出版案内
福祉事業団

女性運転士の道、出発進行 嵯峨野トロッコ列車

トロッコ列車の運転席に座る片山さん(右)と荘さん=京都市右京区・トロッコ嵯峨駅
トロッコ列車の運転席に座る片山さん(右)と荘さん=京都市右京区・トロッコ嵯峨駅

 トロッコ列車を運行している嵯峨野観光鉄道(京都市右京区)に今月、2人目の女性運転士が誕生した。片山ゆかりさん(28)=同区=で、技術指導を、5年前に同社初の女性運転士となった荘(しょう)真弓さん(39)が担当した。JRで運転経験のある社員以外が運転士養成を担ったのは、同社初という。

 片山さんは、2015年4月に入社した。鉄道会社での勤務経験はあったが運転士としてのキャリアはなかった。昨年12月から学科試験の勉強を始め、3月に合格。技能試験に向けて同月中旬から技能訓練を受け、5月末の動力車操縦者運転免許の技能試験に合格した。

 これまで運転士の育成は、JRで運転経験のある社員が担当していた。今回は、2012年に同社初の女性運転士となった荘さんが技能面の指導役である指導操縦者を務めた。

 技能訓練を始めてからの約2カ月間、信号確認や運転操縦方法、車両の応急処置などの指導を受けた。片山さんは「衝撃の少ないブレーキのコツがなかなかつかめなかった」と話す。各駅での停車に加え、保津峡駅や愛宕山といった撮影スポットでの停車についても指導を受けたという。現在1日6往復を週5日、安全第一をモットーに運転している。

 同じ女性でも性格は正反対だと2人は話す。荘さんは「度胸があり、何でも手際よくこなす彼女の性格に助けられた。技術だけでなく、心遣いの面でもプロになってほしい」と期待を寄せる。片山さんは「大ざっぱな自分と対照的に細やかな気遣いができる先輩。自分もそうなりたい」と笑顔を見せた。

【 2017年07月08日 10時07分 】

ニュース写真

  • トロッコ列車の運転席に座る片山さん(右)と荘さん=京都市右京区・トロッコ嵯峨駅
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      対北朝鮮で「日米に齟齬ない」
      政府、圧力路線で連携維持

      20180221000133

       政府は21日、ペンス米副大統領が北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の妹、金与正党第1副部長..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      巨人の菅野、シンカーに手応え
      対ヤクルトで初実戦

      20180221000141

       巨人のエース菅野がヤクルトとの練習試合で初実戦に臨み、2回を投げて1失点(自責点0)だ..... [ 記事へ ]

      経済

      91年前大ヒットのランプ再び
      パナ、「ナショナル」時代の角

      20180221000130

       パナソニックは21日、1927年に初めて「ナショナル」の商標を使って大ヒットした「角型..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      「宇治学」の授業を報告  京都、教員らフォーラム

      20180221000032

       京都府宇治市の小中学生が地域について学ぶ総合的な学習「宇治学」のフォーラムが20日、同..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      大間原発、進捗率4割弱
      規制委の審査長引く

      20180221000070

       電源開発(Jパワー)は21日、青森県大間町で建設中の大間原発を報道陣に公開した。運転開..... [ 記事へ ]

      国際

      NZ地震の倒壊ビル跡地に公園
      日本から遺族ら出席して開園式

      20180221000139

       【クライストチャーチ共同】2011年2月22日のニュージーランド地震から7年となるのを..... [ 記事へ ]