出版案内
福祉事業団

芸術で守山盛り上げ 市と佐川美術館が連携協定

協定を結んだ栗和田理事長(左)と宮本市長=守山市水保町・佐川美術館
協定を結んだ栗和田理事長(左)と宮本市長=守山市水保町・佐川美術館

 滋賀県守山市は25日、佐川美術館(同市水保町)と連携協力に関する協定を結んだ。文化事業や地域活性化に向けた取り組みを行い、「市民の美術に対する理解と愛着を醸成し、文化のかおり高いまちづくりを目指す」としている。

 佐川美術館は1998年に開館。年間来場者は約16万人(2016年度)で、同市内から約8千人が訪れており、市民により気軽に芸術に親しんでもらおうと締結した。市によると、民間の美術館と自治体との協定は、埼玉県蕨市と河鍋暁斎記念美術館に続いて全国2例目という。

 協定は、文化・芸術の振興や生涯学習の推進、まちづくりなどに両者が協力して取り組むとしている。同館は現在、市内の小学4年生を対象に芸術鑑賞教室を開いており、新たに市民向けの生涯学習支援美術講座「美学(みがく)」を6~7月に開講。美術の三大要素である絵画、彫刻、工芸の基礎知識や鑑賞方法を紹介する。

 また、無料で市民が入館できる「守山市民の日」を年に4回設ける。プレミアムフライデーに合わせて26日に初めて実施し、開館時間を1時間延長して午後6時までとする。

 佐川美術館で締結式があり、宮本和宏市長と同館の栗和田榮一理事長が調印した。宮本市長は「多くの市民が文化芸術を鑑賞する枠組みをつくっていきたい」と話した。

【 2017年05月25日 22時20分 】

ニュース写真

  • 協定を結んだ栗和田理事長(左)と宮本市長=守山市水保町・佐川美術館
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      「火山灰に覆われ灰色に」
      救助活動の消防隊員会見

      20180124000005

       噴火した草津白根山の本白根山で救助活動に当たった群馬県の吾妻広域消防本部の隊員らが23..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      両角友「動きやすい」
      五輪ユニホーム発表

      20180124000004

       カーリングの平昌冬季五輪代表ユニホームの発表会見が23日、東京都内で行われた。メーカー..... [ 記事へ ]

      経済

      日本生命社長に清水氏
      市場縮小や低金利に対応

      20180123000191

       日本生命保険は、筒井義信社長(63)が代表権のある会長に就き、後任に清水博取締役専務執..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      くまモン、京都で「ありがとうだモン」 被災地支援の高校訪問

      20180123000023

       熊本県のPRキャラクター「くまモン」が22日、熊本地震で被災した同名の高校の支援や交流..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      琵琶湖、早めに「深呼吸」 湖底に酸素供給、生物に好環境

      20180123000159

       滋賀県は23日、琵琶湖の北湖で酸素を多く含んだ表層の水が湖底の水と混ざり合う現象「全層..... [ 記事へ ]

      国際

      米副大統領「嘆きの壁」に
      パレスチナは反発

      20180123000194

       【エルサレム共同】イスラエル訪問中のペンス米副大統領は23日、エルサレム旧市街にあるユ..... [ 記事へ ]