出版案内
福祉事業団

手描き更紗、柔らかに開く花々 京都で故青木寿恵さん作品展

今回の作品展で初めて公開された「芙蓉の花」(向日市寺戸町・寿恵更紗ミュージアム)
今回の作品展で初めて公開された「芙蓉の花」(向日市寺戸町・寿恵更紗ミュージアム)

 草木染の手描き更紗(さらさ)作家の故青木寿恵(すえ)さん(1926~2010年)が手がけた作品展が15日、京都府向日市寺戸町の寿恵更紗ミュージアムで始まった。今回は「花」をテーマに創作された43点を並べた。

 更紗はインド発祥の染め文様。青木さんは草木染による手描きにこだわり、「寿恵更紗」という独自の作風で知られる。

 初公開の着物「芙蓉(ふよう)の花」は、薄紫色を背景に赤や青でフヨウを描いており、天然染料の柔らかい色合いが目を引く。沖縄の春が題材の着物「春らんまん」は、色とりどりの花にチョウが群がる様子を表現している。

 また、源氏物語をモチーフに登場人物と花を絡めて描いた額装や、カンボジア・アンコールワットの女神を独自の筆致で描写したタペストリーなども展示している。ミュージアム事務局の林宏雄次長は「人工の染料にない色合いや手描きの良さを味わってほしい」と話す。

 5月18日(午前10時~午後4時)まで。月曜休館。一般500円、学生100円。高校生以下と障害者手帳を持った人、東日本大震災の避難者は無料。同ミュージアムTEL(934)6395。

【 2017年04月16日 11時10分 】

ニュース写真

  • 今回の作品展で初めて公開された「芙蓉の花」(向日市寺戸町・寿恵更紗ミュージアム)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      声からし「最後のお願い」 衆院選、京都・滋賀の街頭

      20171021000148

       衆院選(22日投開票)の選挙運動が最終日を迎えた21日、京都や滋賀の候補者がそれぞれの..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      ダルの先発はWS2戦目か3戦目
      ロバーツ監督が電話会見

      20171022000032

       【ロサンゼルス共同】米大リーグ、ドジャースのロバーツ監督は21日に電話会見し、24日開..... [ 記事へ ]

      経済

      ハロウィーン、幅広い年代に 京都で商戦活況

      20171021000136

       31日のハロウィーンに向け、京都の百貨店や商業施設で関連グッズの販売が本格化している。..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      「日本とフランスの懸け橋に」 京都、学校移転で式典

      20171021000074

       京都市上京区の元待賢小にあったフランス人学校「京都国際フランス学園」が下京区の元有隣小..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      口の中の細菌、腸難病の原因か
      予防や治療に期待

      20171020000004

       普段、口の中にいる細菌が腸の中で増えると、腸に慢性の炎症が起きる潰瘍性大腸炎やクローン..... [ 記事へ ]

      国際

      チェコ、富豪の中道右派が第1党
      不正疑惑で連立協議難航も

      20171022000020

       【プラハ共同】チェコ下院(定数200)選は21日、開票が終了、統計局によると現政権の連..... [ 記事へ ]