出版案内
福祉事業団

祇園祭「鷹山」、波乱の歴史紹介 京都、ご神体人形など一堂に

屋根のついた鷹山(右)を描いた「山鉾由来記」
屋根のついた鷹山(右)を描いた「山鉾由来記」

 祇園祭の「休み山」(焼け山)で現在再建中の鷹(たか)山の歴史をたどる企画展「鷹山ふたたび-祇園祭鷹山復興支援展」が、京都市上京区寺町通丸太町上ルの市歴史資料館で開かれている。1年で祭りの数日間しか見られないご神体人形や、鷹山を記述した文書や絵画史料などを展示している。

 鷹山は、中京区三条通室町西入ルの衣棚町にあった後祭(あとまつり)の曳山(ひきやま)だった。応仁の乱以前は「鷹つかひ山」と呼ばれ、乱の後の1500(明応9)年に33年ぶりに復活した山鉾巡行にも参加した。

 1788(天明8)年の天明の大火で被災し、復興するものの、1826(文政9)年の大雨で懸装品が被害に遭い、翌年から巡行に不参加。幕末の元治の大火(1864年)でも被災した。2014年に囃子(はやし)方が復活し、不参加から200年の節目となる26年までの復活を目指して再建中だ。

 展示では、会所飾りでしか見られない、頭部の焼失を免れた「鷹遣(たかつかい)」「犬遣(いぬつかい)」「樽負(たるおい)」の3体のご神体人形、天明の大火の焼失場所を記した当時のかわら版、屋根がついた鷹山の最古の絵画史料である1757(宝暦7)年の山鉾由来記(御霊会細記)、鷹山を描いた最古の作例の「日吉山王祇園祭祭礼図屏風」(サントリー美術館蔵)のパネルなど、鷹山に関係する資料が一堂に会した。

 展示は7月18日までの午前9時~午後5時まで。月曜、祝休日は休館。展示替えがある。無料。

【 2017年05月10日 09時09分 】

ニュース写真

  • 屋根のついた鷹山(右)を描いた「山鉾由来記」
  • 鷹山のご神体人形。通常は7月の数日間しか見られない(京都市上京区・市歴史資料館)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      元米軍属に無期懲役求刑、沖縄
      女性殺害事件、弁護側は殺意否

      20171124000044

       沖縄県うるま市で昨年4月、女性会社員=当時(20)=を暴行し殺害したとして、殺人などの..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      広島がリーグ連覇のお礼参り
      小窪「報告できて良かった」

      20171124000073

       広島が24日、リーグ連覇を果たしたお礼のため、広島市内の護国神社を参拝した。松田オーナ..... [ 記事へ ]

      経済

      ファミマ、コインランドリー参入
      集客増を狙い、500店展開

      20171124000075

       ファミリーマートは24日、コインランドリー事業に参入すると発表した。駐車場がある敷地の..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      オンラインゲームでおすすめ図書推薦 同大教授ら開発

      20171123000048

       個々の関心に合う本を紹介する小中学生対象のオンラインゲームを、同志社大の原田隆史教授(..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      中間貯蔵施設、18年に計画地点
      大飯再稼働、福井県知事同意

      20171123000109

       関西電力の岩根茂樹社長は23日、福井県内に持つ原発の使用済み核燃料を一時保管する中間貯..... [ 記事へ ]

      国際

      韓国、前高官の逮捕可否決定へ
      文政権で初

      20171124000053

       【ソウル共同】韓国大統領府の田炳憲前政務首席秘書官(19日付で辞任)が2015年にテレ..... [ 記事へ ]