出版案内
福祉事業団

「有頂天家族」の聖地、下鴨神社で本物のタヌキに…

境内には主人公のパネルが設置されている。撮影するファンの姿もみられる(京都市左京区・下鴨神社)
境内には主人公のパネルが設置されている。撮影するファンの姿もみられる(京都市左京区・下鴨神社)

 下鴨神社(京都市左京区)の境内に、なぜかアニメキャラクターのパネルが立っている。大勢の参拝者の中で、記念撮影する若者らの姿もある。

 人に化けるタヌキや天狗(てんぐ)らが京都を舞台に大騒動を巻き起こすアニメ「有頂天家族」。パネルはその主人公「下鴨矢三郎」だ。作品は森見登美彦さんの小説が原作で、2013年にKBS京都などで放映された。

 奇想天外な世界観が人気を呼んだ。京都駅や出町桝形商店街など、京都でよく知られた建物や風景がリアルに描かれているのも大きな魅力になっている。放映シーンと同じ場所を探して街を歩き、写真を撮って回るファンが今も絶えない。

 主人公らのタヌキ一家「下鴨家」が暮らすのが、下鴨神社の境内に広がる糺の森。有頂天家族がお目当てなのか、ここ数年、若い参拝者が増えているという。また、海外からもファンが訪れる。

 糺の森には、実際にタヌキがすむ。権禰宜(ごんねぎ)の東良勝文さん(39)は「雪駄(せった)をくわえて逃げたり、悪さばかりしていたが、作品を見てから『あれは下鴨一家かな』と思うようになった」とほほ笑む。

 4月からはテレビで続編が始まった。ブームにまた火が付きそうだ。「作品をきっかけに足を運んでくれるようになればうれしい」と東良さん。

 取材中、森でタヌキと出合った。暖かい日だったので日なたぼっこでもしていたのだろうか。もしかしたら矢三郎かも、と近づいたら、急いで巣に逃げられた。

◆近年、アニメに登場する地をファンが巡る「聖地巡礼」がブームだ。京都にも、アニメだけでなく映画や小説などの舞台が数々ある。そうした「聖地」と呼ばれる場所を訪ね、人を引きつけるワケを探る。

【 2017年04月23日 17時10分 】

ニュース写真

  • 境内には主人公のパネルが設置されている。撮影するファンの姿もみられる(京都市左京区・下鴨神社)
  • 糺の森で見つけたタヌキ。記者に気づいて巣に逃げた
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      衆院解散目前、地元で臨戦態勢 京都や滋賀で活動本格化

      20170923000138

       衆院解散が迫り、各党が公約作りなど選挙準備を本格化させて初の週末となった23日、地元入..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      米ゴルフ、松山は振るわず26位
      プレーオフ最終戦第3日

      20170924000013

       【アトランタ共同】米男子ゴルフのプレーオフ最終戦、ツアー選手権は23日、アトランタのイ..... [ 記事へ ]

      経済

      待ってました、京都産マツタケ初入荷 今年は豊作?

      20170923000114

       秋の味覚、マツタケの京都産の初物が23日、京都市中京区の特産品専門店に入荷した。この時..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      「赤ちゃん抱っこ、緊張した」 京都・東舞鶴高生

      20170923000046

       育児について学ぶ授業が22日、京都府舞鶴市泉源寺の東舞鶴高であった。1年生の男女約80..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      ヨシの家、見栄え良し 滋賀県立大生が作品を展示

      20170923000025

       観光名所である滋賀県近江八幡市多賀町の八幡堀沿いに、ヨシ原をイメージして滋賀県立大環境..... [ 記事へ ]

      国際

      米爆撃機、北朝鮮沖を飛行
      「今世紀で最も北まで」

      20170924000009

       【ワシントン共同】米国防総省は23日、米空軍のB1戦略爆撃機などが北朝鮮の東方沖合の国..... [ 記事へ ]