出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

月鉾の上、永遠の愛誓う 祇園祭が縁、知り合う 

新郎新婦が結ばれるきっかけとなった月鉾。二人は13日に鉾の上から八坂神社を拝み、愛を誓う(昨年7月17日、京都市下京区四条通寺町東入ル)
新郎新婦が結ばれるきっかけとなった月鉾。二人は13日に鉾の上から八坂神社を拝み、愛を誓う(昨年7月17日、京都市下京区四条通寺町東入ル)

 祇園祭の月鉾(京都市下京区四条通新町東入ル)が縁で知り合った男女の結婚式が13日、月鉾とその南側にある会所で行われる。新郎新婦は四条通に立つ鉾から八坂神社(東山区)を遥拝し、鉾の上で永遠の愛を誓う。

 二人は月鉾作事方の会社員小山輝晃さん(39)=下京区=と妻雅美さん(35)。昨年2月に車方の男性の紹介で知り合い、同11月に結婚した。式を挙げていなかったため、輝晃さんが「月鉾でできないか」と月鉾保存会の斎藤政宏理事長(70)に打診。理事長は「月鉾が結んだ縁。二人の思い出になるなら」と快諾した。

 当日は、鉾をおはらいする清祓式(きよはらいしき)の後、会所2階で「人前式」を行う。式では新郎新婦や両親、理事長らが鉾に乗り込み、四条通の東にある八坂神社に向かって拝礼する。二人は会所内に戻って祭壇に玉串を奉納し、杯を交わした後、集まった親族や保存会役員らの前で「誓いの言葉」を述べる予定だ。

 輝晃さんは「鉾の上で結婚式ができることになり、妻ともどもとてもうれしく、ありがたい」と話す。斎藤理事長は「以前から結婚式ができないかと考えていた。二人のよい記念になることを願いたい」と話す。

【 2017年07月08日 22時20分 】

ニュース写真

  • 新郎新婦が結ばれるきっかけとなった月鉾。二人は13日に鉾の上から八坂神社を拝み、愛を誓う(昨年7月17日、京都市下京区四条通寺町東入ル)
  • 月鉾の上と会所で結婚式を挙げる小山輝晃さん、雅美さん夫妻(本人提供)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      手作り遊具横転、男児死亡
      父親と路上で遊び中、大阪

      20180622000003

       21日午後6時ごろ、大阪府岸和田市南上町2丁目の路上で、近くの小学生岡野創太君(9)が..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      初戦の布陣主体で、と西野監督
      日本代表、セネガル戦へ練習

      20180621000246

       【カザン共同】サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会で1次リーグH組の日本代表は2..... [ 記事へ ]

      経済

      「深くおわび」と神鋼社長
      株主総会、経営陣を非難

      20180621000066

       アルミニウム製品などのデータ改ざん問題を起こした神戸製鋼所は21日、神戸市で定時株主総..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      ホンモロコ、閉校プールで養殖 京都、稚魚4万匹を放流

      20180616000054

       2015年から旧上宮津小(京都府宮津市小田)のプールで淡水魚ホンモロコの養殖に取り組む..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      センサー付き衣類で作業員の健康把握 立命館大チーム開発

      20180621000233

       センサーや通信機器を組み込んだ次世代型の衣類「スマートウエア」を活用し、建設現場で作業..... [ 記事へ ]

      国際

      中国の動物園でパンダ虐待疑惑
      飼育員が作業中にたばこ

      20180621000225

       【上海共同】中国メディアは21日までに、湖北省武漢市の市立動物園が、ジャイアントパンダ..... [ 記事へ ]