出版案内
福祉事業団

平安時代の瓦「廃棄土坑」出土 京都・大山崎瓦窯跡

嵯峨天皇の時代の瓦が大量に見つかった廃棄土坑(京都府大山崎町大山崎・大山崎瓦窯跡)
嵯峨天皇の時代の瓦が大量に見つかった廃棄土坑(京都府大山崎町大山崎・大山崎瓦窯跡)

 京都府の大山崎町教育委員会は14日、平安宮の瓦を生産していたとされる国史跡の大山崎瓦窯(かわらがま)跡(同町大山崎)から、焼き損じた瓦などが大量に捨てられた「廃棄土坑」が見つかったと発表した。土坑から嵯峨天皇(在位809~823年)の時代の瓦が多数出土。町教委は近くの窯2基が、この時代に生産体制増強に向けて作られたとみている。

 瓦窯跡には、国史跡に指定されている南半部に10基、北半部に2基の窯がある。今回の廃棄土坑は、北半部の最北端にある8号窯に隣接し、円形で直径約10メートル、深さ約70センチ。これより北には人が土を掘り返した痕跡がないため窯は存在せず、大山崎瓦窯の分布範囲が確定したという。

 廃棄土坑には近くの7、8号窯で焼き損じたとみられる瓦や、窯を覆っていた瓦が多数あり、軒先に使う瓦も約40点発見。軒先瓦の多くは、文様などから嵯峨天皇期に平安京の朝堂院で使われた物と同じ瓦という。

 日本後紀などの記述から、嵯峨天皇期にも平安京の造営が活発になっている。2基の窯は、桓武天皇(在位781~806年)期から操業していた南半部の10基とは別に、生産量を増やすために追加で作られた可能性が高い。上原眞人・京都大名誉教授(日本考古学)は「大山崎瓦窯の北限が決定した上、操業時期に差があることが分かった成果は大きい」と強調する。

 現地説明会は17日午前11時~午後2時。問い合わせは町役場代表(956)2101から町教委生涯学習課文化芸術係へ。

【 2017年06月15日 11時30分 】

ニュース写真

  • 嵯峨天皇の時代の瓦が大量に見つかった廃棄土坑(京都府大山崎町大山崎・大山崎瓦窯跡)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      地下鉄とバス、乗客1日80万人へ 京都市、3年で6万人増

      20170626000064

       京都市は、市営地下鉄と市バスの合計で1日当たり乗客数を2019年度までに80万人とする..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      男子ゴルフ、松山2位で変わらず
      世界ランキング

      20170626000080

       男子ゴルフの25日付最新世界ランキングが発表され、松山英樹は2位で変わらなかった。谷原..... [ 記事へ ]

      経済

      東芝半導体、27日に売却契約
      米WDとの対立続き、頓挫も

      20170626000083

       経営再建中の東芝は、半導体子会社「東芝メモリ」(東京)の売却に向けて、27日に産業革新..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      僕たち丹鉄駅長「出発進行」 京都、宮津駅で小中生が職業体験

      20170626000029

       京都府京丹後市の小中学生2人が25日、宮津市の京都丹後鉄道(丹鉄)宮津駅の駅長を体験し..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      石見銀山の江戸期鉱石、大量発見 京都で研究進む

      20170626000016

       世界文化遺産の石見銀山(島根県大田市)で江戸時代に採掘された鉱石の標本資料がまとまって..... [ 記事へ ]

      国際

      コロンビア、観光船沈没6人死亡
      16人不明

      20170626000034

       【サンティアゴ共同】南米コロンビアからの報道によると、同国北西部アンティオキア州のペニ..... [ 記事へ ]