出版案内
福祉事業団

奇跡のアジサイ、震災の記憶を後世に 京都で栽培

東日本大震災で決壊したダム湖底から見つかり、亀岡に届いたアジサイ。市民有志は挿し木で増やし、市内外に広げる夢を描く(京都府亀岡市篠町)
東日本大震災で決壊したダム湖底から見つかり、亀岡に届いたアジサイ。市民有志は挿し木で増やし、市内外に広げる夢を描く(京都府亀岡市篠町)

 東日本大震災で決壊した福島県須賀川市のダム湖の底で見つかった「奇跡のアジサイ」を広めようと、苗木を譲り受けた京都府亀岡市の住民が7日、挿し木で増やす活動を始めた。亀岡市でも1951年に平和池水害が起き、多くの犠牲者が出た。須賀川市の住民と共に災害の記憶を語り継ぐため、アジサイを通じて交流を深める。

 活動を始めたのは、平和池水害伝承の会を中心とする住民有志。須賀川市の農業ダムが決壊して8人が死亡・行方不明となったことを知り、義援金を届けたことから交流が生まれ、昨年6月に須賀川市から苗木が贈られた。

 伝承の会代表の中尾祐蔵さん(73)=篠町=が自宅で3株を大切に育ててきた。復興のシンボルでもある奇跡のアジサイを市内各地に配り、水害の恐ろしさや防災対策の大切さを伝えるため、株を増やすことにした。

 NPO法人亀岡・花と緑の会の会員ら4人と挿し木を行った。雨の中、茎をハサミで切り、83本を植えた。

 中尾さんは「両市で起きたダム決壊の教訓を後世に伝えるため、アジサイの栽培が亀岡市全域に広がればうれしい」と話している。一部を帰郷させる計画も温めている。

 奇跡のアジサイは、2013年にダム湖底で群生しているのを地元住民が見つけ、復興の願いを込めて全国に株分けした。

【 2017年06月08日 12時17分 】

ニュース写真

  • 東日本大震災で決壊したダム湖底から見つかり、亀岡に届いたアジサイ。市民有志は挿し木で増やし、市内外に広げる夢を描く(京都府亀岡市篠町)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      豊洲市場の追加工事始まる
      地下の床、コンクリで覆う

      20171218000155

       2018年10月中旬に予定される築地市場(東京都中央区)からの移転を前に、豊洲市場(江..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      ソフトB内川新たに4億2年契約
      通算2千安打まで残り25本

      20171218000159

       今季が4年契約の最終年だったソフトバンクの内川聖一選手が18日、福岡市のヤフオクドーム..... [ 記事へ ]

      経済

      無人車両の自動走行実験、石川
      産業技術総合研究所

      20171218000147

       産業技術総合研究所(茨城県つくば市)は18日、石川県輪島市で、無人の車両が公道を自動走..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      同志社大と文化庁が包括協定 文化芸術都市の指標研究

      20171218000108

       文化庁地域文化創生本部と同志社大は17日、研究に関わる交流や情報交換を促進する包括協定..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      重水漏れ、がん療法臨床研究中断
      京大原子炉、運転再開直後1

      20171218000089

       8月末に運転を再開した京都大原子炉実験所の研究炉「KUR」(大阪府熊取町、出力5メガワ..... [ 記事へ ]

      国際

      ホンジュラス、現職大統領が再選
      野党側抗議デモ激化か

      20171218000043

       【サンティアゴ共同】中米ホンジュラスの選挙管理当局は17日、11月26日に投開票された..... [ 記事へ ]