出版案内
福祉事業団

豪華懸想品眺めそぞろ歩き 祇園祭後祭・宵々々山

黒主山の駒形提灯と玄関先の提灯がともる室町通をそぞろ歩きする見物客ら(21日午後7時15分、京都市中京区室町通三条下ル)
黒主山の駒形提灯と玄関先の提灯がともる室町通をそぞろ歩きする見物客ら(21日午後7時15分、京都市中京区室町通三条下ル)

 祇園祭は21日、後祭(あとまつり)の宵々々山を迎えた。京都市中心部では、夜になると山と鉾が駒形提灯に照らされ、コンチキチンの祇園囃子(ばやし)が響いた。後祭は、露店が出ない静かな祭り。市民や観光客は、豪華な懸装品や個性豊かなご神体人形をじっくりと眺めながら、そぞろ歩きを楽しんだ。

 後祭の山鉾は、全33基中10基。京都市中心部の蛸薬師通以北に8基が立ち、それ以南の新町通に南観音山と大船鉾が立つ。

 中京区室町通三条下ルの黒主山の町内では、マンション1階に飾り席が設けられた。六歌仙の一人で桜を見上げる大伴黒主のご神体人形が目を引いた。町内の各家の玄関先に、傘をかぶせた提灯が掲げられ、祭り風情を醸した。近くの浄妙山では、平家物語に登場する一騎当千の筒井浄妙明秀と一来法師、鯉山ではヒノキ製の巨大な鯉の木彫が飾られた。

 同日午後9時現在の人出は、昨年より2千人多い1万人(京都府警調べ)だった。宵山は23日深夜まで。24日に後祭の山鉾巡行と、3基の神輿(みこし)による還幸祭がある。

【 2017年07月21日 22時50分 】

ニュース写真

  • 黒主山の駒形提灯と玄関先の提灯がともる室町通をそぞろ歩きする見物客ら(21日午後7時15分、京都市中京区室町通三条下ル)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      元五輪選手と会場を船巡り
      金メダル持ち記念撮影も

      20180222000074

       2020年東京五輪・パラリンピックの会場予定地を、元五輪選手と船で巡るツアーが開催され..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      カーリングOAR銅、返還の意向
      スポーツ仲裁裁判所聴聞は中

      20180222000047

       【平昌共同】平昌冬季五輪で、禁止物質メルドニウムが検出された「ロシアからの五輪選手(O..... [ 記事へ ]

      経済

      東証反落、終値234円安
      米経済に不安、売り膨らむ

      20180222000075

       22日の東京株式市場は、米国の市場や経済の動向を不安視して売り注文が膨らみ、日経平均株..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      「宇治学」の授業を報告  京都、教員らフォーラム

      20180221000032

       京都府宇治市の小中学生が地域について学ぶ総合的な学習「宇治学」のフォーラムが20日、同..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      大きな鼻は男らしさの証し
      テングザル調査、京大

      20180222000017

       てんぐのような鼻を持つテングザルは、鼻が大きく長いほど繁殖能力が高いとみられ、体格も良..... [ 記事へ ]

      国際

      崖下にバス転落、44人死亡
      南米ペルー

      20180222000008

       【リオデジャネイロ共同】南米ペルーからの報道によると、南部アレキパ近郊で21日未明、2..... [ 記事へ ]