出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

ニホンミツバチ、京都の神社に巣 近年激減、専門家「珍しい」

本殿の床下で見つかったニホンミツバチの巣(南丹市園部町・天引八幡神社)
本殿の床下で見つかったニホンミツバチの巣(南丹市園部町・天引八幡神社)

 京都府南丹市園部町天引の天引八幡神社内で、全国的に激減しているニホンミツバチが巣を作っているのが見つかった。専門家によると、野生の巣が見られるのは「近年珍しい」という。住民らも探してきた巣が在所内の神社にあったことに驚き、自然豊かな証しとして地域おこしに生かせないかと談義が盛り上がりつつある。

 見つかったのは神社本殿の床下。骨組みの角に直径40センチ程度の巣があり、体長約1センチのハチが無数に群がっているのが見える。

 境内の掃除をしていた住民が出入りするハチに気付き、18日に養蜂家ら専門家を迎えてニホンミツバチの比較的新しい巣だと確認した。

 ミツバチの生態に詳しい京都学園大の坂本文夫名誉教授(生物有機化学)によると、ニホンミツバチは近年、外来のダニや環境悪化の影響で急減し、丹波地域でも「自然の巣はなかなか見つからない」という。

 同地区では昨年、ミツバチで地域おこしを目指すグループ「丹波ノ國ニホンミツバチの里プロジェクト」が周辺に巣箱を置いたが、空振りだった。リーダーの川井正幸さん(42)=兵庫県篠山市=は集落内での営巣に驚嘆しつつ、「環境が良い証拠だ」と喜ぶ。

 地元の「天引区の活性化と未来を考える会」事務局長の原田久さん(65)は、天引産のハチミツ作りに夢を膨らませ、「貴重な資源として大切にし、地区の将来に活用していけるよう考えていきたい」と語る。

 巣の前に張り紙を出して静かに見守るよう呼び掛けるという。

【 2017年05月20日 11時00分 】

ニュース写真

  • 本殿の床下で見つかったニホンミツバチの巣(南丹市園部町・天引八幡神社)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      近藤氏が出馬正式表明 滋賀県知事選「憲法と琵琶湖を守る」

      20180423000184

       任期満了に伴う滋賀県知事選(6月7日告示、24日投開票)で、滋賀大元副学長で市民団体「..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      世界選手権銀ペアが再春館退社へ
      バドの福島、広田組

      20180423000185

       昨年、バドミントンの世界選手権女子ダブルスで銀メダルを獲得し、2020年東京五輪でのメ..... [ 記事へ ]

      経済

      新規預かり目標2兆円
      みずほ証券の飯田新社長

      20180424000001

       みずほ証券の社長に1日就任した飯田浩一氏(55)がインタビューに応じ、株式や投資信託な..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      南北首脳会談「成果期待できる」 韓国議員が立命大でシンポ

      20180423000169

       北朝鮮問題をテーマにしたシンポジウムが23日、京都市北区の立命館大で開かれた。27日に..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      原発審査対応で複数社員違法残業
      日本原電東海第2、是正勧告

      20180423000179

       日本原子力発電東海第2原発(茨城県)の再稼働と最長20年の運転延長に関する原子力規制委..... [ 記事へ ]

      国際

      パワハラの次は密輸疑惑
      大韓航空本社を家宅捜索

      20180423000203

       【ソウル共同】韓国の大韓航空を中核とする財閥韓進グループの創業家一族が、海外で購入した..... [ 記事へ ]