出版案内
福祉事業団

ひこにゃんアプリ、城下町を案内 滋賀・彦根

アプリで謎解きの案内役となる「いいのすけ」(左)と「ひこにゃん」=彦根市役所
アプリで謎解きの案内役となる「いいのすけ」(左)と「ひこにゃん」=彦根市役所

 滋賀県彦根市は9日、「ひこにゃん」などのキャラクターが彦根城城下町を案内するスマートフォン用アプリ「彦根ほんもの歴史なぞとき」の配信を始める。まち歩きを楽しみながら彦根の歴史が学べるという。

 アプリは、ひこにゃんや、彦根藩に仕えた忍者をモチーフにしたキャラクター「いいのすけ」とともに、彦根の謎を解き明かすという設定。彦根城周辺の史跡を巡る五つの「なぞときコース」があり、アプリを起動して各コースに3カ所ずつ設定された出題地点を訪ねると、彦根の歴史にまつわる問題に回答できる。

 謎解きをクリアすると、オリジナルのアニメ動画が再生できるほか、「国宝彦根城築城410年祭」の開催期間中(12月10日まで)は、彦根城の年間パスポートや市内宿泊券、近江牛などの特産品が当たる抽選に応募することができる。

 ひこにゃんやいいのすけのイラストと記念撮影できる写真フレーム機能や、観光施設の案内、イベント情報紹介などの機能もある。日本語のほか、英語と中国語(繁体字、簡体字)に対応。彦根駅前特設観光案内所と彦根城内の二の丸案内所でアプリの画面を掲示すると、両キャラクターを描いたクリアファイルがもらえる(先着1500人)。

 市は「今までは彦根城の天守だけが注目されていたが、彦根には江戸時代の城下町を構成していた要素全ての本物が残っている。アプリを活用し、回遊性ある観光ルートを開発したい」としている。

 iOS用とアンドロイド用がある。無料。詳細はホームぺージhttp://geoalpha.jp/hikone/

【 2017年08月08日 23時10分 】

ニュース写真

  • アプリで謎解きの案内役となる「いいのすけ」(左)と「ひこにゃん」=彦根市役所
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      秋篠宮夫妻、チリ到着
      国交120年で公式訪問

      20170927000002

       【サンティアゴ共同】日本との国交樹立120周年を迎えた南米チリと国際親善を深めるため、..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      オ2―6日(26日)
      日本ハムが競り勝つ

      20170926000165

       日本ハムは六回に追い付かれたが、七回に大田の適時内野安打で勝ち越し、九回にレアードの適..... [ 記事へ ]

      経済

      ユニー・ファミマ新ポイント検討
      ドンキ店舗での利用も視野

      20170927000005

       ユニー・ファミリーマートホールディングスの高柳浩二社長(65)は26日までに共同通信の..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      「世界に開かれた京都精華大に」 新学長にウスビ・サコ氏

      20170925000129

       京都精華大は25日、竹宮恵子学長(67)の任期満了に伴う次期学長に、西アフリカ・マリ出..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      複数人の心拍、同時に計測 京大などセンター開発

      20170926000147

       体に装置を付けずに複数人の心拍数を同時に計測できるセンサーを、京都大とパナソニックが共..... [ 記事へ ]

      国際

      拉致の松本京子さん結婚写真か
      韓国団体、日本に提供へ

      20170926000142

       1977年に北朝鮮に拉致されたと日本政府が認定した鳥取県米子市の松本京子さん=失踪当時..... [ 記事へ ]