出版案内
福祉事業団

大政奉還、慶喜が見た障壁画 京都・二条城で展示

大政奉還の舞台の障壁画を、側近たちと同じ目線で見渡す観光客(京都市中京区・二条城)
大政奉還の舞台の障壁画を、側近たちと同じ目線で見渡す観光客(京都市中京区・二条城)

 大政奉還150周年を記念して、将軍徳川慶喜が側近に決意を明かしたとされる黒書院の障壁画が、二条城(京都市中京区)の展示・収蔵館で展示されている。一の間・二の間の華やかな花鳥画を、実際の配置とほぼ同じ位置に並べ、「歴史の舞台」を再現している。

 慶喜は、大政奉還を公表する前日の1867(慶応3)年10月12日、側近を集めて自分の思いを語った。将軍の私的な応接室だった黒書院が会場だったとみられている。

 展示中の作品は、狩野尚信作と伝わる「松柴垣禽鳥(きんちょう)図」や「桜花雉子(きじ)図」など計41面。八重桜が咲き誇る中、空でツバメが戯れ、水辺でキジがたたずむ。穏やかな春の雰囲気を醸し出す障壁画は、有名な邨田(むらた)丹陵作「大政奉還図」にも綿密に描き込まれている。

 二条城の中野志保学芸員は「決意を語りながら慶喜は障壁画を見て何を感じたか。思いをはせてほしい」と話している。

 9月3日まで。火曜休館。入城料と入館料が必要。

【 2017年08月02日 17時00分 】

ニュース写真

  • 大政奉還の舞台の障壁画を、側近たちと同じ目線で見渡す観光客(京都市中京区・二条城)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      平和賞受賞NPO、川崎さん講演
      「核廃絶への努力の結晶」

      20171218000207

       ノーベル平和賞を受賞した非政府組織(NGO)「核兵器廃絶国際キャンペーン」(ICAN)..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      京大アメフット部、西村監督退任へ 名門復活へ道筋

      20171218000192

       京大アメリカンフットボール部の西村大介監督(40)が今年限りで退任することが18日まで..... [ 記事へ ]

      経済

      経団連、副業推奨せず
      本業に影響、管理難しく

      20171218000200

       経団連の榊原定征会長は18日の記者会見で、政府が働き方改革の一環として副業や兼業の普及..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      同志社大と文化庁が包括協定 文化芸術都市の指標研究

      20171218000108

       文化庁地域文化創生本部と同志社大は17日、研究に関わる交流や情報交換を促進する包括協定..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      重水漏れ、がん療法臨床研究中断
      京大原子炉、運転再開直後1

      20171218000089

       8月末に運転を再開した京都大原子炉実験所の研究炉「KUR」(大阪府熊取町、出力5メガワ..... [ 記事へ ]

      国際

      英王女、1月から幼稚園に
      ロンドン市内

      20171218000204

       【ロンドン共同】英王室は18日、ウィリアム王子夫妻の長女シャーロット王女(2)が来年1..... [ 記事へ ]