出版案内
福祉事業団

手描き更紗、柔らかに開く花々 京都で故青木寿恵さん作品展

今回の作品展で初めて公開された「芙蓉の花」(向日市寺戸町・寿恵更紗ミュージアム)
今回の作品展で初めて公開された「芙蓉の花」(向日市寺戸町・寿恵更紗ミュージアム)

 草木染の手描き更紗(さらさ)作家の故青木寿恵(すえ)さん(1926~2010年)が手がけた作品展が15日、京都府向日市寺戸町の寿恵更紗ミュージアムで始まった。今回は「花」をテーマに創作された43点を並べた。

 更紗はインド発祥の染め文様。青木さんは草木染による手描きにこだわり、「寿恵更紗」という独自の作風で知られる。

 初公開の着物「芙蓉(ふよう)の花」は、薄紫色を背景に赤や青でフヨウを描いており、天然染料の柔らかい色合いが目を引く。沖縄の春が題材の着物「春らんまん」は、色とりどりの花にチョウが群がる様子を表現している。

 また、源氏物語をモチーフに登場人物と花を絡めて描いた額装や、カンボジア・アンコールワットの女神を独自の筆致で描写したタペストリーなども展示している。ミュージアム事務局の林宏雄次長は「人工の染料にない色合いや手描きの良さを味わってほしい」と話す。

 5月18日(午前10時~午後4時)まで。月曜休館。一般500円、学生100円。高校生以下と障害者手帳を持った人、東日本大震災の避難者は無料。同ミュージアムTEL(934)6395。

【 2017年04月16日 11時10分 】

ニュース写真

  • 今回の作品展で初めて公開された「芙蓉の花」(向日市寺戸町・寿恵更紗ミュージアム)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      在日女性の日本語学校、高齢化で存続厳しく 京都

      20170430000048

       在日朝鮮・韓国人の女性が日本語を学ぶ「オモニ学校ケナリ」(京都市南区東九条)が、高齢化..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      バイエルン・ミュンヘンが5連覇
      サッカー、ドイツ1部リーグ

      20170430000051

       【ベルリン共同】サッカーのドイツ1部リーグで29日、バイエルン・ミュンヘンが敵地でウォ..... [ 記事へ ]

      経済

      京都の南北高速道路軸、完成祝う 城陽―八幡京田辺が開通

      20170430000052

       新名神高速道路の城陽―八幡京田辺間(3・5キロ)が30日に開通し、城陽市内で記念式典が..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      おなら、毛虫もするのかな… 子の素朴な疑問絵本に

      20170428000058

       毛虫もおならをするのだろうか? そんな素朴な問いが子どもたちの笑いにつながればと、建築..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      平安期以前の原生林、次代に 京都・糺の森で植樹

      20170430000030

       平安時代以前の原生林の姿を今に伝える京都市左京区の下鴨神社・糺の森で29日、市民植樹祭..... [ 記事へ ]

      国際

      ローマ法王「戦争は人類を破壊」
      北朝鮮の緊張、外交解決を

      20170430000023

       【ローマ法王特別機中、共同】ローマ法王フランシスコは29日、緊張が高まる北朝鮮情勢につ..... [ 記事へ ]