出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

障害物くぐり抜け、ドローン操縦競う 京都で初のレース

巧みにドローンを操縦しながら障害物をクリアする出場者(1日午後1時50分、京都市下京区・京都リサーチパーク)
巧みにドローンを操縦しながら障害物をクリアする出場者(1日午後1時50分、京都市下京区・京都リサーチパーク)

 ドローン(小型無人機)を使った障害物レースが1日、京都市下京区の京都リサーチパーク(KRP)で開かれた。鉄パイプで組まれた複数のやぐらを飛行しながらくぐり抜けるルールで、出場者が操作の正確性を競った。

 ドローンをビジネスに活用している事業者らでつくる「ドローン自動飛行開発協会」とKRPでつくる実行委員会が操縦技術に磨きをかける機会にしようと初めて企画。ドローンのサービス会社やKRPのスタッフら4人が出場した。

 KRPのアトリウム(吹き抜け)に設営された会場には、高さ約5メートルのやぐらが五つ立てられた。出場者は、リモコンで機体を上下左右や前後に動かし、指定された順序でやぐらを通り抜ける時間を競った。操作がうまくいかずパイプにぶつかって墜落すると、観衆からは「あーあ」というため息が漏れ、見事にゴールすると拍手が送られた。

 同協会の西村大地事務局長は「来年は自動飛行によるレースを実現したい」と意気込みを語った。

【 2017年08月01日 23時00分 】

ニュース写真

  • 巧みにドローンを操縦しながら障害物をクリアする出場者(1日午後1時50分、京都市下京区・京都リサーチパーク)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      妊産婦向けベルト類似せず
      「長~く使える」商標訴訟

      20180719000157

       妊産婦向けの腹帯などを製造・販売する「犬印本舗」(大阪府松原市)が「長~く使える」とい..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      W杯槙野らにスポーツ特別功労賞
      ポーランド戦「指示難しかっ

      20180719000148

       サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会日本代表で、J1浦和に所属する槙野智章と遠藤..... [ 記事へ ]

      経済

      被災地で工場、店舗の復旧進む
      全面稼働にはなお時間も

      20180719000160

       西日本豪雨の影響で工場や店舗の休業などを余儀なくされた企業は手探りで復旧を進め、19日..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      京都薬科大など3薬科大が連携 薬剤師養成へ協定

      20180717000184

       京都薬科大(京都市山科区)と、星薬科大(東京都品川区)、明治薬科大(同清瀬市)は17日..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      九電玄海原発4号機が営業運転
      再稼働工程の最終検査完了

      20180719000126

       九州電力は19日、6月に約6年半ぶりに再稼働した玄海原発4号機(佐賀県玄海町)が原子力..... [ 記事へ ]

      国際

      日本からの遺骨送還で南北協力
      植民地時代の徴用巡り

      20180719000119

       【北京共同】南北交流を推進する韓国の民間団体「民族和解協力汎国民協議会(民和協)」は1..... [ 記事へ ]