出版案内
福祉事業団

モダン住宅「聴竹居」国重文へ 京都の建造物298件に

建築家が建てた自邸として、京都府内で初めて重要文化財指定の答申を受けた聴竹居の本屋(京都府大山崎町大山崎)
建築家が建てた自邸として、京都府内で初めて重要文化財指定の答申を受けた聴竹居の本屋(京都府大山崎町大山崎)

 国の文化審議会(馬渕明子会長)は19日、昭和初期の代表的な木造モダニズム住宅として知られる京都府大山崎町の聴竹居(旧藤井厚二自邸)など10件を重要文化財に指定するよう松野博一文部科学相に答申した。

 近く答申通り告知され、建造物の重文は全国で2474件、府内では298件となる。

 聴竹居は、生活の中心となる本屋と、書斎兼趣味の別棟である閑室と茶室の計3棟から成る。京都帝国大(現京都大)教授の藤井厚二(1888~1938年)が、建築環境工学の理論に基づき設計しており、建築家が建てた自邸の重文指定は府内で初めて。

 藤井は、日本の気候風土や日本人の感性に合った和洋折衷の木造住宅を追求。実験的な自宅の設計と建築を重ね、5例目の聴竹居が最終形となる。本屋と閑室が1928年に完成。茶室は33年までに設けられた。

 本屋は、幾何学的なデザインと伝統的なしつらえを融合し、夏の暑さ対策として床下から天井に空気を逃がす構造など随所に快適さを得る工夫が施されている。閑室と茶室は、数寄屋の意匠を基調としながら、洋間を設ける自由な構成となっている。

 住宅を管理・一般公開する「聴竹居倶楽部」の代表理事で、所有者の竹中工務店の松隈章・設計企画部副部長は「戦前や戦中の昭和の建造物が次々と壊されている。何百年と受け継いでいく覚悟で保存に当たりたい」と話している。

【 2017年05月19日 23時00分 】

ニュース写真

  • 建築家が建てた自邸として、京都府内で初めて重要文化財指定の答申を受けた聴竹居の本屋(京都府大山崎町大山崎)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      醍醐駅だけ乗客減、人口減影響か 京都市地下鉄、烏丸線好調

      20170722000187

       2016年度までの8年間で1日当たりの乗客数が5万人増えた京都市営地下鉄の全31駅で、..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      神戸ポドルスキ、別格の存在感
      実戦デビューでアシスト

      20170722000183

       J1神戸に加入した元ドイツ代表FWポドルスキが22日、仙台市のユアテックスタジアム仙台..... [ 記事へ ]

      経済

      ロボットで基盤接続、対応コネクタ 京セラが新製品

      20170722000140

       京セラは、基板同士をつなぐ部品コネクタで、ロボットによる取り付けに対応した製品を発売し..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      京都の学生、知的国際交流 テーブル囲み3年目

      20170722000106

       観光や仕事で京都を訪れる外国人の中で、特定の分野に秀でたアーティストや研究者らを招き、..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      南半球海域にマンボウ新種
      日豪研究チームが確認

      20170722000018

       オーストラリアやニュージーランド近海など南半球の温帯海域に、新種のマンボウが生息すると..... [ 記事へ ]

      国際

      ダイアナ元妃の愛用品展示
      死後20年、ロンドンの宮殿

      20170722000127

       【ロンドン共同】今年で死後20年となる英国のダイアナ元皇太子妃をしのび、ロンドン中心部..... [ 記事へ ]