出版案内
福祉事業団

1本に濃淡2色の桜 京都・大堰川緑地公園

濃淡の違いが鮮やかな花々
濃淡の違いが鮮やかな花々

 京都府南丹市八木町の大堰川緑地公園にあるソメイヨシノの1本が2色の花を咲かせた。鮮やかな濃淡のピンクの違いが、桜並木を散策する人たちを驚かせている。

 同公園には、遊歩道沿いにソメイヨシノやしだれ桜など約150本が植えられている。公園南東側の大堰川沿いにあるソメイヨシノの1本の枝だけが、園内のシダレザクラのような赤みがかったピンクの花をつけた。

 遊歩道からも色の違いが一目で確認でき、市民らが木の下で立ち止まって花を見上げたり、スマートフォンで撮影したりしている。昨年春、花を確認した同町の八木敏光さん(75)は「山登りなどで多くの植物を観察してきたが、このような桜は初めて」と驚く。

 八木さんから連絡を受け、12日に同公園を訪れた京都府立植物園(京都市左京区)の長澤淳一園長は「ソメイヨシノではあまり例がないが、枝ができる時に突然変異が起こったのだろう。色の違いも大きく、珍しい現象」と指摘する。

 同公園の桜は今週末頃まで楽しめるという。

【 2017年04月13日 10時40分 】

ニュース写真

  • 濃淡の違いが鮮やかな花々
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      70、90代の姉妹自殺か、川崎
      小田急柿生駅で飛び込み

      20170424000131

       24日午後2時25分ごろ、川崎市麻生区の小田急小田原線柿生駅で、女性2人が新宿発新松田..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      大学スポーツ振興目指す 関西で連携組織発足へ

      20170424000156

       米国をモデルに日本の大学スポーツの振興を目指す国の指針を踏まえ、京滋など関西の大学教員..... [ 記事へ ]

      経済

      心も満たす幸せ社食 京都の企業、おしゃれに充実

      20170424000151

       ランチは午後からの仕事の活力源だ。外食もいいけれど、やっぱり第一の選択肢は懐に優しい社..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      カンボジアの子、生き生き 京都外大生、絵本交流を紹介

      20170424000056

       カンボジアの子どもに手作りの絵本を贈る活動を続けている京都外国語大(京都市右京区)のボ..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      偽肝炎薬が病院にも流通
      和歌山市、患者には渡らず

      20170424000051

       C型肝炎治療薬「ハーボニー」の偽造品15本が1月、東京都や奈良県で相次いで見つかった問..... [ 記事へ ]

      国際

      大統領令連発、戦後最多へ
      トランプ氏、実績作り躍起

      20170424000082

       【ワシントン共同】トランプ米大統領は政権発足100日を迎える29日を前にエネルギーや農..... [ 記事へ ]