出版案内
福祉事業団

「有頂天家族」の聖地、下鴨神社で本物のタヌキに…

境内には主人公のパネルが設置されている。撮影するファンの姿もみられる(京都市左京区・下鴨神社)
境内には主人公のパネルが設置されている。撮影するファンの姿もみられる(京都市左京区・下鴨神社)

 下鴨神社(京都市左京区)の境内に、なぜかアニメキャラクターのパネルが立っている。大勢の参拝者の中で、記念撮影する若者らの姿もある。

 人に化けるタヌキや天狗(てんぐ)らが京都を舞台に大騒動を巻き起こすアニメ「有頂天家族」。パネルはその主人公「下鴨矢三郎」だ。作品は森見登美彦さんの小説が原作で、2013年にKBS京都などで放映された。

 奇想天外な世界観が人気を呼んだ。京都駅や出町桝形商店街など、京都でよく知られた建物や風景がリアルに描かれているのも大きな魅力になっている。放映シーンと同じ場所を探して街を歩き、写真を撮って回るファンが今も絶えない。

 主人公らのタヌキ一家「下鴨家」が暮らすのが、下鴨神社の境内に広がる糺の森。有頂天家族がお目当てなのか、ここ数年、若い参拝者が増えているという。また、海外からもファンが訪れる。

 糺の森には、実際にタヌキがすむ。権禰宜(ごんねぎ)の東良勝文さん(39)は「雪駄(せった)をくわえて逃げたり、悪さばかりしていたが、作品を見てから『あれは下鴨一家かな』と思うようになった」とほほ笑む。

 4月からはテレビで続編が始まった。ブームにまた火が付きそうだ。「作品をきっかけに足を運んでくれるようになればうれしい」と東良さん。

 取材中、森でタヌキと出合った。暖かい日だったので日なたぼっこでもしていたのだろうか。もしかしたら矢三郎かも、と近づいたら、急いで巣に逃げられた。

◆近年、アニメに登場する地をファンが巡る「聖地巡礼」がブームだ。京都にも、アニメだけでなく映画や小説などの舞台が数々ある。そうした「聖地」と呼ばれる場所を訪ね、人を引きつけるワケを探る。

【 2017年04月23日 17時10分 】

ニュース写真

  • 境内には主人公のパネルが設置されている。撮影するファンの姿もみられる(京都市左京区・下鴨神社)
  • 糺の森で見つけたタヌキ。記者に気づいて巣に逃げた
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      あわや水路転落、クレーンで車救助 京都、事故で社員連携

      20171122000070

       交通事故現場で社員の連携で救助活動をしたとして、京都府警南丹署は21日、京都府南丹市園..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      ロッテ、京大出身の田中英が引退
      大手商社へ就職

      20171122000052

       2015年にドラフト2位で入団して京大出身初のプロ野球選手となったロッテの田中英祐投手..... [ 記事へ ]

      経済

      初乗り値下げで利用者増なるか 京都府タクシー協会が懇談会

      20171122000022

       京都市域のタクシー運賃改定に向け、京都府タクシー協会は21日、消費者や労働者の代表らと..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      デジタル断食で健康増進を 京大、朝原さんらパネル討論

      20171120000143

       学生や教職員の健康増進を目指した京都大のヘルシーキャンパス運動の開始記念フォーラムが2..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      iPSでアルツハイマー予防薬 京大、組み合わせ候補発見

      20171122000013

       アルツハイマー病の原因物質の生産を抑制する既存薬の組み合わせを、京都大iPS細胞研究所..... [ 記事へ ]

      国際

      トランプ氏、七面鳥に恩赦
      オバマ氏の決定「覆さず」

      20171122000019

       【ワシントン共同】トランプ米大統領は21日、米国の家庭で伝統的に七面鳥料理が振る舞われ..... [ 記事へ ]