出版案内
福祉事業団

京都市の観光消費、初の1兆円 16年、宿泊や飲食代増

京都市の観光消費額の推移
京都市の観光消費額の推移

 2016年に京都市内を訪れた観光客の消費額が過去最高を更新し、初めて1兆円を超えたことが、21日に市が発表した観光総合調査の結果で明らかになった。前年から1157億円(11・9%)増の1兆862億円。1人当たりの消費額単価は、日本人客が増えた一方、外国人客は「爆買い」と言われた中国人客の消費額が減ったこともあり、前年を下回った。

■中国人の「爆買い」減、日本人はアップ

 市内の観光消費額は観光客へのアンケートを基に算出している。近年は宿泊客が多い外国人観光客の急増で14年7626億円、15年9704億円と大きく伸びてきた。16年に市内を訪れた観光客は5522万人で前年比2・9%減となったが、宿泊客数が3・9%増の1415万人で過去最高を記録し、消費額を押し上げた。

 日本人1人当たりの平均消費額単価は約15%増の1万9669円で、内訳では宿泊代や飲食代が増えた。外国人の平均単価は2割近く減って10万96円。国・地域別では北米客が増える一方、中国人がほぼ半減して6万4670円に落ち込んだのが影響した。

 市は20年までの観光振興計画で、観光消費額の目標を1兆円としていたが、4年前倒しで達成した。定例記者会見で発表した門川大作市長は「長期のデフレで価格競争が続いていたが、観光客が増えて飲食や土産物の価格を少し上げられるようになったため」と分析し、「今後、伝統文化の鑑賞や伝統産品の購入につながる取り組みが必要」と述べた。

 京都府も同日、この京都市分を含む16年の府内観光客数が前年から微減の8741万人、観光消費額は過去最高となる1兆1446億円で前年に続き1兆円を超えたと発表した。

【 2017年06月21日 23時00分 】

ニュース写真

  • 京都市の観光消費額の推移
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      子ども食堂、地域住民と交流も 滋賀「人口比」全国最多

      20170816000157

      子ども食堂の「先進地」といわれる滋賀県で、地域住民による開設がさらに広がりを見せている。..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      全国の強豪集いキックオフ びわ湖カップ少年サッカー

      20170816000163

       全国の強豪が集う「びわ湖カップ少年サッカー大会U-11」(滋賀県、県希望が丘文化公園、..... [ 記事へ ]

      経済

      ドンキホーテ、500店舗展開へ
      20年までに、売上高1兆円

      20170816000110

       ディスカウント店大手のドンキホーテホールディングス(HD)の大原孝治社長は16日、現在..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      自転車危険個所、マップに表示 立命大でアプリ作成

      20170815000156

       立命館大の研究者などでつくるプロジェクトがキャンパス周辺での自転車事故を防ごうと、イン..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      中国製混入は「在庫処分のため」
      解熱鎮痛剤不正、和歌山県に

      20170815000144

       解熱鎮痛剤アセトアミノフェン(AA)を製造する国内大手原薬メーカー「山本化学工業」(和..... [ 記事へ ]

      国際

      プーチン大統領側近を批判
      収賄罪のロ前経済発展相

      20170816000171

       【モスクワ共同】昨年11月に巨額の収賄罪で訴追されたロシア前経済発展相のアレクセイ・ウ..... [ 記事へ ]