出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

ダムに水没「そこに暮らしがあった」 京都で写真展

ダム建設に翻弄された村の暮らしを伝える写真展「そこに暮らしがあった」と大西さん(京都市左京区)
ダム建設に翻弄された村の暮らしを伝える写真展「そこに暮らしがあった」と大西さん(京都市左京区)

 ダム建設に沈む全国の山里で取材を続ける写真家の大西暢夫さん(49)の写真展「そこに暮らしがあった」が27日、京都市左京区一乗寺中ノ田町のギャラリー「BIT CUBE art space」で始まった。岐阜県徳山村と熊本県五木村で撮影した約40点を展示している。

 徳山村は、2008年3月に完成した徳山ダム建設で水没した。大西さんは20代の時から村に通い、山の恵みを受けた日々の生活から、自宅が取り壊されるところを悲しげに見守る様子まで、穏やかな暮らしがダムによって翻弄(ほんろう)される姿を撮り続けてきた。

 川辺川ダムの底に沈む予定だった熊本県五木村は、09年に計画が中止されたため無人の村として今も残る。

 展示では、最後まで村に住み続けた夫婦の生きざまを追った作品を村の風景とともに紹介。樹齢500年を超えるイチョウの木のそばで静かに暮らす2人の姿が胸を打つ。

 大西さんは「便利すぎる今の生活のあり方を見直すきっかけになれば」と話す。30日まで、無料。28日は徳山村を追った映画「水になった村」の上映、29日は上映と大西さんのトークがある。有料。

 問い合わせはギャラリー075(722)9282。

【 2017年07月28日 10時27分 】

ニュース写真

  • ダム建設に翻弄された村の暮らしを伝える写真展「そこに暮らしがあった」と大西さん(京都市左京区)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      梅雨空に傘の花100本
      長野・軽井沢のテラス

      20180623000006

       長野県軽井沢町の「ハルニレテラス」で、空中に赤、青、黄、緑などの傘が100本ぶら下がり..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      スイス、セルビアに逆転勝ち
      E組、ブラジルと勝ち点4で並ぶ

      20180623000010

       サッカー・ワールドカップ(W杯)第9日(22日・カリーニングラードほか)1次リーグE組..... [ 記事へ ]

      経済

      NY株9日ぶり反発
      119ドル高、石油株主導

      20180623000012

       【ニューヨーク共同】22日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は9営業日ぶりに..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      新聞提供実践校に新たに4校 京都府NIE推進協総会

      20180622000223

       新聞を学校教育に活用するNIE(教育に新聞を)活動の普及を目指す京都府NIE推進協議会..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      高浜4号機、伝熱管2本に傷
      外部影響なし

      20180622000176

       福井県は22日、定期検査中の関西電力高浜原発4号機(同県高浜町)で、3台ある蒸気発生器..... [ 記事へ ]

      国際

      国際司法裁裁判官に岩沢氏
      国連で小和田氏後任補欠選

      20180623000004

       【ニューヨーク共同】国連総会と国連安全保障理事会で22日、国際司法裁判所(ICJ)裁判..... [ 記事へ ]