出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

茶席から「風情堪能を」 京都・綾部の東光院

新たに設置された茶席と見頃を迎えたアジサイ(綾部市上延町・東光院)
新たに設置された茶席と見頃を迎えたアジサイ(綾部市上延町・東光院)

 京都府綾部市上延町の東光院に茶席が設けられた。アジサイが見頃を迎えており、寺は「アジサイと小川、新緑のモミジが醸し出す風景を堪能して」と呼び掛けている。

 茶席は本堂南側に設置した20平方メートル。緑に映えるよう赤で塗装し、日陰を得るための和傘を添えた。境内を流れる富緒川(菅谷川)の岸辺に咲くアジサイに風情があり、松井真海住職(58)が「寺で一番の景色を落ち着いた雰囲気で見てほしい」と単管パイプや木板を使って今月上旬、5日間で自作した。

 寺の境内のアジサイ2500株は八分咲きで、週末には満開になる見込みという。松井住職は「今年は少雨で開花が遅れてきたが、21日の雨でアジサイも元気になってきた」と話す。

 抹茶接待300円。茶席は7月上旬まで。午前9時半~午後3時半。問い合わせは東光院0773(42)2432。

【 2017年06月22日 10時38分 】

ニュース写真

  • 新たに設置された茶席と見頃を迎えたアジサイ(綾部市上延町・東光院)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      カネミ油症で子世代の救済訴え
      三者協議で患者団体

      20180623000115

       西日本一帯で1968年に起きた食品公害「カネミ油症」で、国と患者団体、原因企業カネミ倉..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      日本代表の足元サポート 京都サンガのホペイロ松浦さん

      20180623000118

       サッカーワールドカップ(W杯)ロシア大会で活躍する日本代表の本田圭佑選手(32)や吉田..... [ 記事へ ]

      経済

      昭和に途絶えたマドレー染復活 京都女子大生ら職人技再現

      20180623000113

       京都発祥で昭和期に途絶えたとされる染色技法「マドレー染」の模様を生かした浴衣が初めて商..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      「一人でいる子、声をかけて」 夜回り先生、京都で講演

      20180623000053

       「夜回り先生」として知られる水谷修さんが22日、京都府綾部市岡町の綾部高で講演した。い..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      学会、新出生前診断指針見直しへ
      年度内に意見とりまとめ

      20180623000107

       日本産科婦人科学会は23日、妊婦の血液で胎児の染色体異常を調べる新出生前診断の指針の見..... [ 記事へ ]

      国際

      日韓で「風雲の政治家」悼む
      金鍾泌元首相死去に

      20180623000108

       【ソウル共同】日韓関係や韓国現代史で大きな存在感を示し23日に92歳で死去した金鍾泌元..... [ 記事へ ]