出版案内
福祉事業団

180回の節目、芸舞妓ら華麗な群舞 京都「鴨川をどり」前夜祭

鴨川をどりの前夜祭で、180回の節目を優美な舞で祝う芸舞妓ら(30日午後2時21分、京都市中京区・先斗町歌舞練場)
鴨川をどりの前夜祭で、180回の節目を優美な舞で祝う芸舞妓ら(30日午後2時21分、京都市中京区・先斗町歌舞練場)

 新緑の京都を彩る「180回記念 鴨川をどり」(1~24日)の前夜祭が30日、京都市中京区の先斗町歌舞練場で開かれた。芸舞妓が、平安末期の女性の活躍や、幕末の京都を題材にした優雅な舞踊を披露した。

 鴨川をどりは1872年に始まり、年2回公演の時期を経て、180回目を迎えた。今回は2部構成で芸舞妓48人が出演する。

 第1部の「源平女人譚(にょにんものがたり)」は、武将の源(木曽)義仲を巡る巴御前ら女性3人の生きざまを描いた舞踊劇。りりしい立ち回りを交え、嫉妬で身を滅ぼす女武将の悲恋を熱演した。

 大政奉還150年にちなんだ純舞踊「八千代壽(ももやちよはなの)先斗町」(第2部)では、「ええじゃないか」と踊る人々の熱気や、志士の秘めた恋、徳川慶喜の苦悩と決断など多彩な場面を披露した。

 日頃の感謝と一層の精進を誓う口上の後、フィナーレの総踊り「菊花」となり、芸舞妓が大政奉還と鴨川をどりの節目を華麗な群舞で祝った。

 連日3回公演。2300~4800円。問い合わせは先斗町歌舞会TEL075(221)2025。

【 2017年04月30日 23時04分 】

ニュース写真

  • 鴨川をどりの前夜祭で、180回の節目を優美な舞で祝う芸舞妓ら(30日午後2時21分、京都市中京区・先斗町歌舞練場)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      合掌造り包む柔らかな光、岐阜
      白川郷ライトアップ

      20180121000106

       岐阜県白川村の白川郷で21日、世界文化遺産に登録されている合掌造り集落がライトアップさ..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      新戦力と守備戦術確認 サンガ、今季初練習試合

      20180121000121

       J2京都サンガFCは21日、今季初の練習試合を東城陽グラウンドで行い、サンガU-18と..... [ 記事へ ]

      経済

      伏見の搾りたて新酒飲み比べ 京都で酒蔵開き

      20180121000098

       京都市伏見区の伏見銘酒協同組合は21日、今シーズンの新酒を提供する「酒蔵開き」を組合の..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      遺骨87体未返還、尊厳無視 <医の倫理根源 京大の収集>

      20180121000089

       京都大は、大正時代から京都帝国大医学部の清野謙次教授らが収集したアイヌ民族の遺骨のほか..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      31日に全国で「皆既月食」
      妖しい色、観察チャンス

      20180121000076

       月が地球の影にすっぽり隠れる「皆既月食」が今月31日夜に日本各地で起きる。夜中までの比..... [ 記事へ ]

      国際

      フィギュア北朝鮮ペア、台北入り
      四大陸選手権で、平昌出場に

      20180121000063

       【台北共同】平昌冬季五輪への出場が決まった北朝鮮のフィギュアスケートペアのリョム・テオ..... [ 記事へ ]