出版案内
福祉事業団

「大名刻印石」並んで発見 京都・知恩院、毛利と京極?

寺院の許可を得て刻印石の拓本をとるグループのメンバー(京都市東山区・知恩院新門近くの石垣)
寺院の許可を得て刻印石の拓本をとるグループのメンバー(京都市東山区・知恩院新門近くの石垣)

 毛利家の家紋を省略して表す「一に○」と京極家などを表す「四ツ目」の刻印が並んで刻まれた珍しい「大名刻印石」がこのほど、京都市東山区の知恩院の新門近くの石垣で見つかった。伏見城や大坂城の石垣に使われたとされる山科区の石切場の石と同じ特徴があり、山科から運ばれた石である可能性が高く、発見した市民団体は「江戸時代に山科の石が京都の寺院にも使われていたことが明らかになった」と驚いている。

 新たな刻印石は、東大路沿いにある知恩院新門の南側の石垣で「山科石切場調査・研究グループ」が発見した。「一に○」の○は直径36センチもあり、その左下に15センチ四方の「四ツ目」が刻まれていた。

 山科の山中では、二つの刻印が並列している石は3カ所で見つかっている。石の質と刻印の大きさは新門近くの石も酷似していた。石を割るときに入れる「矢穴」が13個付いていて、その形状から江戸時代初期の石とみられる。

 知恩院新門近くの石垣はほぼすべてが同様の石質だった。徳川家に縁深い知恩院は江戸時代初期に幕府による大造営がなされていて、「他からの転用石は使わずに、この石垣だけのために山科の石切場から持ってきた可能性が高い」(同会の久保孝さん)という。

 刻印石は、採石した大名を示すほかに、山での採石範囲を示したという説もある。同団体の竹内良一さん(76)は「南禅寺(左京区)でも刻印石を見つけたが、京都の寺院で二つを並記した刻印石は初めてだ。なぜ同じ石に、二つの刻印がされたのかは分からない。刻印の順番や位置に意味があるのかもしれず、今後も研究していきたい」と話している。

■同様の石、伏見にも

 奥田尚橿原考古学研究所特別指導研究員の話 山科の山中にある石と同様の石は、現在の桃山御陵がある伏見城跡(京都市伏見区)や指月城跡(同)の石垣でも見たことがある。いろいろな場所に使用されていたのだろう。花崗斑岩や石英斑岩であり、同質の石であることは間違いない。

【 2017年06月02日 13時48分 】

ニュース写真

  • 寺院の許可を得て刻印石の拓本をとるグループのメンバー(京都市東山区・知恩院新門近くの石垣)
  • 左に「四ツ目」、右に「一に○」の刻印がはっきり残る
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      地下鉄とバス、乗客1日80万人へ 京都市、3年で6万人増

      20170626000064

       京都市は、市営地下鉄と市バスの合計で1日当たり乗客数を2019年度までに80万人とする..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      男子ゴルフ、松山2位で変わらず
      世界ランキング

      20170626000080

       男子ゴルフの25日付最新世界ランキングが発表され、松山英樹は2位で変わらなかった。谷原..... [ 記事へ ]

      経済

      東芝半導体、27日に売却契約
      米WDとの対立続き、頓挫も

      20170626000083

       経営再建中の東芝は、半導体子会社「東芝メモリ」(東京)の売却に向けて、27日に産業革新..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      僕たち丹鉄駅長「出発進行」 京都、宮津駅で小中生が職業体験

      20170626000029

       京都府京丹後市の小中学生2人が25日、宮津市の京都丹後鉄道(丹鉄)宮津駅の駅長を体験し..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      石見銀山の江戸期鉱石、大量発見 京都で研究進む

      20170626000016

       世界文化遺産の石見銀山(島根県大田市)で江戸時代に採掘された鉱石の標本資料がまとまって..... [ 記事へ ]

      国際

      コロンビア、観光船沈没6人死亡
      16人不明

      20170626000034

       【サンティアゴ共同】南米コロンビアからの報道によると、同国北西部アンティオキア州のペニ..... [ 記事へ ]