

      NY百貨店、サンタ面会は予約制
      懐疑的な声も

      20171120000101

       米老舗百貨店のメーシーズは19日までに、クリスマスを控えてサンタクロースと会い、記念撮..... [ 記事へ ]