出版案内
福祉事業団

月鉾の上、永遠の愛誓う 祇園祭が縁、知り合う 

新郎新婦が結ばれるきっかけとなった月鉾。二人は13日に鉾の上から八坂神社を拝み、愛を誓う(昨年7月17日、京都市下京区四条通寺町東入ル)
新郎新婦が結ばれるきっかけとなった月鉾。二人は13日に鉾の上から八坂神社を拝み、愛を誓う(昨年7月17日、京都市下京区四条通寺町東入ル)

 祇園祭の月鉾(京都市下京区四条通新町東入ル)が縁で知り合った男女の結婚式が13日、月鉾とその南側にある会所で行われる。新郎新婦は四条通に立つ鉾から八坂神社(東山区)を遥拝し、鉾の上で永遠の愛を誓う。

 二人は月鉾作事方の会社員小山輝晃さん(39)=下京区=と妻雅美さん(35)。昨年2月に車方の男性の紹介で知り合い、同11月に結婚した。式を挙げていなかったため、輝晃さんが「月鉾でできないか」と月鉾保存会の斎藤政宏理事長(70)に打診。理事長は「月鉾が結んだ縁。二人の思い出になるなら」と快諾した。

 当日は、鉾をおはらいする清祓式(きよはらいしき)の後、会所2階で「人前式」を行う。式では新郎新婦や両親、理事長らが鉾に乗り込み、四条通の東にある八坂神社に向かって拝礼する。二人は会所内に戻って祭壇に玉串を奉納し、杯を交わした後、集まった親族や保存会役員らの前で「誓いの言葉」を述べる予定だ。

 輝晃さんは「鉾の上で結婚式ができることになり、妻ともどもとてもうれしく、ありがたい」と話す。斎藤理事長は「以前から結婚式ができないかと考えていた。二人のよい記念になることを願いたい」と話す。

【 2017年07月08日 22時20分 】

ニュース写真

  • 新郎新婦が結ばれるきっかけとなった月鉾。二人は13日に鉾の上から八坂神社を拝み、愛を誓う(昨年7月17日、京都市下京区四条通寺町東入ル)
  • 月鉾の上と会所で結婚式を挙げる小山輝晃さん、雅美さん夫妻(本人提供)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      獣医師会、山本担当相と相違
      「放っておくと京都も」

      20170723000119

       学校法人「加計学園」(岡山市)の獣医学部新設計画が認められる約2カ月前に、山本幸三地方..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      男子リレー、日本新で5位
      今井、大橋が決勝へ

      20170724000005

       【ブダペスト共同】水泳の世界選手権第10日は23日、ブダペストで行われ、競泳の男子40..... [ 記事へ ]

      経済

      ロボットで基盤接続、対応コネクタ 京セラが新製品

      20170722000140

       京セラは、基板同士をつなぐ部品コネクタで、ロボットによる取り付けに対応した製品を発売し..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      葛川小・中「特認校」に 大津市全域で通学受け入れ

      20170723000090

       児童・生徒の減少が進む大津市の葛川小・中が来年度から「小規模特認校」となり、市内全域か..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      海外原発事故の検知体制強化へ
      規制委、長崎や沖縄に装置

      20170723000106

       原子力規制委員会が、韓国や台湾など、海外の原発で事故が起きた際の放射線拡散情報の検知体..... [ 記事へ ]

      国際

      元慰安婦の金君子さん死去
      生存女性37人に

      20170723000107

       【ソウル共同】韓国の元従軍慰安婦の女性らが共同生活するソウル郊外の施設「ナヌムの家」に..... [ 記事へ ]