出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

京都・祇園祭、浄妙山が新作うちわ 後祭宵山で販売

浄妙山が新たに作ったうちわとタオル(京都市中京区)
浄妙山が新たに作ったうちわとタオル(京都市中京区)

 祇園祭の浄妙山(京都市中京区六角通烏丸西入ル)が、21~23日の後祭宵山に販売するうちわを新しく作った。筒井浄妙の頭上を一来(いちらい)法師が飛び越える絵が描かれている。

 浄妙山は、平家物語の橋合戦の名場面、僧兵2人の先陣争いを由来とする。保存会が所有する、明治期の画家鈴木松年の屏風(びょうぶ)絵をうちわの図柄にした。

 保存会の吉居章一理事長(73)は「躍動感あふれる絵柄なので、部屋のインテリアとしても楽しんでほしい」と話す。500円。合わせてオリジナルのタオル(700円)も作った。

【 2017年07月11日 13時40分 】

ニュース写真

  • 浄妙山が新たに作ったうちわとタオル(京都市中京区)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      上手な歯磨き、歯科衛生士が指導 滋賀、口腔保健フェス

      20180625000023

       歯の磨き方や虫歯についての理解を深める「湖北口腔(こうくう)保健フェスティバル」が24..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      サッカー、大久保が磐田に移籍へ
      今季復帰の川崎から

      20180625000047

       J1川崎の元日本代表FW大久保嘉人(36)が、磐田に移籍することが25日、関係者の話で..... [ 記事へ ]

      経済

      京都の国際会議10・8%増 4年連続で最多更新

      20180624000034

       京都市内で2017年に開かれた国際会議は前年比10・8%増の308件だったと、京都文化..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      「一人でいる子、声をかけて」 夜回り先生、京都で講演

      20180623000053

       「夜回り先生」として知られる水谷修さんが22日、京都府綾部市岡町の綾部高で講演した。い..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      田んぼの水路、小ブナぴちぴち 滋賀で観察会、30センチ大物も

      20180625000032

       田んぼの水路で魚を捕まえたり観察したりする催しが24日、滋賀県彦根市田附町の水田で開か..... [ 記事へ ]

      国際

      難民対策、全EU加盟国合意断念
      有志国での協力体制へ

      20180625000035

       【ブリュッセル共同】欧州に押し寄せる移民・難民問題を巡り、独仏など欧州連合(EU)の一..... [ 記事へ ]