出版案内
福祉事業団

秀吉が寺町造営時の瓦出土 京都、「天正」の銘入り

旧寺町域で出土した「天正拾八年十月吉日」などと刻まれた瓦(京都市上京区・市考古資料館)
旧寺町域で出土した「天正拾八年十月吉日」などと刻まれた瓦(京都市上京区・市考古資料館)

 豊臣秀吉が京都で寺町を造営した時期とされる天正18(1590)年の銘の入った瓦がこのほど、京都市上京区の寺町通沿いの発掘調査で見つかった。旧寺町域で年代が特定できる瓦の出土は初めて。京都市考古資料館(上京区)が22日から速報展で展示する。

 秀吉は天正年間、洛中周囲に御土居を設けたり、各宗派の寺院を鴨川西岸に強制移転させて「寺町」を造営したり、大規模な都市改造を行った。

 瓦は昨秋、民間調査団体による上京区寺町通石薬師下ルの京都御苑東側の発掘調査で、壊れた瓦などを埋めた江戸中期の穴から見つかった。

 屋根の棟の端に飾る大型瓦「獅子口」の一部で、幅30センチ、奥行き40センチ。本堂クラスの大規模な建物に使われていたとみられる。天板の中央に「天正拾(十)八年十月吉日」などと刻まれていた。左右の銘は一部の文字が欠けているものの、「瓦御大工」「福田加賀守」と読めるという。

 現在、屋根のふき替え工事が行われている大徳寺塔頭の黄梅院(北区)の獅子口にも「天正拾四年」「ふく田彦太郎よ志な賀」などと記され、文字の特徴が似ていることが判明しており、同資料館は「秀吉に近い瓦職人の中心人物がそれぞれの銘を刻んだのでは」と推測している。

 市歴史資料館の宇野日出生主任研究員(中世史)は「寺町造営については、各寺院で使った材木に関する文書がある程度で、史料は非常に乏しい。安土桃山から江戸時代の京都の実像を示す貴重な資料だ」としている。

 速報展は5月17日まで。月曜休館。無料。問い合わせは市考古資料館TEL075(432)3245。

【 2017年04月21日 22時21分 】

ニュース写真

  • 旧寺町域で出土した「天正拾八年十月吉日」などと刻まれた瓦(京都市上京区・市考古資料館)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      京都産の米情報PR 府がサイト開設

      20180122000088

       京都府は、府内産米に関する情報を集めたインターネットサイト「KYOTO米」を開設した。..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      2月東京マラソンに設楽悠ら招待
      前回優勝のキプサングも

      20180122000074

       東京マラソン(2月25日)の招待選手が22日発表され、ハーフマラソン日本記録保持者の設..... [ 記事へ ]

      経済

      ピジョン、ベビーカーを無償交換
      1万1千台

      20180122000082

       ピジョンは22日、ベビーカー「ビングル」の一部で前輪が動きにくくなる可能性があるとして..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      希望の春へ願書到着 国公立大2次試験、受け付け開始

      20180122000067

       国公立大の2018年度一般入試2次試験の願書受け付けが22日、各大学で始まった。受験生..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      31日に全国で「皆既月食」
      妖しい色、観察チャンス

      20180121000076

       月が地球の影にすっぽり隠れる「皆既月食」が今月31日夜に日本各地で起きる。夜中までの比..... [ 記事へ ]

      国際

      ペンス副大統領、イスラエル訪問
      国会で米の首都認定説明へ

      20180122000011

       【エルサレム共同】ペンス米副大統領は21日夜、イスラエルに到着した。22日にネタニヤフ..... [ 記事へ ]