出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

祇園祭・鷹山、「日和神楽」後祭宵山に披露 晴天祈願と復興PR

後祭の宵々山で演奏する鷹山の囃子方。移動演奏できる「屋台」完成に伴い、「日和神楽」の実施が決まった(2015年7月22日、京都市中京区三条通室町西入ル)
後祭の宵々山で演奏する鷹山の囃子方。移動演奏できる「屋台」完成に伴い、「日和神楽」の実施が決まった(2015年7月22日、京都市中京区三条通室町西入ル)

 祇園祭の「休み山」鷹山(京都市中京区三条通室町西入ル)が後祭宵山の23日夜、山鉾巡行日の晴天を祈る囃子(はやし)演奏「日和神楽」を、復興に取り組んで以降、初めて行う。本来は山鉾町と四条御旅所(下京区四条通寺町東入ル)を往復する日和神楽だが、鷹山は地元町内のみを移動式屋台で巡り、囃子を奏でる。

 鷹山は1826年に懸装品(けそうひん)を傷めて以降、巡行に参加していないが、休み山となって200年となる2026年までの早期の復帰を目指している。14年に囃子方が復活して以降、宵山期間は三条通室町西入ルの呉服会社前で演奏してきた。

 日和神楽は前祭と後祭巡行の前夜に晴天を祈願して行う。後祭では囃子のある南北の観音山や大船鉾が実施している。

 巡行への復帰を見越して製作していた、鉦(かね)をつり下げて移動演奏できる屋台が完成し、地元町内を演奏しながら練り歩くことにした。

 23日午後9時半から約1時間にわたり、三条通の烏丸-西洞院間約300メートルを往復する。途中、ご神体人形を飾る室町西入ルの町家や烏丸西入ルのカフェの前などで約5分ずつ演奏する。

 鷹山保存会の山田純司理事長(63)は「鷹山を知ってもらうとともに、後祭を少しでも盛り上げることになればうれしい」と話している。

【 2017年07月10日 10時43分 】

ニュース写真

  • 後祭の宵々山で演奏する鷹山の囃子方。移動演奏できる「屋台」完成に伴い、「日和神楽」の実施が決まった(2015年7月22日、京都市中京区三条通室町西入ル)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      東名あおり事故遺族も追悼に参列 京都、登校事故現場に

      20180423000072

       23日に発生から6年を迎えた京都府亀岡市の集団登校事故現場では、2017年6月に神奈川..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      米女子ゴルフ、畑岡19位
      ヒューゲルJTBCオープン

      20180423000060

       【ロサンゼルス共同】米女子ゴルフのヒューゲルJTBCオープンは22日、米ロサンゼルスの..... [ 記事へ ]

      経済

      宇治茶の初市、最高値は1キロ15万円 京都、最多量出品

      20180423000030

       今年の宇治茶の初市が22日、京都府城陽市寺田のJA全農京都茶市場であった。府内の茶業者..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      国際日本研究、11機関が連携 日文研がデータ提供も

      20180418000118

       「国際日本研究」に関わる全国の大学や研究所など11機関による連携組織「国際日本研究コン..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      幻の実験機器、島津製に続々帰還 学校統廃合や校舎改築で

      20180422000042

       明治時代初期に教育用の理化学器械の製造を始めた島津製作所。明治・大正時代の機器や標本が..... [ 記事へ ]

      国際

      韓国、北朝鮮向け宣伝放送を中断
      「軍事的緊張緩和」

      20180423000048

       【ソウル共同】韓国国防省は23日、韓国が軍事境界線付近で北朝鮮に向けて拡声器で流してき..... [ 記事へ ]