出版案内
福祉事業団

「たまこまーけっと」舞台に癒やされ 京都・出町桝形商店街

今も根強い人気を誇るキャラクターTシャツ(同商店街内の衣料品店「セルフ岸本屋」)
今も根強い人気を誇るキャラクターTシャツ(同商店街内の衣料品店「セルフ岸本屋」)

 餅屋の娘、たまこのほのぼのとした日常を描いた人気アニメ「たまこまーけっと」。作品の舞台「うさぎ山商店街」のモデルは、京都市上京区の出町桝形商店街だ。懐かしく、温かな気持ちにさせてくれる街の風情を味わいたいと、足を運ぶファンが後を絶たない。

 同作は京都アニメーション(宇治市)の製作。2013年にテレビ放映され、14年には続編が映画版で公開された。京都文化博物館(同市中京区)の協力を得て同商店街を舞台のモデルに選び、実在する店の内装や外観も忠実に再現した。

 放映から3年以上が経った今も日本全国やアジア、欧州などからファンが訪れる。商店街入り口に置かれた交流ノートには「いつもと変わらない商店街は落ち着きます」「何度来ても癒やされます」といった声があふれている。

 一人でノートを読んでいると、同商店街の井上淳理事長(70)が「どこから来たの?」と声を掛けてくれた。普段からファンとの交流を大切にしているといい、「店主と客の距離が近いのが昔ながらの商店街。着飾らない、ありのままの姿こそファンが喜んでくれる」と笑う。

 「京アニ」と契約して14年からキャラクターTシャツを販売する衣料品店「セルフ岸本屋」の岸本直子さん(53)は、たまこがきっかけで別のアニメも見るようになった、という。ファンと意気投合して話し込むこともあるといい、「世代を超えて感動を共有できる文化って、すごい」と目を輝かせた。

【 2017年08月07日 17時00分 】

ニュース写真

  • 今も根強い人気を誇るキャラクターTシャツ(同商店街内の衣料品店「セルフ岸本屋」)
  • 懐かしく落ち着く雰囲気の商店街。サバのオブジェはアニメのポスターにも登場した(京都市上京区・出町桝形商店街)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      子ども食堂、地域住民と交流も 滋賀「人口比」全国最多

      20170816000157

      子ども食堂の「先進地」といわれる滋賀県で、地域住民による開設がさらに広がりを見せている。..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      全国の強豪集いキックオフ びわ湖カップ少年サッカー

      20170816000163

       全国の強豪が集う「びわ湖カップ少年サッカー大会U-11」(滋賀県、県希望が丘文化公園、..... [ 記事へ ]

      経済

      ドンキホーテ、500店舗展開へ
      20年までに、売上高1兆円

      20170816000110

       ディスカウント店大手のドンキホーテホールディングス(HD)の大原孝治社長は16日、現在..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      自転車危険個所、マップに表示 立命大でアプリ作成

      20170815000156

       立命館大の研究者などでつくるプロジェクトがキャンパス周辺での自転車事故を防ごうと、イン..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      中国製混入は「在庫処分のため」
      解熱鎮痛剤不正、和歌山県に

      20170815000144

       解熱鎮痛剤アセトアミノフェン(AA)を製造する国内大手原薬メーカー「山本化学工業」(和..... [ 記事へ ]

      国際

      プーチン大統領側近を批判
      収賄罪のロ前経済発展相

      20170816000171

       【モスクワ共同】昨年11月に巨額の収賄罪で訴追されたロシア前経済発展相のアレクセイ・ウ..... [ 記事へ ]