出版案内
福祉事業団

琵琶湖にアユ誘う“翼” 伝統の「エリ漁」、ドローンで撮影

湖畔から沖に向かって打たれたエリ漁のくい。2006年には水産庁の「未来に残したい漁業漁村の歴史文化財産百選」に選ばれた(7月29日、大津市和邇中浜)=小型無人機から
湖畔から沖に向かって打たれたエリ漁のくい。2006年には水産庁の「未来に残したい漁業漁村の歴史文化財産百選」に選ばれた(7月29日、大津市和邇中浜)=小型無人機から

 琵琶湖上に並ぶ幾本ものくいの列が、翼をかたどる。長さ400メートル、幅150メートルの巨大な姿は、湖畔の町並みから飛び立った飛行機のようだ。

 エリ漁は琵琶湖で古来より行われてきた。魚の習性を利用する。くいの下に張った網にぶつかった魚は沖へと進み、「翼」へと誘い込まれる。さらに進む魚を両端の「つぼ」と呼ばれる部分に閉じ込めて捕獲するという仕組みだ。

 「魚」へんに「入」と書く。「魞(えり)」の字のごとく、魚が入ってくる「待ちの漁法」だ。

 最多のエリを持つ志賀町漁業協同組合(大津市)は南北約19キロに渡る湖岸線沖に大小13統(とう)を設置する。11月から翌8月の漁期に主にアユを捕る。1統で500キロの稚アユが水揚げすることもあり、県内だけでなく京阪神にも出荷する。

 琵琶湖と共に歩んできた漁法だけに、近年では外来魚の影響も受けてきた。同漁協職員の斉藤伴治さん(59)は「県と共に外来魚の駆除に時間をかけて取り組んできた。ようやく成果がでてきた」と話す。

 漁師たちは仕組みや材質を改良しつつ、先人の知恵を受け継いできた。母なる琵琶湖の恵も次代につなぐ。

【 2017年08月10日 12時04分 】

ニュース写真

  • 湖畔から沖に向かって打たれたエリ漁のくい。2006年には水産庁の「未来に残したい漁業漁村の歴史文化財産百選」に選ばれた(7月29日、大津市和邇中浜)=小型無人機から

関連動画      

京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      子ども食堂、地域住民と交流も 滋賀「人口比」全国最多

      20170816000157

      子ども食堂の「先進地」といわれる滋賀県で、地域住民による開設がさらに広がりを見せている。..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      全国の強豪集いキックオフ びわ湖カップ少年サッカー

      20170816000163

       全国の強豪が集う「びわ湖カップ少年サッカー大会U-11」(滋賀県、県希望が丘文化公園、..... [ 記事へ ]

      経済

      ドンキホーテ、500店舗展開へ
      20年までに、売上高1兆円

      20170816000110

       ディスカウント店大手のドンキホーテホールディングス(HD)の大原孝治社長は16日、現在..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      自転車危険個所、マップに表示 立命大でアプリ作成

      20170815000156

       立命館大の研究者などでつくるプロジェクトがキャンパス周辺での自転車事故を防ごうと、イン..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      中国製混入は「在庫処分のため」
      解熱鎮痛剤不正、和歌山県に

      20170815000144

       解熱鎮痛剤アセトアミノフェン(AA)を製造する国内大手原薬メーカー「山本化学工業」(和..... [ 記事へ ]

      国際

      プーチン大統領側近を批判
      収賄罪のロ前経済発展相

      20170816000171

       【モスクワ共同】昨年11月に巨額の収賄罪で訴追されたロシア前経済発展相のアレクセイ・ウ..... [ 記事へ ]