出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

能面再興、中村直彦の作品展示 滋賀・彦根城博物館

中村直彦が手がけた能面が並ぶ会場(彦根市金亀町・彦根城博物館)
中村直彦が手がけた能面が並ぶ会場(彦根市金亀町・彦根城博物館)

 明治後期から昭和前期にかけて活躍した能面作家の中村直彦(1877~1945)を紹介する企画展が、滋賀県彦根市金亀町の彦根城博物館で開かれている。25日まで。

 直彦は熊本藩士族の三男として生まれ、東京美術大(現東京芸術大)彫刻科を卒業。1909年から能面作家として活動を始め、衰退していた能面制作を再興したといわれている。

 会場には直彦が手掛けた能面26点を展示。女性の亡霊の面「痩女(やせおんな)」や、鬼神の面「蜘蛛(くも)」などが並ぶ。面の写しを作るときに使用した石こう型も展示され、西洋彫刻を学んだ直彦の特徴を見ることができる。中村家が所蔵する、直彦が使用した彫刻刀もある。

 一般500円、小中学生250円。午前8時半~午後5時。同博物館0749(22)6100。

【 2017年07月11日 12時10分 】

ニュース写真

  • 中村直彦が手がけた能面が並ぶ会場(彦根市金亀町・彦根城博物館)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      国内最大級の立体花壇、22年の歴史に幕 京都、宇治市植物公園

      20180524000078

       宇治市植物公園(京都府宇治市広野町)の巨大立体花壇「花と水のタペストリー」で、草花を使..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      マリナーズ、球場契約を更新
      来季から25年間、新しい名前に

      20180524000107

       【オークランド共同】米大リーグのマリナーズは23日、シアトルの本拠地セーフコ・フィール..... [ 記事へ ]

      経済

      シャープ、多言語スマホ貸し出し
      外国人実習生受け入れの企業

      20180524000111

       シャープは24日、外国人技能実習生を受け入れている企業向けに、多言語対応のスマートフォ..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      自主撤去タテカン、これが「表現」 京都市立芸大で展示会

      20180519000121

       景観や安全性を理由とした撤去騒動が起こっている京都大の名物「立て看板」の展示会が19日..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      胎児をネットで遠隔診断
      心臓病発見、へき地医療に

      20180523000135

       インターネットを活用して遠方の病院から送られた胎児の心臓の動画を診断し、先天性の心臓病..... [ 記事へ ]

      国際

      イタリア新首相が組閣本格化
      五つ星と同盟から起用

      20180524000097

       【ローマ共同】イタリアの新首相に指名された法学者のジュセッペ・コンテ氏(53)は24日..... [ 記事へ ]