出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

女性運転士の道、出発進行 嵯峨野トロッコ列車

トロッコ列車の運転席に座る片山さん(右)と荘さん=京都市右京区・トロッコ嵯峨駅
トロッコ列車の運転席に座る片山さん(右)と荘さん=京都市右京区・トロッコ嵯峨駅

 トロッコ列車を運行している嵯峨野観光鉄道(京都市右京区)に今月、2人目の女性運転士が誕生した。片山ゆかりさん(28)=同区=で、技術指導を、5年前に同社初の女性運転士となった荘(しょう)真弓さん(39)が担当した。JRで運転経験のある社員以外が運転士養成を担ったのは、同社初という。

 片山さんは、2015年4月に入社した。鉄道会社での勤務経験はあったが運転士としてのキャリアはなかった。昨年12月から学科試験の勉強を始め、3月に合格。技能試験に向けて同月中旬から技能訓練を受け、5月末の動力車操縦者運転免許の技能試験に合格した。

 これまで運転士の育成は、JRで運転経験のある社員が担当していた。今回は、2012年に同社初の女性運転士となった荘さんが技能面の指導役である指導操縦者を務めた。

 技能訓練を始めてからの約2カ月間、信号確認や運転操縦方法、車両の応急処置などの指導を受けた。片山さんは「衝撃の少ないブレーキのコツがなかなかつかめなかった」と話す。各駅での停車に加え、保津峡駅や愛宕山といった撮影スポットでの停車についても指導を受けたという。現在1日6往復を週5日、安全第一をモットーに運転している。

 同じ女性でも性格は正反対だと2人は話す。荘さんは「度胸があり、何でも手際よくこなす彼女の性格に助けられた。技術だけでなく、心遣いの面でもプロになってほしい」と期待を寄せる。片山さんは「大ざっぱな自分と対照的に細やかな気遣いができる先輩。自分もそうなりたい」と笑顔を見せた。

【 2017年07月08日 10時07分 】

ニュース写真

  • トロッコ列車の運転席に座る片山さん(右)と荘さん=京都市右京区・トロッコ嵯峨駅
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      憲法9条の今後、木村草太氏が講演 滋賀で「憲法記念の集い」

      20180424000030

       滋賀弁護士会は28日午後1時半から、大津市におの浜1丁目のピアザ淡海で「憲法記念の集い..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      大谷翔平、25日に4度目先発
      敵地で覇者アストロズ戦

      20180424000028

       【ヒューストン共同】米大リーグで投打の「二刀流」に挑むエンゼルスの大谷翔平(23)は2..... [ 記事へ ]

      経済

      早や田植え、極早生「ハナエチゼン」 滋賀の田んぼ、8月収穫

      20180424000035

       近畿有数の早場米の産地として知られる滋賀県高島市今津町で23日、極早生(ごくわせ)の品..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      南北首脳会談「成果期待できる」 韓国議員が立命大でシンポ

      20180423000169

       北朝鮮問題をテーマにしたシンポジウムが23日、京都市北区の立命館大で開かれた。27日に..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      原発審査対応で複数社員違法残業
      日本原電東海第2、是正勧告

      20180423000179

       日本原子力発電東海第2原発(茨城県)の再稼働と最長20年の運転延長に関する原子力規制委..... [ 記事へ ]

      国際

      国賓のマクロン仏大統領が訪米
      イラン核合意協議へ

      20180424000010

       【ワシントン共同】フランスのマクロン大統領は23日、トランプ米大統領が就任後初めて迎え..... [ 記事へ ]