出版案内
福祉事業団

豪華懸想品眺めそぞろ歩き 祇園祭後祭・宵々々山

黒主山の駒形提灯と玄関先の提灯がともる室町通をそぞろ歩きする見物客ら(21日午後7時15分、京都市中京区室町通三条下ル)
黒主山の駒形提灯と玄関先の提灯がともる室町通をそぞろ歩きする見物客ら(21日午後7時15分、京都市中京区室町通三条下ル)

 祇園祭は21日、後祭(あとまつり)の宵々々山を迎えた。京都市中心部では、夜になると山と鉾が駒形提灯に照らされ、コンチキチンの祇園囃子(ばやし)が響いた。後祭は、露店が出ない静かな祭り。市民や観光客は、豪華な懸装品や個性豊かなご神体人形をじっくりと眺めながら、そぞろ歩きを楽しんだ。

 後祭の山鉾は、全33基中10基。京都市中心部の蛸薬師通以北に8基が立ち、それ以南の新町通に南観音山と大船鉾が立つ。

 中京区室町通三条下ルの黒主山の町内では、マンション1階に飾り席が設けられた。六歌仙の一人で桜を見上げる大伴黒主のご神体人形が目を引いた。町内の各家の玄関先に、傘をかぶせた提灯が掲げられ、祭り風情を醸した。近くの浄妙山では、平家物語に登場する一騎当千の筒井浄妙明秀と一来法師、鯉山ではヒノキ製の巨大な鯉の木彫が飾られた。

 同日午後9時現在の人出は、昨年より2千人多い1万人(京都府警調べ)だった。宵山は23日深夜まで。24日に後祭の山鉾巡行と、3基の神輿(みこし)による還幸祭がある。

【 2017年07月21日 22時50分 】

ニュース写真

  • 黒主山の駒形提灯と玄関先の提灯がともる室町通をそぞろ歩きする見物客ら(21日午後7時15分、京都市中京区室町通三条下ル)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      PC乗っ取り「採掘」手伝わせる被害 仮想通貨高騰が背景

      20171212000215

       ビットコインなど仮想通貨が高騰する中、滋賀県大津市の社団法人「滋賀グリーン購入ネットワ..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      サッカー浦和、5位決定戦を制す
      クラブW杯

      20171213000005

       【アルアイン(アラブ首長国連邦)共同】サッカーのクラブワールドカップ(W杯)第3日は1..... [ 記事へ ]

      経済

      IOC委員、東北3県食材に舌鼓
      公式夕食会で

      20171212000220

       2020年東京五輪の準備を監督する国際オリンピック委員会(IOC)調整委員会を迎え、大..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      京都・大江高生が地元PRツアー企画 旅行会社が販売

      20171211000058

       京都府福知山市大江町金屋の大江高の生徒が、地元の名所を巡る観光ツアーを企画した。ツアー..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      三重で世界2匹目の珍しいハチ
      各地で発見の可能性も

      20171212000195

       三重県総合博物館(津市)は12日、国内で生息が確認されていない珍しいハチが同館の敷地で..... [ 記事へ ]

      国際

      米朝のバスケット試合を計画
      ロッドマン氏、来年2月

      20171213000001

       【北京共同】北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長と親交のある米プロバスケットボールNBAの元..... [ 記事へ ]