出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

山が薄紫色に、ツツジ1000本満開 京都・城陽

ツツジの花が見頃となった鴻ノ巣山(京都府城陽市寺田)
ツツジの花が見頃となった鴻ノ巣山(京都府城陽市寺田)

 京都府城陽市寺田の鴻ノ巣山(標高約118メートル)で、市民が手入れをしているツツジが満開になった。薄紫色の花がハイキングを楽しむ市民を出迎え、楽しませている。

 鴻ノ巣山は市中心部にある水度神社の宮山。社務所から鴻ノ巣山運動公園までの計約2キロの散策路にコバノミツバツツジやモチツツジなど約千本が点在している。

 市民でつくる「鴻ノ巣山を守る会」が手入れや植樹をしており、手軽に森林浴が楽しめると人気がある。今週末までが見頃という。

【 2017年04月19日 10時00分 】

ニュース写真

  • ツツジの花が見頃となった鴻ノ巣山(京都府城陽市寺田)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      裏合意疑惑の庁舎耐震工事解約へ 滋賀・彦根市

      20180524000189

       滋賀県彦根市は24日、地方自治法に違反する「裏合意」があったとされる市役所庁舎耐震整備..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      日大、反則問題で従来の主張踏襲
      意図的指示せず、関学大に再

      20180524000133

       アメリカンフットボールの悪質な反則問題で、日本大は24日、危険なタックルに至った経緯な..... [ 記事へ ]

      経済

      スバル、初のEVはフォレスター
      主力車で環境対応

      20180524000102

       SUBARU(スバル)が、2021年に発売する初の電気自動車(EV)をスポーツタイプ多..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      自主撤去タテカン、これが「表現」 京都市立芸大で展示会

      20180519000121

       景観や安全性を理由とした撤去騒動が起こっている京都大の名物「立て看板」の展示会が19日..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      原発再稼働、地元同意対象拡大を
      福井の市民団体が協定締結要

      20180524000145

       脱原発などを訴える福井県の市民団体が24日、原発再稼働時の「地元同意」の対象を、原発か..... [ 記事へ ]

      国際

      台湾、ブルキナファソと断交
      中国が外交圧力

      20180524000210

       【台北共同】台湾の呉ショウ燮外交部長(外相)は24日夜、緊急記者会見を開き、同日付で西..... [ 記事へ ]