出版案内
福祉事業団

月鉾の上、永遠の愛誓う 祇園祭が縁、知り合う 

新郎新婦が結ばれるきっかけとなった月鉾。二人は13日に鉾の上から八坂神社を拝み、愛を誓う(昨年7月17日、京都市下京区四条通寺町東入ル)
新郎新婦が結ばれるきっかけとなった月鉾。二人は13日に鉾の上から八坂神社を拝み、愛を誓う(昨年7月17日、京都市下京区四条通寺町東入ル)

 祇園祭の月鉾(京都市下京区四条通新町東入ル)が縁で知り合った男女の結婚式が13日、月鉾とその南側にある会所で行われる。新郎新婦は四条通に立つ鉾から八坂神社(東山区)を遥拝し、鉾の上で永遠の愛を誓う。

 二人は月鉾作事方の会社員小山輝晃さん(39)=下京区=と妻雅美さん(35)。昨年2月に車方の男性の紹介で知り合い、同11月に結婚した。式を挙げていなかったため、輝晃さんが「月鉾でできないか」と月鉾保存会の斎藤政宏理事長(70)に打診。理事長は「月鉾が結んだ縁。二人の思い出になるなら」と快諾した。

 当日は、鉾をおはらいする清祓式(きよはらいしき)の後、会所2階で「人前式」を行う。式では新郎新婦や両親、理事長らが鉾に乗り込み、四条通の東にある八坂神社に向かって拝礼する。二人は会所内に戻って祭壇に玉串を奉納し、杯を交わした後、集まった親族や保存会役員らの前で「誓いの言葉」を述べる予定だ。

 輝晃さんは「鉾の上で結婚式ができることになり、妻ともどもとてもうれしく、ありがたい」と話す。斎藤理事長は「以前から結婚式ができないかと考えていた。二人のよい記念になることを願いたい」と話す。

【 2017年07月08日 22時20分 】

ニュース写真

  • 新郎新婦が結ばれるきっかけとなった月鉾。二人は13日に鉾の上から八坂神社を拝み、愛を誓う(昨年7月17日、京都市下京区四条通寺町東入ル)
  • 月鉾の上と会所で結婚式を挙げる小山輝晃さん、雅美さん夫妻(本人提供)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      自民・谷垣氏、政界引退へ 衆院京都5区、けがで入院中

      20170920000240

       昨夏の自転車事故で負傷してリハビリを続けている自民党の谷垣禎一前幹事長(72)=衆院京..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      楽4―8オ(20日)
      金子が12勝目

      20170920000245

       オリックスが快勝した。三回に安達の適時打で1点を先制。4―1の七回にロメロの3ラン、八..... [ 記事へ ]

      経済

      電柱わしづかみ、地中にグサリ JR西が新車両開発

      20170920000202

       大型のアーム(腕)で電柱をわしづかみにし、そのまま地中に差し込める専用車両「電柱ハンド..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      ネット犯罪から子ども守れ 京都府警がPTA指導

      20170920000199

       子どもを狙ったインターネットの犯罪について考える講座が20日、京都市中京区の京都アスニ..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      ノーベル賞予想に宮坂氏を選定
      次世代太陽電池を開発

      20170920000235

       米情報会社クラリベイト・アナリティクスは20日、将来ノーベル賞を受賞する可能性が高い研..... [ 記事へ ]

      国際

      共同活動は観光・養殖優先
      北方領土でサハリン首相

      20170920000219

       【ユジノサハリンスク共同】北方領土を事実上管轄するロシア極東サハリン州のシェルビナ首相..... [ 記事へ ]