出版案内
福祉事業団

祇園祭「鷹山」、波乱の歴史紹介 京都、ご神体人形など一堂に

屋根のついた鷹山(右)を描いた「山鉾由来記」
屋根のついた鷹山(右)を描いた「山鉾由来記」

 祇園祭の「休み山」(焼け山)で現在再建中の鷹(たか)山の歴史をたどる企画展「鷹山ふたたび-祇園祭鷹山復興支援展」が、京都市上京区寺町通丸太町上ルの市歴史資料館で開かれている。1年で祭りの数日間しか見られないご神体人形や、鷹山を記述した文書や絵画史料などを展示している。

 鷹山は、中京区三条通室町西入ルの衣棚町にあった後祭(あとまつり)の曳山(ひきやま)だった。応仁の乱以前は「鷹つかひ山」と呼ばれ、乱の後の1500(明応9)年に33年ぶりに復活した山鉾巡行にも参加した。

 1788(天明8)年の天明の大火で被災し、復興するものの、1826(文政9)年の大雨で懸装品が被害に遭い、翌年から巡行に不参加。幕末の元治の大火(1864年)でも被災した。2014年に囃子(はやし)方が復活し、不参加から200年の節目となる26年までの復活を目指して再建中だ。

 展示では、会所飾りでしか見られない、頭部の焼失を免れた「鷹遣(たかつかい)」「犬遣(いぬつかい)」「樽負(たるおい)」の3体のご神体人形、天明の大火の焼失場所を記した当時のかわら版、屋根がついた鷹山の最古の絵画史料である1757(宝暦7)年の山鉾由来記(御霊会細記)、鷹山を描いた最古の作例の「日吉山王祇園祭祭礼図屏風」(サントリー美術館蔵)のパネルなど、鷹山に関係する資料が一堂に会した。

 展示は7月18日までの午前9時~午後5時まで。月曜、祝休日は休館。展示替えがある。無料。

【 2017年05月10日 09時09分 】

ニュース写真

  • 屋根のついた鷹山(右)を描いた「山鉾由来記」
  • 鷹山のご神体人形。通常は7月の数日間しか見られない(京都市上京区・市歴史資料館)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      醍醐駅だけ乗客減、人口減影響か 京都市地下鉄、烏丸線好調

      20170722000187

       2016年度までの8年間で1日当たりの乗客数が5万人増えた京都市営地下鉄の全31駅で、..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      神戸ポドルスキ、別格の存在感
      実戦デビューでアシスト

      20170722000183

       J1神戸に加入した元ドイツ代表FWポドルスキが22日、仙台市のユアテックスタジアム仙台..... [ 記事へ ]

      経済

      ロボットで基盤接続、対応コネクタ 京セラが新製品

      20170722000140

       京セラは、基板同士をつなぐ部品コネクタで、ロボットによる取り付けに対応した製品を発売し..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      京都の学生、知的国際交流 テーブル囲み3年目

      20170722000106

       観光や仕事で京都を訪れる外国人の中で、特定の分野に秀でたアーティストや研究者らを招き、..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      南半球海域にマンボウ新種
      日豪研究チームが確認

      20170722000018

       オーストラリアやニュージーランド近海など南半球の温帯海域に、新種のマンボウが生息すると..... [ 記事へ ]

      国際

      ダイアナ元妃の愛用品展示
      死後20年、ロンドンの宮殿

      20170722000127

       【ロンドン共同】今年で死後20年となる英国のダイアナ元皇太子妃をしのび、ロンドン中心部..... [ 記事へ ]