出版案内
福祉事業団

芸術で守山盛り上げ 市と佐川美術館が連携協定

協定を結んだ栗和田理事長(左)と宮本市長=守山市水保町・佐川美術館
協定を結んだ栗和田理事長(左)と宮本市長=守山市水保町・佐川美術館

 滋賀県守山市は25日、佐川美術館(同市水保町)と連携協力に関する協定を結んだ。文化事業や地域活性化に向けた取り組みを行い、「市民の美術に対する理解と愛着を醸成し、文化のかおり高いまちづくりを目指す」としている。

 佐川美術館は1998年に開館。年間来場者は約16万人(2016年度)で、同市内から約8千人が訪れており、市民により気軽に芸術に親しんでもらおうと締結した。市によると、民間の美術館と自治体との協定は、埼玉県蕨市と河鍋暁斎記念美術館に続いて全国2例目という。

 協定は、文化・芸術の振興や生涯学習の推進、まちづくりなどに両者が協力して取り組むとしている。同館は現在、市内の小学4年生を対象に芸術鑑賞教室を開いており、新たに市民向けの生涯学習支援美術講座「美学(みがく)」を6~7月に開講。美術の三大要素である絵画、彫刻、工芸の基礎知識や鑑賞方法を紹介する。

 また、無料で市民が入館できる「守山市民の日」を年に4回設ける。プレミアムフライデーに合わせて26日に初めて実施し、開館時間を1時間延長して午後6時までとする。

 佐川美術館で締結式があり、宮本和宏市長と同館の栗和田榮一理事長が調印した。宮本市長は「多くの市民が文化芸術を鑑賞する枠組みをつくっていきたい」と話した。

【 2017年05月25日 22時20分 】

ニュース写真

  • 協定を結んだ栗和田理事長(左)と宮本市長=守山市水保町・佐川美術館
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      都教委「いじめ判断極めて困難」
      高1自殺で調査

      20170926000070

       東京都教育委員会は26日、2015年9月に自殺した都立高校1年の男子生徒=当時(16)..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      ラグビー活性へ、Jリーグの視点 元浦和社長、関西協会書記長に

      20170926000060

       かつてラグビーの三菱自工京都の選手として活躍し、サッカーのJ1浦和で社長を務めた橋本光..... [ 記事へ ]

      経済

      テレワーク、京都で広がり 子育て女性、障害者ら支援

      20170926000058

       IT技術を活用してオフィスから離れた場所で働く「テレワーク」が、京都の事業所に普及しつ..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      「世界に開かれた京都精華大に」 新学長にウスビ・サコ氏

      20170925000129

       京都精華大は25日、竹宮恵子学長(67)の任期満了に伴う次期学長に、西アフリカ・マリ出..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      大飯原発の再稼働に同意
      福井・おおい町長が表明

      20170925000064

       関西電力大飯原発が立地する福井県おおい町の中塚寛町長は、25日午後に開かれた町議会の全..... [ 記事へ ]

      国際

      ウィーナー元議員に禁錮刑
      クリントン氏敗北の一因

      20170926000016

       【ニューヨーク共同】米ニューヨークの裁判所は25日、10代の少女に性的なメッセージを送..... [ 記事へ ]