出版案内
福祉事業団

奇跡のアジサイ、震災の記憶を後世に 京都で栽培

東日本大震災で決壊したダム湖底から見つかり、亀岡に届いたアジサイ。市民有志は挿し木で増やし、市内外に広げる夢を描く(京都府亀岡市篠町)
東日本大震災で決壊したダム湖底から見つかり、亀岡に届いたアジサイ。市民有志は挿し木で増やし、市内外に広げる夢を描く(京都府亀岡市篠町)

 東日本大震災で決壊した福島県須賀川市のダム湖の底で見つかった「奇跡のアジサイ」を広めようと、苗木を譲り受けた京都府亀岡市の住民が7日、挿し木で増やす活動を始めた。亀岡市でも1951年に平和池水害が起き、多くの犠牲者が出た。須賀川市の住民と共に災害の記憶を語り継ぐため、アジサイを通じて交流を深める。

 活動を始めたのは、平和池水害伝承の会を中心とする住民有志。須賀川市の農業ダムが決壊して8人が死亡・行方不明となったことを知り、義援金を届けたことから交流が生まれ、昨年6月に須賀川市から苗木が贈られた。

 伝承の会代表の中尾祐蔵さん(73)=篠町=が自宅で3株を大切に育ててきた。復興のシンボルでもある奇跡のアジサイを市内各地に配り、水害の恐ろしさや防災対策の大切さを伝えるため、株を増やすことにした。

 NPO法人亀岡・花と緑の会の会員ら4人と挿し木を行った。雨の中、茎をハサミで切り、83本を植えた。

 中尾さんは「両市で起きたダム決壊の教訓を後世に伝えるため、アジサイの栽培が亀岡市全域に広がればうれしい」と話している。一部を帰郷させる計画も温めている。

 奇跡のアジサイは、2013年にダム湖底で群生しているのを地元住民が見つけ、復興の願いを込めて全国に株分けした。

【 2017年06月08日 12時17分 】

ニュース写真

  • 東日本大震災で決壊したダム湖底から見つかり、亀岡に届いたアジサイ。市民有志は挿し木で増やし、市内外に広げる夢を描く(京都府亀岡市篠町)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      愛知県、祭り写真取り違え掲載
      ポスター約260枚を撤去

      20170629000006

       愛知県の観光PR用ポスターで、県内の祭りの写真が取り違えて掲載されていたことが28日、..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      卓球、張本は初戦黒星で早田快勝
      アジア太平洋リーグ

      20170628000160

       男女混合のチーム対抗で争う卓球の新たな国際大会「アジア太平洋リーグ」が28日、マレーシ..... [ 記事へ ]

      経済

      伏見稲荷駅を全面改装へ 京阪、乗降客増に対応

      20170628000153

       京阪電気鉄道は28日、2017年度に鉄道事業で約93億円の設備投資を実施すると発表した..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      御薗橋にみんなの絵、描けた! 京都・北区の3小学校制作

      20170628000092

       拡幅工事が進む京都市北区の御薗橋で、周辺3小学校の児童がアスファルト舗装をする前のコン..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      原薬メーカーを業務停止
      和歌山県が命令、22日間

      20170628000134

       風邪薬の成分として使われる解熱鎮痛剤アセトアミノフェンを製造している国内大手の原薬メー..... [ 記事へ ]

      国際

      国後島の調査終了、択捉へ
      日本の官民調査団

      20170628000130

       【ウラジオストク共同】北方領土での日本とロシアの共同経済活動の実現に向け、長谷川栄一首..... [ 記事へ ]