出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

祇園祭「鷹山」、波乱の歴史紹介 京都、ご神体人形など一堂に

屋根のついた鷹山(右)を描いた「山鉾由来記」
屋根のついた鷹山(右)を描いた「山鉾由来記」

 祇園祭の「休み山」(焼け山)で現在再建中の鷹(たか)山の歴史をたどる企画展「鷹山ふたたび-祇園祭鷹山復興支援展」が、京都市上京区寺町通丸太町上ルの市歴史資料館で開かれている。1年で祭りの数日間しか見られないご神体人形や、鷹山を記述した文書や絵画史料などを展示している。

 鷹山は、中京区三条通室町西入ルの衣棚町にあった後祭(あとまつり)の曳山(ひきやま)だった。応仁の乱以前は「鷹つかひ山」と呼ばれ、乱の後の1500(明応9)年に33年ぶりに復活した山鉾巡行にも参加した。

 1788(天明8)年の天明の大火で被災し、復興するものの、1826(文政9)年の大雨で懸装品が被害に遭い、翌年から巡行に不参加。幕末の元治の大火(1864年)でも被災した。2014年に囃子(はやし)方が復活し、不参加から200年の節目となる26年までの復活を目指して再建中だ。

 展示では、会所飾りでしか見られない、頭部の焼失を免れた「鷹遣(たかつかい)」「犬遣(いぬつかい)」「樽負(たるおい)」の3体のご神体人形、天明の大火の焼失場所を記した当時のかわら版、屋根がついた鷹山の最古の絵画史料である1757(宝暦7)年の山鉾由来記(御霊会細記)、鷹山を描いた最古の作例の「日吉山王祇園祭祭礼図屏風」(サントリー美術館蔵)のパネルなど、鷹山に関係する資料が一堂に会した。

 展示は7月18日までの午前9時~午後5時まで。月曜、祝休日は休館。展示替えがある。無料。

【 2017年05月10日 09時09分 】

ニュース写真

  • 屋根のついた鷹山(右)を描いた「山鉾由来記」
  • 鷹山のご神体人形。通常は7月の数日間しか見られない(京都市上京区・市歴史資料館)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      宮崎・硫黄山で小規模噴火
      6日ぶり、レベル3継続

      20180426000171

       宮崎県えびの市にある霧島連山・えびの高原(硫黄山)で26日午後6時15分ごろ、ごく小規..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      カーリング、日本がプレーオフへ
      世界混合ダブルス

      20180427000003

       【エステルスンド(スウェーデン)共同】カーリング混合ダブルスの世界選手権は26日、スウ..... [ 記事へ ]

      経済

      ワコール「脱下着依存」へ 31年ぶりトップ交代

      20180426000217

       ワコールホールディングスが、塚本能交社長から安原弘展副社長へ、31年ぶりとなるトップ交..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      「キャップ投げ」世界へ 京大生の挑戦、10月イタリアで披露

      20180424000102

       ペットボトルのキャップを、投げる。ただそれだけのことに、己のすべてを賭ける19歳がいる..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      初の素粒子衝突に成功、高エネ研
      新型加速器、宇宙誕生を再現

      20180426000027

       高エネルギー加速器研究機構(茨城県)は26日、旧型加速器を改良した新型加速器「スーパー..... [ 記事へ ]

      国際

      在位44年223日、最長記録
      スウェーデン国王、650年ぶ

      20180427000002

       【ロンドン共同】スウェーデンのカール16世グスタフ国王(71)が26日、在位44年22..... [ 記事へ ]