出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

信長が主催か、天正時代の茶会記発見 京都

見つかった茶会記。織田信長が開いた茶会の可能性が高いという(古田織部美術館提供)
見つかった茶会記。織田信長が開いた茶会の可能性が高いという(古田織部美術館提供)

 安土桃山時代の天正年間に開かれた茶会の記録(茶会記)が見つかり、京都市北区の古田織部美術館が6日までに発表した。使われた道具などから、織田信長が開いた可能性が高いという。

 同美術館の宮下玄覇館長が数年前に入手した。軸装されており、箱には「津田宗及(そうぎゅう)御会席付」などと記されていた。

 茶会記は、茶会の参会者や道具などの記録。今回の茶会記に信長の名の記載はないが、信長が京都に滞在していた天正2(1574)年5月2日の日付と「御殿様御会」とある。用いた道具は、床に掛けた玉澗筆「煙寺晩鐘」の絵や、茶入(ちゃいれ)「付藻茄子(つくもなす)」など信長が当時入手していた名物が並ぶ。京都の茶人が点前し、宗及の親族で堺の豪商津田道叱(どうしつ)や、京都の辻玄哉ら有力な町衆をもてなしたと記されている。

 信長の茶会に詳しく、茶会記の画像を見た国学院大の竹本千鶴講師(日本中世史)は、信長の家臣で茶に詳しい松井友閑が道具を取り合わせたという記述に注目。「信長所有の品で、友閑が関わる茶会を開いた『御殿様』は、信長以外考えられない。京都や堺の有力者をつなぎ留める政治色の強い茶会の一つだろう」と指摘する。

 茶会記は9日~9月18日、同美術館で公開される。有料。

【 2017年06月07日 08時50分 】

ニュース写真

  • 見つかった茶会記。織田信長が開いた茶会の可能性が高いという(古田織部美術館提供)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      河野氏「核不拡散に挑戦」
      NPT委で北朝鮮を非難

      20180425000009

       【ジュネーブ共同】河野太郎外相は24日、スイスで開催中の核拡散防止条約(NPT)再検討..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      「僕らの誇りだった」 衣笠さん訃報に平安高同級生

      20180424000182

       「僕らの誇りだった。また会えると思っていただけに寂しい」 平安高で衣笠さんと一緒にプレ..... [ 記事へ ]

      経済

      武田、買収合意か
      欧州製薬、期限延長合意も

      20180425000011

       【ロンドン共同】ロイター通信は24日、武田薬品工業がアイルランドの製薬大手シャイアーの..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      「キャップ投げ」世界へ 京大生の挑戦、10月イタリアで披露

      20180424000102

       ペットボトルのキャップを、投げる。ただそれだけのことに、己のすべてを賭ける19歳がいる..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      海底生物を捕る自動ロボ開発
      東大と九工大、環境調査に活用

      20180424000066

       海底を自動で動き回って生き物を捕まえるロボットを開発したと、東京大と九州工業大のチーム..... [ 記事へ ]

      国際

      北朝鮮の核兵器廃棄目標
      米大統領、圧力維持

      20180425000014

       【ワシントン共同】トランプ米大統領は24日、北朝鮮との交渉で目指す非核化は「核兵器を除..... [ 記事へ ]