出版案内
福祉事業団

志士気分で岩倉旧宅の正門を 京都で計3日間開放

岩倉具視の命日に合わせて正門を開放する特別企画を行う「岩倉具視幽棲旧宅」(京都市左京区)
岩倉具視の命日に合わせて正門を開放する特別企画を行う「岩倉具視幽棲旧宅」(京都市左京区)

 明治維新の立役者で公家出身の政治家・岩倉具視が一時隠棲(いんせい)した京都市左京区岩倉上蔵町の旧宅で、特別企画「坂本龍馬も通った正門から入ろう」が行われる。岩倉具視の命日に当たる20日と、前後の16、23日の計3日間、普段開けていない正門を開放し、幕末志士の岩倉訪問を追体験できるようにする。

 国指定史跡「岩倉具視幽棲(ゆうせい)旧宅」。建物を維持管理する市が、大政奉還から150年の節目となる今年、初めて企画した。

 「晩年の岩倉と京都」をテーマに、学芸員が解説する。岩倉は、幕末に朝廷内で頭角を現したが一時失脚し、1867(慶応3)年まで5年間、旧岩倉村に隠棲した。旧宅には当時、明治維新の立役者となる大久保利通、坂本龍馬や中岡慎太郎らが訪ねた。解説を通じて、岩倉が関わった当時の政治的な動きや情勢をひもとく。

 市文化財保護課は「旧宅は、幕末維新の重要人物が語り合った歴史的な舞台の一つ。志士に思いをはせ、門をくぐってほしい」と呼び掛けている。

 入場料が必要。解説は午前10時、午後1時、午後2時の3回。問い合わせは、岩倉具視幽棲旧宅管理事務所075(781)7984。

【 2017年07月14日 11時54分 】

ニュース写真

  • 岩倉具視の命日に合わせて正門を開放する特別企画を行う「岩倉具視幽棲旧宅」(京都市左京区)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      舞鶴医療センターに緩和ケア病棟開設 京都府北部初

      20180122000133

       終末期のがん患者らに心身の苦痛を和らげ、穏やかな雰囲気で過ごしてもらう「緩和ケア病棟」..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      NHL、Gナイツが好調キープ
      第16週が終了

      20180122000134

       【ニューヨーク共同】北米プロアイスホッケーNHLは21日、第16週が終了し、西カンファ..... [ 記事へ ]

      経済

      「空気読む」技術開発 京都のIT企業など新サービス

      20180122000131

       IT企業や大手電子部品メーカーが、「空気を読む」技術を開発している。ロボットやスマート..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      遺骨返還の風、京大拒否 <標本にされた「祖先」>

      20180122000102

       昨年11月13日、京都市伏見区の龍谷大深草キャンパス。北海道から「コタンの会」代表清水..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      31日に全国で「皆既月食」
      妖しい色、観察チャンス

      20180121000076

       月が地球の影にすっぽり隠れる「皆既月食」が今月31日夜に日本各地で起きる。夜中までの比..... [ 記事へ ]

      国際

      法王の南米歴訪、チリでは影
      聖職者の性的虐待問題に批判

      20180122000130

       【リマ共同】ローマ法王フランシスコが21日、南米チリ、ペルー歴訪を終えた。アルゼンチン..... [ 記事へ ]