出版案内
福祉事業団

志士気分で岩倉旧宅の正門を 京都で計3日間開放

岩倉具視の命日に合わせて正門を開放する特別企画を行う「岩倉具視幽棲旧宅」(京都市左京区)
岩倉具視の命日に合わせて正門を開放する特別企画を行う「岩倉具視幽棲旧宅」(京都市左京区)

 明治維新の立役者で公家出身の政治家・岩倉具視が一時隠棲(いんせい)した京都市左京区岩倉上蔵町の旧宅で、特別企画「坂本龍馬も通った正門から入ろう」が行われる。岩倉具視の命日に当たる20日と、前後の16、23日の計3日間、普段開けていない正門を開放し、幕末志士の岩倉訪問を追体験できるようにする。

 国指定史跡「岩倉具視幽棲(ゆうせい)旧宅」。建物を維持管理する市が、大政奉還から150年の節目となる今年、初めて企画した。

 「晩年の岩倉と京都」をテーマに、学芸員が解説する。岩倉は、幕末に朝廷内で頭角を現したが一時失脚し、1867(慶応3)年まで5年間、旧岩倉村に隠棲した。旧宅には当時、明治維新の立役者となる大久保利通、坂本龍馬や中岡慎太郎らが訪ねた。解説を通じて、岩倉が関わった当時の政治的な動きや情勢をひもとく。

 市文化財保護課は「旧宅は、幕末維新の重要人物が語り合った歴史的な舞台の一つ。志士に思いをはせ、門をくぐってほしい」と呼び掛けている。

 入場料が必要。解説は午前10時、午後1時、午後2時の3回。問い合わせは、岩倉具視幽棲旧宅管理事務所075(781)7984。

【 2017年07月14日 11時54分 】

ニュース写真

  • 岩倉具視の命日に合わせて正門を開放する特別企画を行う「岩倉具視幽棲旧宅」(京都市左京区)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      新公文書館の建設計画案判明
      政府、480億円に費用圧縮

      20171119000004

       政府による新たな国立公文書館の建設計画原案が18日、判明した。当初最大850億円とした..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      マインツ武藤、フル出場も無得点
      ドイツ1部、ケルン大迫途中

      20171119000003

       【マインツ(ドイツ)共同】サッカーのドイツ1部リーグは18日、各地で行われ、武藤嘉紀の..... [ 記事へ ]

      経済

      AIスピーカー発売延期
      アップル、年末に間に合わず

      20171118000041

       【ニューヨーク共同】米IT大手アップルは17日、今年12月に米国や英国、オーストラリア..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      幼稚園定員割れ、市対応に批判相次ぐ 京都・宇治

      20171117000064

       京都府宇治市の市立幼稚園で大幅な定員割れが続いている問題で、市教育委員会は大久保幼稚園..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      米、温暖化監視衛星を投入
      異常気象の予測精度向上

      20171118000116

       【ワシントン共同】米航空宇宙局(NASA)は18日、地球温暖化を監視する観測衛星「JP..... [ 記事へ ]

      国際

      レバノンのハリリ首相、近く帰国
      仏大統領と会談

      20171118000122

       【パリ、イスタンブール共同】訪問先のサウジアラビアで辞任を突然表明したレバノンのハリリ..... [ 記事へ ]